Global Datastore を使用した AWS リージョン間のレプリケーション - Amazon ElastiCache for Redis

Global Datastore を使用した AWS リージョン間のレプリケーション

Global Datastore for Redis 機能を使用すると、AWS リージョン全体で完全マネージド型、高速、信頼性、安全なレプリケーションを実行できます。この機能を使用すると、ElastiCache for Redis のクロスリージョンリードレプリカクラスターを作成して、AWS リージョン全体で低レイテンシーの読み取りと災害対策を実現できます。

次のセクションでは、Global Datastore の操作方法について説明します。

Overview

Global Datastore は、互いにレプリケートする 1 つ以上のクラスターの集合です。

Global datastore は、次のもので構成されます。

  • [プライマリ (アクティブ) クラスター] – プライマリクラスターは、Global Datastore 内のすべてのクラスターにレプリケートされる書き込みを受け入れます。プライマリクラスターは、読み込みリクエストも受け付けます。

  • [セカンダリ (パッシブ) クラスター] – セカンダリクラスターは、読み取りリクエストのみを受け入れ、プライマリクラスターからのデータ更新をレプリケートします。セカンダリクラスターは、プライマリクラスターとは異なる AWS リージョンに存在する必要があります。

ElastiCache で Global Datastore を作成すると、ElastiCache for Redis はプライマリクラスターからセカンダリクラスターにデータを自動的に複製します。Redis データをレプリケートする AWS リージョンを選択し、その AWS リージョンにセカンダリクラスターを作成します。その後、ElastiCache は、2 つのクラスター間でデータの自動非同期レプリケーションをセットアップおよび管理します。

Redis に Global Datastore を使用すると、次の利点があります。

  • [ジオロケーションのパフォーマンス] – 追加の AWS リージョンでリモートレプリカクラスターをセットアップし、それらのリージョン間でデータを同期することで、その AWS リージョンでのデータアクセスのレイテンシーを減らすことができます。Global Datastore は、AWS リージョン全体で低レイテンシーのジオロケーション読み取りを行うことで、アプリケーションの応答性を高めるのに役立ちます。

  • [災害対策] – Global Datastore 内のプライマリクラスターでパフォーマンスが低下した場合は、セカンダリクラスターを新しいプライマリクラスターとして昇格させることができます。これを行うには、セカンダリクラスターを含む任意の AWS リージョンに接続します。

次の図は、Global Datastore がどのように機能するかを示しています。


            Global Datastore