Amazon ECS に最適化された AMI - Amazon Elastic Container Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon ECS に最適化された AMI

Amazon ECS は、コンテナワークロードを実行するための要件と推奨事項に従って事前設定された Amazon ECS に最適化された AMIs を提供します。アプリケーションが Amazon EC2 GPU ベースのインスタンスや、特定のオペレーティングシステム、またはその AMI でまだ使用できない Docker バージョンを必要とする場合を除き、Amazon EC2 インスタンスには Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2023 AMI の使用をお勧めします。Amazon Linux 2 および Amazon Linux 2023 インスタンスの詳細については、「Amazon Linux 2023 ユーザーガイド」の「Amazon Linux 2 と Amazon Linux 2023 の比較」を参照してください。最新の Amazon ECS に最適化された AMI からコンテナインスタンスを起動することで、最新のセキュリティアップデートや、現行バージョンのコンテナエージェントを確実に取得できます。インスタンスを起動する方法についての詳細は、Amazon ECS Linux コンテナインスタンスの起動 を参照してください。

Amazon ECS に最適化された AMI の Linux バリアントは、Amazon Linux 2 AMI をベースとして使用しています。Amazon Linux 2 AMI リリースノートも公開されています。詳細については、「Amazon Linux 2 リリースノート」を参照してください。

Amazon EC2 インスタンスでは、Amazon ECS に最適化された AMI の次のバリアントを使用できます。

オペレーティングシステム AMI 説明 ストレージ設定
Amazon Linux 2023

Amazon ECS 最適化 Amazon Linux 2023 AMI

Amazon Linux 2023 は、 の Amazon Linux の次世代です AWS。ほとんどの場合、Amazon ECS ワークロードのために Amazon EC2 インスタンスを起動するためにお勧めします。詳細については、「Amazon Linux 2023 ユーザーガイド」の「Amazon Linux 2023 とは」を参照してください。

デフォルトでは、Amazon ECS 最適化 Amazon Linux 2023 AMI は 単一の 30 GiB ルートボリュームが付属しています。30 GiB ルートボリュームのサイズを起動時に変更して、コンテナインスタンスで使用可能なストレージを増やすことができます。このストレージは、オペレーティングシステム用と Docker イメージおよびメタデータ用に使用されます。

Amazon ECS 最適化 Amazon Linux 2023 AMI のデフォルトファイルシステムはxfsを使用しており、Dockerは overlay2 ストレージドライバーを使用しています。詳細については、Docker ドキュメントの「OverlayFS ストレージドライバーを使用する」を参照してください。

Amazon Linux 2023 (arm64)

Amazon ECS 最適化 Amazon Linux 2023 (arm64) AMI

この AMI は Amazon Linux 2023 に基づいており、ARM ベースの AWS Graviton/Graviton 2 プロセッサを搭載した Amazon EC2 インスタンスを、Amazon ECS ワークロードのために起動する場合に使用することが推奨されています。詳細については、「Linux インスタンス用の Amazon EC2 ユーザーガイド」の「汎用インスタンス」を参照してください。

Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2023 (arm64) AMI には、 が AWS CLI プリインストールされていません。

Amazon Linux 2023 (Neuron)

Amazon ECS 最適化 Amazon Linux 2023 (Neuron) AMI

この AMI は Amazon Linux 2023 に基づいており、Amazon EC2 Inf1 インスタンスを起動する場合に使用することが推奨されています。Inferentia AWS ドライバーと Docker 用の AWS Neuron ランタイムが事前設定されており、Amazon ECS での機械学習推論ワークロードの実行が容易になります。詳細については、「Amazon ECS での Amazon Linux 2 での AWS Neuron の使用」を参照してください。Amazon ECS 最適化 Amazon Linux 2023 (Neuron) AMI には、 が AWS CLI プリインストールされていません。

