サービスロードバランサーのトラブルシューティング - Amazon Elastic Container Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サービスロードバランサーのトラブルシューティング

Amazon ECS サービスは、Elastic Load Balancing のロードバランサーにタスクを登録することができます。ロードバランサーの設定エラーは、タスクが停止された一般的な原因です。ロードバランサーを使用するサービスによって停止されたタスクが開始された場合は、以下の原因が考えられます。

Amazon ECS サービスにリンクされたロールが存在しません

Amazon ECS サービスにリンクされたロールを使用すると、Amazon ECS サービスが Elastic Load Balancing ロードバランサーにコンテナインスタンスを登録できます。サービスにリンクされたロールはアカウントに作成される必要があります。詳細については、「Amazon ECS のサービスリンクロールの使用」を参照してください。

コンテナインスタンスのセキュリティグループ

コンテナがコンテナインスタンスのポート 80 にマッピングされている場合、コンテナインスタンスのセキュリティグループでは、ロードバランサーのヘルスチェックに合格するように、ポート 80 上の受信トラフィックを許可する必要があります。

Elastic Load Balancing ロードバランサーがすべてのアベイラビリティーゾーンに対して設定されていない

リージョン内のすべてのアベイラビリティーゾーンを使用するように、または少なくとも、コンテナインスタンスが存在するすべてのアベイラビリティーゾーンを使用するように、ロードバランサーが設定されている必要があります。サービスがロードバランサーを使用していて、ロードバランサーが使用するように設定されていないアベイラビリティーゾーンにあるコンテナインスタンスでタスクを開始する場合、タスクはヘルスチェックに合格しません。これにより、タスクが強制終了されます。

Elastic Load Balancing ロードバランサーのヘルスチェックの設定ミス

ロードバランサーのヘルスチェックパラメータが過度に制限されているか、存在しないリソースを指している可能性があります。コンテナインスタンスが異常であると判断された場合、ロードバランサーから削除されます。以下のパラメータがサービスロードバランサーに対して正しく設定されていることを確認してください。

ping ポート

ロードバランサーのヘルスチェックの [Ping Port (ping ポート)] 値は、ロードバランサーが正常であるかどうかを判断するために確認するコンテナインスタンス上のポートです。このポートの設定が正しくないと、多くの場合、ロードバランサーからコンテナインスタンスが登録解除されます。このポートは、ヘルスチェックで使用しているサービスのタスク定義内のコンテナで hostPort 値を使用するように設定する必要があります。

ping パス

この値はよく index.html に設定されることがありますが、サービスがそのリクエストに応答しない場合、ヘルスチェックは失敗します。コンテナに index.html ファイルがない場合は、これを / に設定して、コンテナインスタンスのベース URL をターゲットにすることができます。

応答タイムアウト

これは、コンテナがヘルスチェック ping に対する応答を返す必要のある時間です。この値が応答に必要な時間よりも短い場合、ヘルスチェックは失敗します。

ヘルスチェック間隔

これは、ヘルスチェック ping 間の時間です。ヘルスチェックの間隔が短くなるほど、コンテナインスタンスが [Unhealthy Threshold (非正常のしきい値)] に達するのが速くなります。

非正常のしきい値

これは、コンテナインスタンスが異常と見なされるまでに、ヘルスチェックが失敗できる回数です。異常なしきい値が 2 で、ヘルスチェック間隔が 30 秒の場合、タスクは異常と見なされる前にヘルスチェック ping に応答するまで 60 秒かかります。異常と見なされるまでのしきい値を増やすか、ヘルスチェックの間隔を長くすると、タスクが ping に応答する時間が長くなります。

サービスサービス名を更新できません: タスク定義でロードバランサーのコンテナ名またはポートが変更されました

サービスでロードバランサーを使用している場合は、 AWS CLI または SDK を使用してロードバランサーの設定を変更できます。設定を変更する方法については、「Amazon Elastic Container Service API リファレンスUpdateService」の「」を参照してください。サービスのタスク定義を更新する場合は、ロードバランサー設定で指定されたコンテナ名とコンテナポートはタスク定義のままにしておく必要があります。

同時に実行できるタスクの数の上限に達しました。

新しいアカウントの場合、クォータがサービスクォータよりも低くなることがあります。Service Quotas コンソールでは、アカウントのサービスクォータを表示できます。クォータの引き上げをリクエストするには、Service Quotas ユーザーガイド の「クォータ引き上げリクエスト」を参照してください。