プライベートイメージのレプリケーション例 - Amazon ECR

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

プライベートイメージのレプリケーション例

次の例は、プライベートイメージのレプリケーションの使用方法を示しています。

例: 1 つの送信先リージョンへのクロスリージョンレプリケーションの設定

次に、単一のレジストリ内でクロスリージョンレプリケーションを設定する例を示します。この例では、アカウント ID が111122223333以外のリージョンでこのレプリケーション設定を指定していることus-west-2

{ "rules": [ { "destinations": [ { "region": "us-west-2", "registryId": "111122223333" } ] } ] }

例: 複数の送信先リージョンへのクロスリージョンレプリケーションの設定

次に、単一のレジストリ内でクロスリージョンレプリケーションを設定する例を示します。この例では、アカウント ID が111122223333以外のリージョンでこのレプリケーション設定を指定していることus-west-1またはus-west-2

{ "rules": [ { "destinations": [ { "region": "us-west-1", "registryId": "111122223333" }, { "region": "us-west-2", "registryId": "111122223333" } ] } ] }

例: クロスアカウントレプリケーションを設定する

次に、レジストリのクロスアカウントレプリケーションを設定する例を示します。この例では、レプリケーションを444455556666アカウントとus-west-2リージョン。

重要

クロスアカウントレプリケーションを実行するには、レプリケート先アカウントがレジストリのアクセス許可ポリシーを構成して、レプリケーションを実行できるようにする必要があります。詳細については、「プライベートレジストリのアクセス許可」を参照してください。

{ "rules": [ { "destinations": [ { "region": "us-west-2", "registryId": "444455556666" } ] } ] }