ソースおよびターゲット Redis ノードの移行の準備 - Redis 用 Amazon ElastiCache

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ソースおよびターゲット Redis ノードの移行の準備

以下に示す 4 つすべての前提条件を満たしていることを確認してから、ElastiCache コンソール、API、または AWS CLI からの移行を開始してください。

ソースおよびターゲット Redis ノードの移行を準備するには

  1. ターゲット ElastiCache デプロイを識別し、データの移行先にできることを確認します。

    既存または新規作成の ElastiCache デプロイは、移行に関する以下の要件を満たす必要があります。

    • Redis エンジンのバージョン 5.0.5 以上を使用しており、クラスターモードが無効になっている。

    • 転送中の暗号化も保管時の暗号化も無効になっている。

    • マルチ AZ が有効になっている。

    • EC2 インスタンスの Redis からのデータに適合するのに十分なメモリがある。予約メモリを適切に設定するには、「予約メモリの管理」を参照してください。

    • CLI または コンソールを使用して、CLI または Redis バージョン 5.0.6 以降を使用している場合は、Redis バージョン 2.8.21 以降から Redis バージョン 5.0.5 以降に直接移行できます。Redis バージョン 5.0.5 への移行はお勧めしません。Redis バージョン 5.0.6 では、安定性とセキュリティが強化されています。

  2. EC2 の Redis と、Redis 用 ElastiCache のデプロイの設定に互換性があることを確認します。

    少なくとも、ターゲット ElastiCache デプロイの以下のすべての設定は、Redis レプリケーションの Redis の設定と互換性があることが必要です。

    • Redis クラスターで、クラスターモードが無効な設定になっている必要があります。

    • EC2 インスタンスの Redis で、Redis AUTH が無効になっている必要があります。

    • Redis 設定 protected-modeno になっている必要があります。

    • Redis 設定に bind 設定が含まれている場合は、ElastiCache ノードへのリクエストを許可するように更新する必要があります。

    • 論理データベースの数は、ElastiCache ノードと、EC2 インスタンスの Redis とで同じであることが必要です。この値は、Redis 設定の databases を使用して設定します。

    • データに変更を加える Redis コマンドの名前は変更しないことが必要です。変更すると、データのレプリケーションに失敗します。

    • Redis クラスターからデータを ElastiCache にレプリケートするには、この追加の負荷を処理するのに十分な CPU とメモリがあることが必要です。この負荷は、Redis クラスターによって作成されてネットワークを介して ElastiCache ノードに転送される RDB ファイルから発生します。

  3. 以下を実行して、EC2 インスタンスが ElastiCache に接続できることを確認します。

    • EC2 インスタンスの IP アドレスがプライベートであることを確認します。

    • EC2 インスタンスの Redis と同じ Virtual Private Cloud (VPC) に ElastiCache デプロイを割り当てるか、作成します (推奨)。

    • VPCsが異なる場合は、VPC ピア接続を設定して、これらのノード間のアクセスを許可します。VPC ピア接続の詳細については、「Amazon VPC の ElastiCache クラスターにアクセスするアクセスパターン」を参照してください。

    • EC2 インスタンスの Redis にアタッチされたセキュリティグループは、ElastiCache ノードからのインバウンドトラフィックを許可する必要があります。

  4. データの移行が完了した後、アプリケーションがトラフィックを ElastiCache ノードに転送できることを確認します。詳細については、を参照してください Amazon VPC の ElastiCache クラスターにアクセスするアクセスパターン