Amazon CloudWatch
ユーザーガイド

ウィザードを使用して CloudWatch エージェント設定ファイルを作成する

エージェント設定ファイルウィザード、amazon-cloudwatch-agent-config-wizard、は以下のような一連の質問を表示します。

  • エージェントを Amazon EC2 インスタンスとオンプレミスサーバーのどちらにインストールするか。

  • サーバーで Linux と Windows Server のどちらが実行されているか。

  • エージェントがログファイルを CloudWatch Logs に送信するようにするか。 持っている場合は、既存の CloudWatch Logs エージェント設定ファイルを持っているか。 持っている場合、CloudWatch エージェントは、このファイルを使用してサーバーから収集するログを判別できます。

  • サーバーからメトリクスを収集する場合は、デフォルトのメトリクスセットの 1 つを監視するか、収集するメトリクスのリストをカスタマイズしますか。

  • StatsD または collectd プロトコルを使用して、アプリケーションまたはサービスからカスタムメトリクスを取得しますか。

  • 既存の SSM Agent から移行するか。

ウィザードの開始前に AWS 認証方法および設定ファイルを所定の場所に置いた場合、ウィザードは使用する認証情報と AWS リージョンを自動検出できます。これらのファイルの詳細については、AWS Systems Manager ユーザーガイド の「設定ファイルと認証情報ファイル」を参照してください。

ウィザードでは、AWS 認証ファイルのデフォルトの認証情報を確認するとともに、次のような AmazonCloudWatchAgent セクションを探します。

[AmazonCloudWatchAgent] aws_access_key_id = my_secret_key aws_secret_access_key = my_access_key

また、このウィザードには、デフォルトの認証情報、AmazonCloudWatchAgent の認証情報、および Others オプションが表示されます。使用する認証情報を選択することができます。Others を選択した場合は、認証情報を入力できます。

my_access_key および my_secret_key で、Systems Manager Parameter Store へのアクセス許可を持つ IAM ユーザーのキーを使用します。CloudWatch エージェントに必要な IAM ユーザーの詳細については、「オンプレミスサーバーで CloudWatch エージェントを使用するための IAM ユーザーを作成する」を参照してください。

AWS 設定ファイルで、エージェントからメトリクスを送信する先のリージョンを指定できます ([default] セクションのリージョンと異なる場合)。デフォルトでは、Amazon EC2 インスタンスが配置されているリージョンにメトリクスが発行されます。メトリクスを別のリージョンに発行する場合は、ここでリージョンを指定します。次の例では、メトリクスを us-west-1 リージョンに発行しています。

[AmazonCloudWatchAgent] region = us-west-1

CloudWatch エージェントの事前定義されたメトリクスセット

ウィザードは、異なる詳細レベルを持つ、事前定義されたメトリクスセットで設定されます。これらのメトリクスのセットを次の表に示します。これらのメトリクスの詳細については、CloudWatch エージェントにより収集されるメトリクスを参照してください。

Linux を実行する Amazon EC2 インスタンス

詳細レベル 含められるメトリクス

基本

Mem: mem_used_percent

Swap: swap_used_percent

スタンダード

CPU: cpu_usage_idlecpu_usage_iowaitcpu_usage_usercpu_usage_system

Disk: disk_used_percentdisk_inodes_free

Diskio: diskio_io_time

Mem: mem_used_percent

Swap: swap_used_percent

アドバンスト

CPU: cpu_usage_idlecpu_usage_iowaitcpu_usage_usercpu_usage_system

Disk: disk_used_percentdisk_inodes_free

Diskio: diskio_io_timediskio_write_bytesdiskio_read_bytesdiskio_writesdiskio_reads

Mem: mem_used_percent

Netstat: netstat_tcp_establishednetstat_tcp_time_wait

Swap: swap_used_percent

Linux を実行しているオンプレミスサーバー

詳細レベル 含められるメトリクス

基本

Disk: disk_used_percent

Diskio: diskio_write_bytesdiskio_read_bytesdiskio_writesdiskio_reads

Mem: mem_used_percent

Net: net_bytes_sentnet_bytes_recvnet_packets_sentnet_packets_recv

Swap: swap_used_percent

スタンダード

CPU: cpu_usage_idlecpu_usage_iowait

Disk: disk_used_percentdisk_inodes_free

Diskio: diskio_io_timediskio_write_bytesdiskio_read_bytesdiskio_writesdiskio_reads

Mem: mem_used_percent

Net: net_bytes_sentnet_bytes_recvnet_packets_sentnet_packets_recv

Swap: swap_used_percent

アドバンスト

CPU: cpu_usage_guestcpu_usage_idlecpu_usage_iowaitcpu_usage_stealcpu_usage_usercpu_usage_system