Amazon Linux 2

Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2 AMI

これは Amazon ECS のワークロード用です。Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2 AMI には、 AWS CLI はプリインストールされていません。 デフォルトでは、Amazon Linux 2 ベースの Amazon ECS に最適化された AMI(Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2 AMI、Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2 (arm64) AMI、および Amazon ECS GPU に最適化された AMI)には、1 つの 30 GiB のルートボリュームが付属しています。30 GiB ルートボリュームのサイズを起動時に変更して、コンテナインスタンスで使用可能なストレージを増やすことができます。このストレージは、オペレーティングシステム用と Docker イメージおよびメタデータ用に使用されます。

Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2 AMI のデフォルトファイルシステムはxfsを使用しており、Dockerは overlay2 ストレージドライバーを使用しています。詳細については、Docker ドキュメントの「OverlayFS ストレージドライバーを使用する」を参照してください。

Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2 カーネル 5.10 AMI

この AMI は Amazon Linux 2 をベースにしており、Amazon ECS ワークロードに Linux カーネル 4.14 ではなく Linux カーネル 5.10 を使用して、Amazon EC2 インスタンスを起動したい場合に使用します。Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2 カーネル 5.10 AMI では、 AWS CLI は事前インストールされていません。

Amazon Linux 2 (arm64)

Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2 (arm64) AMI

この AMI は Amazon Linux 2 に基づいており、Amazon EC2 ワークロード用に Arm ベースの AWS Graviton/Graviton 2 プロセッサを搭載した Amazon EC2 インスタンスを起動するときに使用します。詳細については、「Linux インスタンス用の Amazon EC2 ユーザーガイド」の「汎用インスタンス」を参照してください。

Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2 (arm64) AMI には、 が AWS CLI プリインストールされていません。

Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2 カーネル 5.10 (arm64) AMI

Amazon Linux 2 に基づくこの AMI は、ARM ベースの AWS Graviton/Graviton 2 プロセッサを搭載した Amazon EC2 インスタンス用であり、Amazon ECS ワークロードには Linux カーネル 4.14 ではなく Linux カーネル 5.10 を使用します。Amazon ECS 最適化 Amazon Linux 2 カーネル 5.10 (arm64) AMI では、 AWS CLI は事前インストールされていません。

Amazon Linux 2 (GPU)

Amazon ECS GPU に最適化された AMI

この AMI は Amazon Linux 2 に基づいており、Amazon EC2 GPU ベースのインスタンスを、Amazon ECS ワークロードのために起動する場合に使用することが推奨されています。NVIDIA カーネルドライバーと Docker GPU ランタイムが事前に構成されており、Amazon ECS で GPU を利用する実行中のワークロードになります。詳細については、「Amazon ECS での GPU の使用」を参照してください。
Amazon Linux 2 (Neuron)

Amazon ECS 最適化 Amazon Linux 2 (Neuron) AMI

これは Amazon Linux 2 をベースにした、Amazon EC2 Inf1、Trn1、または Inf2 インスタンス用の AMI です。Inferentia ドライバーと AWS Trainium AWS ドライバー、および Docker 用の AWS Neuron ランタイムが事前設定されており、Amazon ECS での機械学習推論ワークロードの実行が容易になります。詳細については、「Amazon ECS での Amazon Linux 2 での AWS Neuron の使用」を参照してください。Amazon ECS 最適化 Amazon Linux 2 (Neuron) AMI には、 が AWS CLI プリインストールされていません。

Amazon ECS は、 上の Amazon ECS 最適化 AMI の Linux バリアントの変更ログを提供します GitHub。詳細については、「Changelog」を参照してください。

Amazon ECS 最適化 AMI の Linux バリエーションは、Amazon Linux 2 AMI または Amazon Linux 2023 AMI をベースとして使用します。各バリアントの Amazon Linux 2 ソース AMI 名 もしくは Amazon Linux 2023 を取得するには、Systems Manager Parameter Store API をクエリします。詳細については、「Amazon ECS に最適化された AMI メタデータを取得する」を参照してください。Amazon Linux 2 AMI リリースノートも公開されています。詳細については、「Amazon Linux 2 リリースノート」を参照してください。Amazon Linux 2023 リリースノートも公開されています。詳細については、「Amazon Linux 2023 リリースノート」を参照してください。

次のページでは、変更に関する追加情報を説明します。