CloudWatch エージェントをダウンロードして設定する - Amazon CloudWatch

CloudWatch エージェントをダウンロードして設定する

このセクションでは、Systems Manager を使用してエージェントをダウンロードする方法と、その後エージェント設定ファイルを作成する方法について説明します。Systems Manager を使用してエージェントをダウンロードするには、Systems Manager に合わせてインスタンスが適切に設定されていることを確認する必要があります。

SSM Agent のインストールと更新

Amazon EC2 インスタンスでは、CloudWatch エージェントを使用するにはバージョン 2.2.93.0 以降のインスタンスが実行されている必要があります。CloudWatch エージェントをインストールする前に、SSM Agent を更新するか、インスタンスにインストールしてください (まだの場合)。

Linux を実行しているインスタンスでの SSM Agent のインストールまたは更新については、AWS Systems Manager ユーザーガイドLinux インスタンスでの SSM Agent のインストールおよび設定を参照してください。

SSM Agent のインストールまたは更新の詳細については、AWS Systems Manager ユーザーガイドSSM Agent の使用を参照してください。

(オプション) Systems Manager の前提条件を確認します。

Systems Manager Run Command を使用して CloudWatch エージェントをインストールおよび設定する前に、インスタンスが Systems Manager の最低要件を満たしていることを確認してください。詳細については、AWS Systems Manager ユーザーガイドSystems Manager の前提条件を参照してください。

インターネットアクセスを確認する

CloudWatch または CloudWatch Logs にデータを送信するには、Amazon EC2 インスタンスにアウトバウンドインターネットアクセスが必要です。インターネットアクセスの詳しい設定方法については、Amazon VPC ユーザーガイドの「インターネットゲートウェイ」を参照してください。

プロキシで設定するエンドポイントとポートは、次のとおりです。

  • エージェントを使用してメトリクスを収集する場合は、適切なリージョンの CloudWatch エンドポイントのリストを許可する必要があります。これらのエンドポイントは、Amazon Web Services 全般のリファレンスの「Amazon CloudWatch」に記載されています。

  • エージェントを使用してログを収集する場合は、適切なリージョンの CloudWatch Logs エンドポイントのリストを許可する必要があります。これらのエンドポイントは、Amazon Web Services 全般のリファレンスの「Amazon CloudWatch Logs」に記載されています。

  • Systems Manager を使用してエージェントをインストールする、または Parameter Store を使用して設定ファイルを保存する場合は、適切なリージョンの Systems Manager エンドポイントのリストを許可する必要があります。これらのエンドポイントは、Amazon Web Services 全般のリファレンスAWS Systems Manager に記載されています。

Systems Manager を使用して CloudWatch エージェントパッケージをダウンロードするには、次の手順に従います。

Systems Manager を使用して CloudWatch エージェントをダウンロードするには

  1. Systems Manager コンソール (https://console.aws.amazon.com/systems-manager/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Run Command] を選択します。

    -または-

    AWS Systems Manager のホームページが表示された場合は、スクロールダウンして [Explore Run Command] (Run Command の詳細) を選択します。

  3. [Run command (コマンドの実行)] を選択します。

  4. [Command document] リストで、[AWS-ConfigureAWSPackage] を選択します。

  5. [ターゲット] 領域で、CloudWatch エージェントをインストールする先のインスタンスを選択します。特定のインスタンスが表示されない場合、そのインスタンスは Systems Manager で使用するマネージドインスタンスとして設定されていない可能性があります。詳細については、AWS Systems Manager ユーザーガイドからハイブリッド環境での AWS Systems Manager のセットアップを参照してください。

  6. [アクション] リストで、[インストール] を選択します。

  7. [名前] フィールドに、「AmazonCloudWatchAgent」と入力します。

  8. エージェントの最新バージョンをインストールには、[Version (バージョン)] を [latest (最新)] に設定したままにします。

  9. [Run (実行)] を選択します。

  10. 必要に応じて、[Targets and outputs] 領域で、インスタンス名の横のボタンを選択して [View output] を選択します。Systems Manager に、エージェントが正常にインストールされたことが表示されます。

エージェントの設定ファイルを作成して変更する

CloudWatch エージェントをダウンロードしたら、サーバーでエージェントを開始する前に設定ファイルを作成する必要があります。

エージェント設定ファイルを Systems Manager Parameter Store に保存する場合は、EC2 インスタンスを使用してParameter Store に保存する必要があります。さらに、最初にそのインスタンスに CloudWatchAgentAdminRole IAM ロールをアタッチする必要があります。ロールのアタッチの詳細については、Windows インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「IAM ロールをインスタンスにアタッチする」を参照してください。

CloudWatch エージェント設定ファイルの作成の詳細については、「CloudWatch エージェント設定ファイルを作成する」を参照してください。