Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

Amazon ECS のモニタリング

Amazon CloudWatch を使用して Amazon ECS リソースをモニタリングすることで、Amazon ECS から未加工データを収集し、リアルタイムに近い読み取り可能なメトリクスに加工することができます。これらの統計情報は、2 週間記録されるため、履歴情報にアクセスしてクラスターまたはサービスの動作をより的確に把握できます。Amazon ECS メトリクスデータは 1 分間隔で CloudWatch に自動的に送信されます。CloudWatch の詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイド を参照してください。

モニタリングは、Amazon ECS および AWS ソリューションの信頼性、可用性、パフォーマンスを維持する上で重要な部分です。マルチポイント障害が発生した場合は、その障害をより簡単にデバッグできるように、AWS ソリューションのすべての部分からモニタリングデータを収集する必要があります。ただし、Amazon ECS のモニタリングを開始する前に、以下の質問に対する回答を反映したモニタリング計画を作成する必要があります。

  • どのような目的でモニタリングしますか?

  • モニタリングの対象となるリソースとは ?

  • どのくらいの頻度でこれらのリソースをモニタリングしますか?

  • 使用するモニタリングツールは?

  • 誰がモニタリングタスクを実行しますか?

  • 誰が問題が発生したときに通知を受け取りますか?

使用可能になるメトリクスは、クラスター内のタスクとサービスの起動タイプに応じて変化します。サービスに Fargate 起動タイプを使用している場合、サービスのモニタリングを支援するための CPU とメモリの使用状況メトリクスが提供されます。Amazon EC2 起動タイプの場合、基盤となるインフラストラクチャを構成する EC2 インスタンスを所有し、これらのインスタンスを監視する必要があるため、CPU とメモリの予約率と使用率のメトリクスが、クラスター、サービス、およびタスクレベルで追加提供されます。

次のステップでは、さまざまなタイミングと負荷条件でパフォーマンスを測定することにより、お客様の環境で通常の Amazon ECS パフォーマンスのベースラインを確定します。Amazon ECS のモニタリングでは、過去のモニタリングデータを保存し、現在のパフォーマンスデータと比較することで、パフォーマンスの通常パターンと異常パターンを特定し、問題に対処する方法を考案できます。

ベースラインを確立するには、少なくとも、次の項目をモニタリングする必要があります。

  • Amazon ECS クラスターの CPU とメモリの予約率および使用率メトリクス

  • Amazon ECS サービスの CPU とメモリの使用率メトリクス