Disk: disk_used_percentdisk_inodes_free

Diskio: diskio_io_timediskio_write_bytesdiskio_read_bytesdiskio_writesdiskio_reads

Mem: mem_used_percent

Net: net_bytes_sentnet_bytes_recvnet_packets_sentnet_packets_recv

Netstat: netstat_tcp_establishednetstat_tcp_time_wait

Swap: swap_used_percent

Windows Server を実行する Amazon EC2 インスタンス

詳細レベル 含められるメトリクス

基本

Memory: Memory % Committed Bytes In Use

Paging: Paging File % Usage

スタンダード

Memory: Memory % Committed Bytes In Use

Paging: Paging File % Usage

Processor: Processor % Idle TimeProcessor % Interrupt TimeProcessor % User Time

PhysicalDisk: PhysicalDisk % Disk Time

LogicalDisk: LogicalDisk % Free Space

アドバンスト

Memory: Memory % Committed Bytes In Use

Paging: Paging File % Usage

Processor: Processor % Idle TimeProcessor % Interrupt TimeProcessor % User Time

LogicalDisk: LogicalDisk % Free Space

PhysicalDisk: PhysicalDisk % Disk TimePhysicalDisk Disk Write Bytes/secPhysicalDisk Disk Read Bytes/secPhysicalDisk Disk Writes/secPhysicalDisk Disk Reads/sec

TCP: TCPv4 Connections Established, TCPv6 Connections Established

Windows Server を実行しているオンプレミスサーバー

詳細レベル 含められるメトリクス

基本

Paging: Paging File % Usage

Processor: Processor % Processor Time

LogicalDisk: LogicalDisk % Free Space

PhysicalDisk: PhysicalDisk Disk Write Bytes/sec, PhysicalDisk Disk Read Bytes/secPhysicalDisk Disk Writes/secPhysicalDisk Disk Reads/sec

Memory: Memory % Committed Bytes In Use

Network Interface: Network Interface Bytes Sent/secNetwork Interface Bytes Received/secNetwork Interface Packets Sent/secNetwork Interface Packets Received/sec

スタンダード

Paging: Paging File % Usage

Processor: Processor % Processor TimeProcessor % Idle TimeProcessor % Interrupt Time

LogicalDisk: LogicalDisk % Free Space

PhysicalDisk: PhysicalDisk % Disk TimePhysicalDisk Disk Write Bytes/secPhysicalDisk Disk Read Bytes/secPhysicalDisk Disk Writes/secPhysicalDisk Disk Reads/sec

Memory: Memory % Committed Bytes In Use

Network Interface: Network Interface Bytes Sent/secNetwork Interface Bytes Received/secNetwork Interface Packets Sent/secNetwork Interface Packets Received/sec

アドバンスト

Paging: Paging File % Usage

Processor: Processor % Processor TimeProcessor % Idle TimeProcessor % Interrupt TimeProcessor % User Time

LogicalDisk: LogicalDisk % Free Space

PhysicalDisk: PhysicalDisk % Disk TimePhysicalDisk Disk Write Bytes/secPhysicalDisk Disk Read Bytes/secPhysicalDisk Disk Writes/secPhysicalDisk Disk Reads/sec

Memory: Memory % Committed Bytes In Use

Network Interface: Network Interface Bytes Sent/secNetwork Interface Bytes Received/secNetwork Interface Packets Sent/secNetwork Interface Packets Received/sec

TCP: TCPv4 Connections Established, TCPv6 Connections Established

CloudWatch エージェント設定ウィザードを実行する

CloudWatch エージェント設定ファイルを作成するには

  1. CloudWatch エージェント設定ウィザードを開始するには、次のように入力します。

    sudo /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/bin/amazon-cloudwatch-agent-config-wizard

    Windows Server を実行しているサーバーで、次のように入力します。

    cd "C:\Program Files\Amazon\AmazonCloudWatchAgent" amazon-cloudwatch-agent-config-wizard.exe
  2. 質問に答えて、サーバーの設定ファイルをカスタマイズします。

  3. 設定ファイルをローカルに保存する場合、設定ファイル config.json は現在の作業ディレクトリに保存されます。これで、エージェントをインストールする他のサーバーにこのファイルをコピーできます。

    Systems Manager を使用してエージェントをインストールおよび設定する場合、ファイルを Systems Manager Parameter Store に保存するかどうかを確認するよう求められたら、必ず [はい] を選択してください。SSM Agent を使用して CloudWatch エージェントをインストールしない場合でも、Parameter Store へのファイルの保存を選択することもできます。Parameter Store にファイルを保存できるようにするには、十分なアクセス権限を持つ IAM ロールを使用する必要があります。詳細については、「CloudWatch エージェントで使用する IAM ロールおよびユーザーを作成する」を参照してください。