Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

クラスターからのノードの削除

AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用して、クラスターからノードを削除できます。

AWS マネジメントコンソール の使用

クラスターからノードを削除するには (console)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. 右上隅にある一覧から、ノードを削除するクラスターの AWS リージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、ノードを削除するクラスターで実行しているエンジンを選択します。

    選択したエンジンを実行しているクラスターが一覧表示されます。

  4. クラスターの一覧から、ノードを削除するクラスターの名前を選択します。

    クラスターのノードが一覧表示されます。

  5. 削除するノードのノード ID の左側にあるボックスを選択します。ElastiCache コンソール で同時に削除できるノードは 1 つのみです。複数のノードを選択すると、[Delete node] ボタンは無効になります。

    [Delete Node] ダイアログが表示されます。

  6. ノードを削除するには、[Delete Node] ダイアログボックスに入力し、[Delete Node] を選択します。ノードを削除しない場合は、[Cancel] を選択します。

保留中のリクエストに対する新しい送信/削除リクエストの影響

シナリオ 保留中の操作 新しいリクエスト 戻り値

シナリオ 1

Delete

Delete

新しい削除リクエストは、保留中か即時かを問わず、保留中の削除リクエストを置き換えます。

たとえば、ノード 0001、0003、および 0007 の削除が保留中の場合に、ノード 0002 および 0004 のみを削除する新しいリクエストが出されると、ノード 0002 および 0004 のみが削除されます。ノード 0001、0003、および 0007 は削除されません。

シナリオ 2

Delete

作成

新しい作成リクエストは、保留中か即時かを問わず、保留中の削除リクエストを置き換えます。

たとえば、ノード 0001、0003、および 0007 の削除が保留中の場合に、ノードを作成する新しいリクエストが出されると、新しいノードが作成され、ノード 0001、0003、および 0007 は削除されません。

シナリオ 3

作成

Delete

新しい削除リクエストは、保留中か即時かを問わず、保留中の作成リクエストを置き換えます。

たとえば、2 つのノードを作成する保留中のリクエストがある場合に、ノード 0003 を削除する新しいリクエストが出されると、新しいノードは作成されず、ノード 0003 が削除されます。

シナリオ 4

作成

作成

新しい作成リクエストは保留中の作成リクエストに追加されます。

たとえば、2 つのノードを作成する保留中のリクエストがある場合に、3 つのノードを作成する新しいリクエストが出されると、保留中のリクエストに新しいリクエスト追加され、5 つのノードが作成されます。

重要

新しい作成リクエストを [Apply Immediately - Yes] に設定すると、すべての作成リクエストはすぐに実行されます。新しい作成リクエストを [Apply Immediately - No] に設定すると、すべてのリクエストは保留中になります。

保留中の操作を特定するには、[Description] タブを選択し、表示される保留中の作成または削除の数を確認します。保留中の作成と削除が同時に存在することはできません。

 イメージ: [Cluster description] タブ

AWS CLI の使用

  1. 削除するノードの ID を確認します。詳細については、「クラスターの詳細を表示する」を参照してください。

  2. 次の例のように、削除するノードの一覧を使用して modify-cache-cluster CLI オペレーションを呼び出します。

    コマンドラインインターフェイスを使用してクラスターからノードを削除するには、以下のパラメーターを指定して modify-cache-cluster コマンドを使用します。

    • --cache-cluster-id、ノードを削除するキャッシュクラスターの ID。

    • --num-cache-nodes --num-cache-nodes パラメータは、この変更を適用した後に必要となるノードの数を設定します。

    • --cache-node-ids-to-remove このクラスターから削除するノード ID のリスト。

    • --apply-immediately または --no-apply-immediately は、次のメンテナンス時にこれらのノードを削除するかどうかを指定します。

    • --region、複数のノードを削除するクラスターのリージョンを指定します。

    次の例では、my-cluster クラスターからノード 0001 を直ちに削除します。

    Linux, macOS, or Unix 用:

    aws elasticache modify-cache-cluster \ --cache-cluster-id my-cluster \ --num-cache-nodes 2 \ --cache-node-ids-to-remove 0001 \ --region us-east-2 \ --apply-immediately

    Windows の場合:

    aws elasticache modify-cache-cluster ^ --cache-cluster-id my-cluster ^ --num-cache-nodes 2 ^ --cache-node-ids-to-remove 0001 ^ --region us-east-2 ^ --apply-immediately

