バックアップへのタグ付け - Amazon ElastiCache for Redis

バックアップへのタグ付け

タグ形式で各バックアップに独自のメタデータを割り当てることができます。タグを使用すると、バックアップを用途、所有者、環境などのさまざまな方法で分類できます。これは、同じタイプのリソースが多数ある場合に役立ちます。割り当てたタグに基づいて、特定のリソースをすばやく識別できます。詳細については、「タグを付けることができるリソース」を参照してください。

コスト配分タグは、費用を請求書タグ値別にグループ化することで、複数の AWS サービスのコストを追跡する方法です。コスト配分タグの詳細については、「コスト配分タグの使用」を参照してください。

ElastiCache コンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用して、バックアップのコスト配分タグを追加、一覧表示、変更、削除、またはコピーできます。詳細については、「コスト配分タグによるコストのモニタリング」を参照してください。