Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

Redis 用 Amazon ElastiCache の使用開始

次に、ElastiCache マネジメントコンソールを使用して Redis (クラスターモードが無効) クラスターを作成し、それに対するアクセスを許可し接続して、最後に削除する手順を示すトピックを示します。その一環として、セクションでは最初にクラスターの要件の確認および独自の AWS アカウントの作成を支援します。

Amazon ElastiCache では、Redis レプリケーショングループを使用することで、高可用性がサポートされています。Redis レプリケーショングループとその作成方法については、「レプリケーショングループを使用する高可用性」を参照してください。

Redis バージョン 3.2 から、ElastiCache Redis は、レプリケーショングループを実装した各ノードグループにより、複数のノードにわたるデータの分割をサポートします。この演習では、スタンドアロン Redis クラスターを作成します。