ライフサイクルポリシー - Amazon ECR

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

ライフサイクルポリシー

Amazon ECR ライフサイクルポリシーで、リポジトリ内のイメージのライフサイクル管理を指定することができます。ライフサイクルポリシーは 1 つまたは複数のルールのセットであり、各ルールでは へのアクションが定義されています。Amazon ECR. アクションは、指定された文字列がプレフィックスとして付いているタグを含むイメージに適用されます。これにより、未使用のイメージ、たとえば、経過時間またはカウントに基づく有効期限切れイメージなどのクリーンアップを自動化できます。ライフサイクルポリシーの作成後、影響を受けるイメージは 24 時間以内に有効期限切れになります。

ライフサイクル ポリシー テンプレート

ライフサイクルポリシーのコンテンツは、リポジトリに関連付けられる前に評価されます。以下に示しているのは、ライフサイクルポリシーの JSON 構文テンプレートです。ライフサイクルポリシーの例については、「」を参照してください。ライフサイクルポリシーの例.

{ "rules": [ { "rulePriority": integer, "description": "string", "selection": { "tagStatus": "tagged"|"untagged"|"any", "tagPrefixList": list<string>, "countType": "imageCountMoreThan"|"sinceImagePushed", "countUnit": "string", "countNumber": integer }, "action": { "type": "expire" } } ] }
注記

は、 tagPrefixList パラメータは、 tagStatus はです tagged。 は、 countUnit パラメータは、 countType はです sinceImagePushed。 は、 countNumber パラメータは、 countType は に設定されます imageCountMoreThan.

ライフサイクル ポリシー パラメータ

ライフサイクルポリシーは、次の部分に分けられます。

ルールの優先度

rulePriority

タイプ: 整数

必須: はい

ルールが評価される順序を低いものから高いものへと設定します。優先順位が次のライフサイクル ポリシー ルール 1 優先権を持つルールである 2 次もそうです。ライフサイクル ポリシーにルールを追加する場合は、それぞれに固有の値を指定する必要があります。 rulePriority。 値はポリシー内のルール間でシーケンシャルである必要はありません。のルール tagStatusany はの最大値を持つ必要があります rulePriority 最後に評価されます

Description

description

タイプ: 文字列

必須: いいえ

(オプション) ライフサイクルポリシー内のルールの目的について説明します。

タグのステータス

tagStatus

タイプ: 文字列

必須: はい

追加するライフサイクルポリシーのルールがイメージのタグを指定するかどうかを決定します。許容されるオプションは次のとおりです。 taggeduntagged、または any。 指定する場合 anyすべての画像にルールが適用されます。指定する場合 tagged次に、 tagPrefixList 値。 を指定する場合は、untagged を省略する必要があります。tagPrefixList.

タグ接頭語リスト

tagPrefixList

タイプ: list[string]

必須: tagStatus が [tagged] に設定されている場合のみ、必須

指定した場合のみ使用 "tagStatus": "tagged"。 ライフサイクル ポリシーでアクションを実行するイメージ タグ プレフィックスのコンマ区切りリストを指定する必要があります。たとえば、画像に prodprod1prod2など、タグ プレフィックスを使用します。 prod すべて指定します。複数のタグを指定する場合、指定されたすべてのタグが付いているイメージのみが選択されます。

カウントタイプ

countType

タイプ: 文字列

必須: はい

イメージに適用するカウントタイプを指定します。

次の場合: countType は に設定されます imageCountMoreThan、また、 countNumber リポジトリに存在するイメージ数に制限を設定するルールを作成します。次の場合: countType は に設定されます sinceImagePushed、また、 countUnit および countNumber リポジトリに存在するイメージの時間制限を指定します。

カウント単位

countUnit

タイプ: 文字列

必須:はい、次の場合のみ countType は に設定されます sinceImagePushed

のカウント単位を指定します days 時間単位として、 countNumberは日数です。

これは、次の場合にのみ指定する必要があります。 countType はです sinceImagePushed。カウント単位を指定すると、次の場合にエラーが発生します。 countType はその他の値です。

カウント数

countNumber

タイプ: 整数

必須: はい

カウント数を指定します。許容値は正の整数です (0 は許容値ではありません)。

_が countTypeimageCountMoreThanの値は、リポジトリに保持したいイメージの最大数です。_が countTypesinceImagePushedでは、この値はイメージの最大年齢制限です。

Action

type

タイプ: 文字列

必須: はい

アクションタイプを指定します。サポートされる値は です。expire.

ライフサイクル ポリシー評価ルール

ライフサイクルポリシーの評価者は、プレーンテキスト JSON を解析し、指定したリポジトリ内のイメージへ適用します。ライフサイクルのポリシーを作成する際は次のルールに注意が必要です。

  • イメージは 1 または ゼロのルールで正確に期限切れとなります。

  • ルールのタグ付け要件に一致するイメージは、優先度がより低いルールによって期限切れにはなりません。

  • 優先度がより高いルールにマークされたイメージをルールがマークすることはありませんが、期限切れになっていないかのように識別できます。

  • 一連のルールには、一意の一連のタグプレフィックスを含める必要があります。

  • タグが付いていないイメージを選択できるのは 1 つのルールのみです。

  • 期限切れは常に pushed_at_time の順に並べられ、より古いイメージが新しいものよりも先に期限切れとなります。

  • tagPrefixList、次の場合、イメージは正常に一致します: すべて のタグの tagPrefixList 値は、イメージのタグのいずれかと照合されます。

  • 付き countType = imageCountMoreThan、イメージは、 pushed_at_time 指定した数を超えるすべてのイメージが期限切れになります。

  • 付き countType = sinceImagePushedpushed_at_time は、以下に基づいて指定された日数より古いです: countNumber は期限切れです。