シナリオ: メトリクスを CloudWatch に発行する - Amazon CloudWatch

シナリオ: メトリクスを CloudWatch に発行する

このシナリオでは、AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して GetStarted という仮想アプリケーションの 1 つのメトリクスを発行します。まだ AWS CLI をインストールして設定していない場合、AWS Command Line Interface ユーザーガイドAWS Command Line Interface のセットアップを参照してください。

ステップ 1: データ設定を定義する

このシナリオでは、アプリケーションのリクエストレイテンシーを追跡するデータポイントを発行します。メトリクスの名前と名前空間は、わかりやすいものを選択します。この例では、メトリクスに RequestLatency という名前を付けて、すべてのデータポイントを GetStarted という名前空間に入れます。

3 時間分のレイテンシーデータを集合的に示すデータポイントをいくつか発行します。raw データは、3 時間にわたって分散された 15 個のリクエストレイテンシーの読み取り値で構成されています。読み取り値の単位はミリ秒です。

  • 1 時間目: 87、51、125、235

  • 2 時間目: 121、113、189、65、89

  • 3 時間目: 100、47、133、98、100、328

データを CloudWatch にパブリッシュするときは、単一のデータポイントとしてパブリッシュすることも、複数のデータポイントを集約したセット (統計セット) としてパブリッシュすることもできます。 メトリクス集約の最小単位は 1 分間です。データポイントを集約して統計セットとして CloudWatch にパブリッシュするときに、4 つの事前定義キー (SumMinimumMaximumSampleCount) を指定できます。

ここでは、1 時間目のデータポイントを個別のデータポイントとして発行します。2 時間目と 3 時間目のデータについては、時間ごとにデータポイントを集約して統計セットとして発行します。キーの値を次の表に示します。

時間 生データ 合計 Minimum 最大 SampleCount

1

87

1

51

1

125

1

235

2

121, 113, 189, 65, 89

577

65

189

5

3

100, 47, 133, 98, 100, 328

806

47

328

6

ステップ 2: CloudWatch にメトリクスを追加する

データ構成の定義が完了すると、データを追加できる状態になります。

CloudWatch にデータポイントを発行するには

  1. 最初の時間のデータを追加するには、コマンドプロンプトで次の put-metric-data コマンドを実行します。サンプルのタイムスタンプを、協定世界時 (UTC) のタイプスタンプ (2 時間前) に置き換えます。

    aws cloudwatch put-metric-data --metric-name RequestLatency --namespace GetStarted \ --timestamp 2016-10-14T20:30:00Z --value 87 --unit Milliseconds aws cloudwatch put-metric-data --metric-name RequestLatency --namespace GetStarted \ --timestamp 2016-10-14T20:30:00Z --value 51 --unit Milliseconds aws cloudwatch put-metric-data --metric-name RequestLatency --namespace GetStarted \ --timestamp 2016-10-14T20:30:00Z --value 125 --unit Milliseconds aws cloudwatch put-metric-data --metric-name RequestLatency --namespace GetStarted \ --timestamp 2016-10-14T20:30:00Z --value 235 --unit Milliseconds
  2. 2 時間目のデータを追加します。最初の 1 時間よりも 1 時間遅いタイムスタンプを使用します。

    aws cloudwatch put-metric-data --metric-name RequestLatency --namespace GetStarted \ --timestamp 2016-10-14T21:30:00Z --statistic-values Sum=577,Minimum=65,Maximum=189,SampleCount=5 --unit Milliseconds
  3. 3 時間目のデータを追加します。タイムスタンプは省略し、デフォルトで現在の時刻に設定されるようにします。

    aws cloudwatch put-metric-data --metric-name RequestLatency --namespace GetStarted \ --statistic-values Sum=806,Minimum=47,Maximum=328,SampleCount=6 --unit Milliseconds

ステップ 3: CloudWatch から統計情報を取得する

これで、CloudWatch にメトリクスをパブリッシュしたので、次のように、get-metric-statistics コマンドを使用してこれらのメトリクスに基づいた統計を取得できます。--start-time--end-time は、最も早く発行したタイムスタンプが含まれるように、十分な時間範囲を指定してください。

aws cloudwatch get-metric-statistics --namespace GetStarted --metric-name RequestLatency --statistics Average \ --start-time 2016-10-14T00:00:00Z --end-time 2016-10-15T00:00:00Z --period 60

出力例を次に示します。

{ "Datapoints": [], "Label": "Request:Latency" }

ステップ 4: コンソールでグラフを表示する

CloudWatch にメトリクスを発行したら、CloudWatch コンソールを使用して統計グラフを表示できます。

統計情報のグラフをコンソールで表示するには

  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [メトリクス] を選択します。

  3. [すべてのメトリクス] タブで、検索ボックスに「RequestLatency」と入力し、Enter キーを押します。

  4. [RequestLatency] メトリクスのチェックボックスを選択します。メトリクスのデータのグラフが上のペインに表示されます。

詳細については、「メトリクスのグラフ化」を参照してください。