Amazon ECR
ユーザーガイド (API バージョン 2015-09-21)

ライフサイクルポリシーの作成

ライフサイクルポリシーで、未使用のリポジトリイメージを期限切れにする一連のルールを作成できます。以下の手順では、ライフサイクルポリシーを作成する方法を示します。ライフサイクルポリシーの作成後、影響を受けるイメージは 24 時間以内に有効期限切れになります。

AWS CLI を使用してライフサイクルポリシーを作成するには

  1. ライフサイクルポリシーを作成するためのリポジトリの ID を取得します。

    aws ecr describe-repositories
  2. ライフサイクルポリシーを作成します。

    aws ecr put-lifecycle-policy [--registry-id <string>] --repository-name <string> --policy-text <string>

コンソールを使用してライフサイクルポリシーを作成するには

  1. Amazon ECR コンソール (https://console.aws.amazon.com/ecr/repositories) を開きます。

  2. ナビゲーションバーから、ライフサイクルポリシーを作成するリポジトリを含むリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Repositories] を選択し、リポジトリを選択します。

  4. [Repositories: repository_name] ページで、ナビゲーションペインの [ライフサイクルポリシー] を選択します。

  5. [Repositories: repository_name: ライフサイクルポリシー] ページで、[ルールの作成] を選択します。

  6. ライフサイクルポリシーのルールに以下の詳細を入力します。

    1. [ルールの優先順位] で、ルールの優先順位を数字で入力します。

    2. [ルールの説明] で、ライフサイクルポリシーのルールの説明を入力します。

    3. [Image status (イメージステータス)] で、[Tagged (タグ付け)]、[Untagged (タグ付けなし)]、または [Any (すべて)] を選択します。

    4. [イメージのステータス] で Tagged を指定した場合は、[タグのプレフィックス] で、ライフサイクルポリシーでアクションを実行するイメージタグのリストをオプションで指定できます。[Untagged] を指定した場合は、このフィールドは空にする必要があります。

    5. [一致条件] では、[イメージをプッシュしてから] または [次の数値を超えるイメージ数] の値を選択します (該当する場合)。

  7. [Save] を選択します。