メニュー
Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

Redis 用 Amazon ElastiCache とは

Redis 用 Amazon ElastiCache ユーザーガイド』にようこそ。ElastiCache は、クラウド内の分散型インメモリデータストア環境またはインメモリキャッシュ環境のセットアップ、管理、およびスケーリングが簡単になるウェブサービスです。このサービスは、パフォーマンスとコスト効率に優れ、スケーラブルなキャッシュソリューションを提供すると共に、分散キャッシュ環境のデプロイと管理に伴う複雑性を排除します。

注記

Amazon ElastiCache のドキュメントは、Memcached エンジンと Redis エンジンの情報が別のガイドになるように再編成されました。上記のリンクは機能しなくなっている場合があります。必要なガイドがわかっている場合は、必要なガイドへのリンクを選択して直接アクセスしてください。必要なエンジンがわからない場合は、このガイドの「Memcached と Redis の比較」を参照してください。

イメージ: Memcached アイコン
イメージ: Redis アイコン

Redis を使用する既存のアプリケーションは、ほとんど変更することなく ElastiCache を使用できます。アプリケーションに必要な情報は、デプロイした ElastiCache ノードのホスト名とポート番号だけです。

Redis 用 ElastiCache には、重要なプロダクションデータベースの信頼性を向上させる各種機能があります:

  • キャッシュノードの障害の自動検出と復旧。

  • 障害が発生したプライマリクラスターの、レプリケーションをサポートする Redis クラスター内のリードレプリカへの自動フェイルオーバーを備えたマルチ AZ。

  • Redis (クラスターモードが有効) は、最大 15 のシャード間でのデータの分割がサポートしています。

  • Redis バージョン 3.2.6 は、認証での伝送中と保管時の暗号化をサポートするので、HIPAA に準拠したアプリケーションを作成できます。

  • 耐障害性向上のためのノードとクラスターのアベイラビリティーゾーンの柔軟な配置。

  • Amazon EC2、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、Amazon SNS など他の AWS のサービスとの統合によるセキュアで高パフォーマンスなマネージドインメモリキャッシングソリューションの提供。