Amazon ECR でのプライベートリポジトリのタグ付け - Amazon ECR

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon ECR でのプライベートリポジトリのタグ付け

Amazon ECR リポジトリの管理に役立つように、 AWS リソースタグ を使用して、新規または既存の Amazon ECR リポジトリに独自のメタデータを割り当てることができます。たとえば、アカウントの Amazon ECR リポジトリに対して各リポジトリの所有者を追跡しやすくするため、一連のタグを定義できます。

タグの基本

タグには、Amazon ECR に関連する意味はなく、完全に文字列として解釈されます。タグは自動的にはリソースに割り当てられません。タグのキーと値は編集でき、タグはリソースからいつでも削除できます。タグの値を空の文字列に設定することはできますが、タグの値を null に設定することはできません。特定のリソースについて既存のタグと同じキーを持つタグを追加した場合、以前の値は新しい値によって上書きされます。リソースを削除すると、リソースのタグも削除されます。

Amazon ECR コンソール、、 AWS CLIおよび Amazon ECR API を使用してタグを操作できます。

AWS Identity and Access Management (IAM) を使用すると、 AWS アカウント内のどのユーザーがタグを作成、編集、または削除するためのアクセス許可を持っているかを制御できます。IAM ポリシーのタグの詳細については、「」を参照してくださいタグベースのアクセスコントロールを使用する

請求用のリソースにタグを付ける

Amazon ECR リポジトリに追加するタグは、コスト配分を有効にした後にコストと使用状況レポートでコスト配分を確認するときに便利です。詳しくは、「Amazon ECR 使用状況レポート」を参照してください。

リソースを組み合わせたコストを確認するには、同じタグキー値を持つリソースに基づいて、請求情報を整理します。例えば、複数のリソースに特定のアプリケーション名のタグを付け、請求情報を整理することで、複数のサービスを利用しているアプリケーションの合計コストを確認することができます。タグによるコスト配分レポートの設定の詳細については、AWS Billing ユーザーガイドの「毎月のコスト配分レポート」を参照してください。

注記

レポートを有効にすると、約 24 時間後に、今月のデータを表示できるようになります。