Amazon ECS タスク配置戦略 - Amazon Elastic Container Service

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Amazon ECS タスク配置戦略

A タスク配置戦略 選択するためのアルゴリズムです インスタンス(タスクの配置用)またはタスク(終了用)。タスク配置戦略は タスクの実行時または新しいサービスの作成時に指定します。タスク 既存のサービスについても、プレースメント戦略を更新できます。詳細はこちら 情報、参照 Amazon ECS タスクの配置.

戦略の種類

Amazon ECS は、以下のタスク配置戦略をサポートします。

binpack

タスクはコンテナインスタンスに配置され、 未使用のCPUまたはメモリの量。この戦略により、 コンテナインスタンスが使用中です。

この戦略を使用し、スケールインアクションを実行すると、 Amazon ECS は、 タスクが終了した後、コンテナインスタンスに残ります。は 利用可能なリソースが最も残っているコンテナインスタンス タスクが終了すると、そのタスクは終了します。

random

タスクはランダムに配置されます。

spread

タスクは指定された値に基づいて均等に配置されます。受理済み 値は instanceId (または hostで、 または、 コンテナインスタンスに適用される、例えば、 attribute:ecs.availability-zone。 サービスタスクは そのサービスからのタスクに基づいて分散されます。スタンドアロンタスクは 同じタスクグループのタスクに基づいて展開されます。

この戦略を使用し、スケールインアクションを実行すると、 Amazon ECS は、バランスを維持する終了タスクを選択します。 可用性ゾーン。可用性ゾーン内では、タスクは ランダムに選択します。

戦略の例

タスク配置戦略は、次のアクションで指定できます。サービスの作成サービスの更新、および タスクの実行.

次の戦略は、可用性全体にタスクを均等に分散します ゾーン。

"placementStrategy": [ { "field": "attribute:ecs.availability-zone", "type": "spread" } ]

次の戦略は、すべてのインスタンスにタスクを均等に分配します。

"placementStrategy": [ { "field": "instanceId", "type": "spread" } ]

次の戦略ビンは、メモリに基づいてタスクをパックします。

"placementStrategy": [ { "field": "memory", "type": "binpack" } ]

以下の戦略は、タスクをランダムに配置します。

"placementStrategy": [ { "type": "random" } ]

以下の戦略は、可用性ゾーンと その後、各可用性内のインスタンス全体にタスクを均等に分散します。 ゾーン。

"placementStrategy": [ { "field": "attribute:ecs.availability-zone", "type": "spread" }, { "field": "instanceId", "type": "spread" } ]

以下の戦略は、可用性ゾーンと 各可用性ゾーン内のメモリに基づいてタスクをパックします。

"placementStrategy": [ { "field": "attribute:ecs.availability-zone", "type": "spread" }, { "field": "memory", "type": "binpack" } ]