Amazon Elastic Container Registry とは - Amazon ECR

Amazon Elastic Container Registry とは

Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR) は、安全性と信頼性に優れたスケーラブルなマネージド AWS Docker レジストリサービスです。Amazon ECR では、AWS IAM を使用してプライベート Docker リポジトリにリソースベースのアクセス権限が付与されるため、特定のユーザーまたは Amazon EC2 インスタンスからリポジトリとイメージにアクセスできるようになります。開発者は、Docker CLI を使用してイメージをプッシュ、プル、および管理できます。

AWS コンテナサービスチームは、GitHub でパブリックロードマップを維持しています。これには、チームが取り組んでいる内容に関する情報が含まれており、AWS のすべてのお客様が直接フィードバックを提供することができます。詳細については、「AWS コンテナロードマップ」を参照してください。

Amazon ECR のコンポーネント

Amazon ECR には、次のコンポーネントが含まれています。

レジストリ

Amazon ECR レジストリは、AWS アカウントごとに用意されています。レジストリ内にイメージリポジトリを作成して、これらのリポジトリにイメージを保存できます。詳細については、「Amazon ECR レジストリ」を参照してください。

認証トークン

Docker クライアントがイメージをプッシュおよびプルするには、AWS ユーザーとして Amazon ECR レジストリに対して認証する必要があります。詳細については、「レジストリの認証」を参照してください。

リポジトリ

Amazon ECR イメージリポジトリには、Docker または Open Container Initiative (OCI) イメージが含まれます。詳細については、「Amazon ECR リポジトリ」を参照してください。

リポジトリポリシー

リポジトリポリシーを使用して、リポジトリとリポジトリ内のイメージへのアクセス権を制御できます。詳細については、「Amazon ECR のリポジトリポリシー」を参照してください。

イメージ

リポジトリには、コンテナイメージをプッシュおよびプルできます。開発システムでこれらのイメージをローカルに使用したり、Amazon ECS タスク定義と Amazon EKS ポッド仕様で使用したりすることができます。詳細については、「Amazon ECR イメージを Amazon ECS で使用する」および「Amazon ECR イメージを Amazon EKS で使用する」を参照してください。

Amazon ECR の使用を開始する方法

Amazon ECR を使用するには、AWS Command Line Interface と Docker をインストールするようにセットアップする必要があります。詳細については、「Amazon ECR でのセットアップ」および「AWS CLI を使用した Amazon ECR の開始方法」を参照してください。