Amazon ECS がタスクに使用するコンテナインスタンスを定義する - Amazon Elastic Container Service

Amazon ECS がタスクに使用するコンテナインスタンスを定義する

タスク配置の制約事項は、Amazon ECS がインスタンス上でタスクを実行できるかどうかを判断するために使用するコンテナインスタンスに関するルールです。少なくとも 1 つのコンテナインスタンスが制約に一致する必要があります。制約に一致するインスタンスがない場合、タスクは PENDING 状態のままになります。新しいサービスを作成するか、既存のサービスを更新するときに、サービスのタスク用にタスク配置制約を指定できます。

placementConstraint パラメータを使用して、サービス定義、タスク定義、またはタスクでタスク配置制約事項を指定できます。

"placementConstraint": [ { "expression": "The expression that defines the task placement constraints", "type": "The placement constraint type to use" } ]

次の表は、パラメータの使用法の説明です。

[Constraint type (制約タイプ)] 次の場合に指定できます。
distinctInstance

各タスクを別々のコンテナインスタンスに配置します。

重要

タスクの強力な分離を求めているお客様には、Fargate を使用することをお勧めします。Fargate はハードウェア仮想化環境で各タスクを実行します。これにより、これらのコンテナ化されたワークロードがネットワークインターフェイス、Fargate の一時ストレージ、CPU、またはメモリを他のタスクと共有しないことが保証されます。詳細については、「AWS Fargate のセキュリティの概要」をご参照ください。

memberOf

式を満たすコンテナインスタンスにタスクを配置します。

memberOf 制約事項タイプを使用すると、Amazon ECS がタスクを配置できるコンテナインスタンスを定義するクラスタークエリ言語を使用して式を作成できます。この式は、コンテナインスタンスを属性別にグループ化する方法です。この式は、placementConstraintexpression パラメータに含まれます。

Amazon ECS コンテナインスタンス属性

コンテナインスタンスに属性と呼ばれるカスタムメタデータを追加できます。各属性には名前とオプションの文字列値があります。Amazon ECSが提供する組み込み属性を使用することも、カスタム属性を定義することもできます。

次のセクションでは、組み込み型、オプション型、カスタム型属性のサンプルが含まれています。

組み込み属性

Amazon ECSは次の属性を自動的にコンテナインスタンスに適用します。

ecs.ami-id

インスタンスの起動に使用される AMI の ID。この属性の値の例は「ami-1234abcd」です。

ecs.availability-zone

インスタンスのアベイラビリティーゾーン。この属性の値の例は「us-east-1a」です。

ecs.instance-type

インスタンスのインスタンスタイプ。この属性の値の例は「g2.2xlarge」です。

ecs.os-type

インスタンスのオペレーティングシステム。この属性に指定できる値は linuxwindows です。

ecs.os-family

インスタンスのオペレーティングシステムのバージョン。

Linux インスタンスの場合、有効な値は LINUX です。Windows インスタンスの場合、ECS は値を WINDOWS_SERVER_<OS_Release>_<FULL or CORE> 形式で設定します。有効な値は、WINDOWS_SERVER_2022_FULLWINDOWS_SERVER_2022_COREWINDOWS_SERVER_20H2_COREWINDOWS_SERVER_2019_FULLWINDOWS_SERVER_2019_CORE、および WINDOWS_SERVER_2016_FULL です。

これは、Windows コンテナおよび Windows containers on AWS Fargate にとって重要です。なぜなら、すべての Windows コンテナの OS バージョンがホストのそれと一致する必要があるからです。コンテナイメージの Windows バージョンがホストと異なる場合、コンテナは起動しません。詳細については、マイクロソフトのドキュメント Web サイトの「Windows コンテナバージョンの互換性」を参照してください。

クラスターが複数の Windows バージョンを実行している場合、次の配置制約を使用して、同じバージョンで実行されている EC2 インスタンスにタスクが配置されるようにすることができます: memberOf(attribute:ecs.os-family == WINDOWS_SERVER_<OS_Release>_<FULL or CORE>)。詳細については、「Amazon ECS に最適化された Windows AMI メタデータを取得する」を参照してください。

ecs.cpu-architecture

インスタンスの CPU アーキテクチャ。この属性の値の例はx86_64arm64 です。

ecs.vpc-id

インスタンスが起動された VPC。この属性の値の例は「vpc-1234abcd」です。

ecs.subnet-id

インスタンスが使用しているサブネット。この属性の値の例は「subnet-1234abcd」です。

オプションの属性

Amazon ECS では、コンテナインスタンスに次の属性を追加することができます。

ecs.awsvpc-trunk-id

この属性が存在する場合、インスタンスにトランクネットワークインターフェイスがあります。詳細については、「Amazon ECS Linux コンテナインスタンスのネットワークインターフェイスを増やす」を参照してください。

ecs.outpost-arn

この属性が存在する場合は、Outpost の Amazon Resource Name (ARN) が含まれます。詳細については、「AWS OutpostsのAmazon Elastic Container Service」を参照してください。

ecs.capability.external

この属性が存在する場合、インスタンスは外部インスタンスとして識別されます。詳細については、「外部起動タイプ用の Amazon ECS クラスター」を参照してください。

カスタム属性

コンテナインスタンスに、カスタム属性を適用できます。例えば、「stack」という名前で「prod」という値の属性を定義できます。

カスタム属性を指定するとき、次の点を考慮する必要があります。

  • name は、1~128 文字で指定する必要があります。文字 (大文字と小文字)、数字、ハイフン、アンダースコア、スラッシュ、バックスラッシュ、ピリオドを使用できます。

  • value は、1 ~ 128 文字で指定する必要があります。文字 (大文字と小文字)、数字、ハイフン、アンダースコア、ピリオド、アットマーク (@)、スラッシュ、バックスラッシュ、コロン、またはスペースを使用できます。値の先頭または末尾にホワイトスペースを含めることはできません。