    このオペレーションでは、以下のような (JSON 形式の) 出力が生成されます。

    { "CacheClusters": [ { "SecurityGroups": [ { "Status": "active", "SecurityGroupId": "sg-dbe93fa2" } ], "ClientDownloadLandingPage": "https://console.aws.amazon.com/elasticache/home#client-download:", "AuthTokenEnabled": false, "CacheSubnetGroupName": "default", "SnapshotWindow": "12:30-13:30", "AutoMinorVersionUpgrade": true, "CacheClusterCreateTime": "2018-02-26T21:13:24.250Z", "CacheClusterStatus": "available", "AtRestEncryptionEnabled": false, "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2a", "TransitEncryptionEnabled": false, "ReplicationGroupId": "my-cluster2", "Engine": "redis", "PreferredMaintenanceWindow": "sun:08:30-sun:09:30", "CacheClusterId": "my-cluster2-001", "PendingModifiedValues": {}, "CacheNodeType": "cache.r4.large", "CacheParameterGroup": { "CacheNodeIdsToReboot": [], "ParameterApplyStatus": "in-sync", "CacheParameterGroupName": "default.redis3.2" }, "SnapshotRetentionLimit": 0, "EngineVersion": "3.2.10", "CacheSecurityGroups": [], "NumCacheNodes": 1 }, { "SecurityGroups": [ { "Status": "active", "SecurityGroupId": "sg-dbe93fa2" } ], "ClientDownloadLandingPage": "https://console.aws.amazon.com/elasticache/home#client-download:", "AuthTokenEnabled": false, "CacheSubnetGroupName": "default", "SnapshotWindow": "12:30-13:30", "AutoMinorVersionUpgrade": true, "CacheClusterCreateTime": "2018-02-26T21:13:24.250Z", "CacheClusterStatus": "available", "AtRestEncryptionEnabled": false, "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2b", "TransitEncryptionEnabled": false, "ReplicationGroupId": "my-cluster2", "Engine": "redis", "PreferredMaintenanceWindow": "sun:08:30-sun:09:30", "CacheClusterId": "my-cluster2-002", "PendingModifiedValues": {}, "CacheNodeType": "cache.r4.large", "CacheParameterGroup": { "CacheNodeIdsToReboot": [], "ParameterApplyStatus": "in-sync", "CacheParameterGroupName": "default.redis3.2" }, "SnapshotRetentionLimit": 0, "EngineVersion": "3.2.10", "CacheSecurityGroups": [], "NumCacheNodes": 1 }, { "SecurityGroups": [ { "Status": "active", "SecurityGroupId": "sg-dbe93fa2" } ], "ClientDownloadLandingPage": "https://console.aws.amazon.com/elasticache/home#client-download:", "AuthTokenEnabled": false, "CacheSubnetGroupName": "default", "SnapshotWindow": "12:30-13:30", "AutoMinorVersionUpgrade": true, "CacheClusterCreateTime": "2018-02-26T21:13:24.250Z", "CacheClusterStatus": "available", "AtRestEncryptionEnabled": false, "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2c", "TransitEncryptionEnabled": false, "ReplicationGroupId": "my-cluster2", "Engine": "redis", "PreferredMaintenanceWindow": "sun:08:30-sun:09:30", "CacheClusterId": "my-cluster2-003", "PendingModifiedValues": {}, "CacheNodeType": "cache.r4.large", "CacheParameterGroup": { "CacheNodeIdsToReboot": [], "ParameterApplyStatus": "in-sync", "CacheParameterGroupName": "default.redis3.2" }, "SnapshotRetentionLimit": 0, "EngineVersion": "3.2.10", "CacheSecurityGroups": [], "NumCacheNodes": 1 }, { "CacheClusterStatus": "available", "SecurityGroups": [ { "Status": "active", "SecurityGroupId": "sg-dbe93fa2" } ], "ClientDownloadLandingPage": "https://console.aws.amazon.com/elasticache/home#client-download:", "Engine": "redis", "PreferredMaintenanceWindow": "wed:12:00-wed:13:00", "CacheSubnetGroupName": "default", "SnapshotWindow": "08:30-09:30", "TransitEncryptionEnabled": false, "AtRestEncryptionEnabled": false, "CacheClusterId": "my-cluster1", "CacheClusterCreateTime": "2018-02-26T21:06:43.420Z", "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2c", "AuthTokenEnabled": false, "PendingModifiedValues": {}, "CacheNodeType": "cache.r4.large", "CacheParameterGroup": { "CacheNodeIdsToReboot": [], "ParameterApplyStatus": "in-sync", "CacheParameterGroupName": "default.redis3.2" }, "SnapshotRetentionLimit": 0, "AutoMinorVersionUpgrade": true, "EngineVersion": "3.2.10", "CacheSecurityGroups": [], "NumCacheNodes": 1 } ] }

詳細については、AWS CLI のトピック「describe-cache-cluster および modify-cache-cluster」を参照してください。

ElastiCache API の使用

ElastiCache API を使用してノードを削除するには、次のようにキャッシュクラスター ID と削除するノードの一覧を使用して ModifyCacheCluster API オペレーションを呼び出します。

  • CacheClusterId、ノードを削除するキャッシュクラスターの ID。

  • NumCacheNodes NumCacheNodes パラメータは、この変更を適用した後に必要となるノードの数を設定します。

  • CacheNodeIdsToRemove.member.n クラスターから削除するノード ID の一覧。

    • CacheNodeIdsToRemove.member.1=0004

    • CacheNodeIdsToRemove.member.1=0005

  • ApplyImmediately は、次のメンテナンス時にこれらのノードを削除するかどうかを指定します。

  • Region、1 つのノードを削除するクラスターのリージョンを指定します。

次の例では、my-cluster クラスターからノード 0004 と 0005 を直ちに削除します。

https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=ModifyCacheCluster &CacheClusterId=my-cluster &ApplyImmediately=true &CacheNodeIdsToRemove.member.1=0004 &CacheNodeIdsToRemove.member.2=0005 &NumCacheNodes=3 &Region us-east-2 &Version=2014-12-01 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20141201T220302Z &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Date=20141201T220302Z &X-Amz-SignedHeaders=Host &X-Amz-Expires=20141201T220302Z &X-Amz-Credential=<credential> &X-Amz-Signature=<signature>

詳細については、ElastiCache API トピック「ModifyCacheCluster」を参照してください。