サブネットグループの作成 - Amazon ElastiCache for Redis

サブネットグループの作成

キャッシュサブネットグループは、VPC 内でとして指定できるサブネットの集合です。VPC でキャッシュを起動する場合は、キャッシュサブネットグループを選択する必要があります。次に、ElastiCache ではそのキャッシュサブネットグループを使用して、サブネット内の IP アドレスをキャッシュ内の各キャッシュノードに割り当てます。

新しいサブネットグループを作成する場合は、使用可能な IP アドレス数に注意してください。サブネットの空き IP アドレス数が非常に少ない場合は、クラスターに追加できるノード数が制約される可能性があります。この問題を解決するために、クラスターのアベイラビリティーゾーンで十分な数の IP アドレスを使用できるように、サブネットグループに 1 つ以上のサブネットを割り当てることができます。その後で、クラスターにノードを追加できます。

ネットワークタイプとして IPv4 を選択した場合は、デフォルトのサブネットグループが利用でき、新しいサブネットグループを作成することもできます。ElastiCache はそのキャッシュサブネットグループを使用して、そのサブネット内でノードに関連付けるサブネットおよび IP アドレスを選択します。デュアルスタックまたは IPV6 を選択すると、デュアルスタックまたは IPV6 サブネットを作成するように指示されます。ネットワークタイプの詳細については、「ネットワークタイプ」を参照してください。詳細については、「VPC にサブネットを作成する」を参照してください。

以下の手順では、mysubnetgroup (コンソール)、AWS CLI、および ElastiCache API というサブネットグループを作成する方法を示します。

サブネットグループの作成 (コンソール)

次の手順では、サブネットグループ (コンソール) を作成する方法を示します。

サブネットグループ (コンソール) を作成するには
  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、ElastiCache コンソール (https://console.aws.amazon.com/elasticache/) を開きます。

  2. ナビゲーションリストで [サブネットグループ] を選択します。

  3. [サブネットグループの作成] を選択します。

  4. [サブネットグループを作成] ウィザードで、次の操作を行います。すべての設定が正しいことを確認したら、作成 (作成) を選択します。

    1. Name ボックスにサブネットグループの名前を入力します。

    2. Description ボックスにサブネットグループの説明を入力します。

    3. [VPC ID] ボックスで Amazon VPC を選択します。

    4. デフォルトでは、すべてのサブネットが選択されています。[選択済みのサブネット] パネルで [管理] をクリックし、プライベートサブネットのアベイラビリティーゾーンまたはローカルゾーンと ID を選択し、[選択] をクリクします。

  5. 表示された確認メッセージで、Close を選択します。

ElastiCache コンソールの [サブネットグループ] のリストに新しいサブネットグループが表示されます。ウィンドウの下部で、サブネットグループを選択して、ウィンドウの下部で詳細 (このグループに関連付けられているすべてのサブネットなど) を確認します。

サブネットグループの作成 (AWS CLI)

コマンドプロンプトで、create-cache-subnet-group コマンドを使用してサブネットグループを作成します。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws elasticache create-cache-subnet-group \ --cache-subnet-group-name mysubnetgroup \ --cache-subnet-group-description "Testing" \ --subnet-ids subnet-53df9c3a

Windows の場合:

aws elasticache create-cache-subnet-group ^ --cache-subnet-group-name mysubnetgroup ^ --cache-subnet-group-description "Testing" ^ --subnet-ids subnet-53df9c3a

このコマンドでは、次のような出力が生成されます。

{ "CacheSubnetGroup": { "VpcId": "vpc-37c3cd17", "CacheSubnetGroupDescription": "Testing", "Subnets": [ { "SubnetIdentifier": "subnet-53df9c3a", "SubnetAvailabilityZone": { "Name": "us-west-2a" } } ], "CacheSubnetGroupName": "mysubnetgroup" } }

詳細については、AWS CLI のトピック「create-cache-subnet-group」を参照してください。