Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

シャードのレプリカの数を増やす

Redis (クラスターモードが有効) シャード、または Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループの数を最大 5 個まで増やすことができます。これを行うには、AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用します。

AWS マネジメントコンソール の使用

次の手順では、Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループのレプリカの数を増やすためにコンソールを使用します。

Redis シャードのレプリカの数を増やすには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Redis] を選択し、レプリカを追加するレプリケーショングループの名前を選択します。

  3. レプリカを追加する各シャードのチェックボックスをオンにします

  4. [Add replicas (レプリカの追加)] を選択します。

  5. [Add Replicas to Shards (シャードにレプリカを追加)] ページを完了します。

    • [New number of replicas/shard (シャード当たりの新しいレプリカ数)] に、選択したすべてのシャードが持つようになるレプリカの数を入力します。この値は、[Current Number of Replicas per shard (現在のシャード当たりのレプリカ数)] 以上で、5 以下である必要があります。最小の実行として、レプリカを少なくとも 2 つにすることをお勧めします。

    • [Availability Zones (アベイラビリティーゾーン)] に、ElastiCache が新しい各レプリカのアベイラビリティーゾーンを選択する [No preference (指定なし)]、または、新しい各レプリカのアベイラビリティーゾーンを指定する [Specify Availability Zones (アベイラビリティーゾーンを指定する)] のいずれかを選択します。

      [Specify Availability Zones (アベイラビリティーゾーンを指定する)] を選択した場合、リストを使用して新しい各レプリカのアベイラビリティーゾーンを指定します。

  6. [Add (追加)] を選択してレプリカを追加するか、[Cancel (キャンセル)] を選択してオペレーションをキャンセルします。

AWS CLI の使用

Redis シャードでレプリカの数を増やすには、以下のパラメータを設定して increase-replica-count コマンドを使用します。

  • --replication-group-id – 必須レプリカの数を増やすレプリケーショングループを指定します。

  • --apply-immediately または --no-apply-immediately – 必須。レプリカの数をすぐに増やすか (--apply-immediately)、次のメンテナンスウィンドウで増やすか (--no-apply-immediately) を指定します。現在、--no-apply-immediately はサポートされていません。

  • --new-replica-count – オプション完了時のレプリカノードの数を、最大 5 個で指定します。ノードグループが 1 つだけある Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループか Redis (クラスターモードが有効) グループで、または、レプリカの数を同じにするすべてのノードグループで、このパラメータを使用します。この値がノードグループの現在のレプリカの数より大きくない場合、呼び出しは失敗し、例外が発生します。

  • --replica-configuration – オプション各ノードグループのレプリカの数およびアベイラビリティーゾーンを個別に設定できます。このパラメータを、各ノードグループを個別に設定する Redis (クラスターモードが有効) グループに使用します。

    --replica-configuration には 3 つのオプションのメンバーがあります。

    • NodeGroupId – 設定するノードグループの 4 桁の ID。Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループのシャード ID は、常に 0001 です。Redis (クラスターモードが有効) ノードグループ (シャード) の ID を見つけるには、シャードの ID を見つける を参照してください。

    • NewReplicaCount – このノードグループの、このオペレーションの最後のレプリカの数。この値は、最大 5 で、現在のレプリカの数より大きくなければなりません。この値がノードグループの現在のレプリカの数より大きくない場合、呼び出しは失敗し、例外が発生します。

    • PreferredAvailabilityZones – レプリケーショングループのノードが存在するアベイラビリティーゾーンを指定する PreferredAvailabilityZone 文字列のリスト。PreferredAvailabilityZone 値の数は、プライマリノードに対応する NewReplicaCount に 1 を足した数と等しい必要があります。--replica-configuration のこのメンバーを省略すると、新しいレプリカごとに、Redis 用 ElastiCache がアベイラビリティーゾーンを選択します。

重要

呼び出しに、--new-replica-count または --replica-configuration パラメータのいずれかを含める必要がありますが、両方を含めることはできません。

次の例では、sample-repl-group レプリケーショングループでレプリカの数を 3 個に増やします。この例が終了すると、各ノードグループのレプリカは 3 個になります。この数は、単一ノードグループを持つ Redis (クラスターモードが無効) グループ、または、複数ノードグループを持つ Redis (クラスターモードが有効) グループのどちらにも適用されます。

Linux, macOS, or Unix 用:

aws elasticache increase-replica-count \ --replication-group-id sample-repl-group \ --new-replica-count 3 \ --apply-immediately

Windows の場合:

aws elasticache increase-replica-count ^ --replication-group-id sample-repl-group ^ --new-replica-count 3 ^ --apply-immediately

次の例では、sample-repl-group レプリケーショングループで、レプリカの数を、2 つの指定されたノードグループの指定値に増やします。複数のノードグループがある場合、これは Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループです。オプションの PreferredAvailabilityZones を指定する場合、リストされているアベイラビリティーゾーンの数は、NewReplicaCount に 1 以上を足した値と等しい必要があります。このアプローチは、NodeGroupId で指定されるグループのプライマリノードに対応します。

Linux, macOS, or Unix 用:

aws elasticache increase-replica-count \ --replication-group-id sample-repl-group \ --replica-configuration \ NodeGroupId=0001,NewReplicaCount=2,PreferredAvailabilityZones=us-east-1a,us-east-1c,us-east-1b \ NodeGroupId=0003,NewReplicaCount=3,PreferredAvailabilityZones=us-east-1a,us-east-1b,us-east-1c,us-east-1c \ --apply-immediately

Windows の場合:

aws elasticache increase-replica-count ^ --replication-group-id sample-repl-group ^ --replica-configuration ^ NodeGroupId=0001,NewReplicaCount=2,PreferredAvailabilityZones=us-east-1a,us-east-1c,us-east-1b ^ NodeGroupId=0003,NewReplicaCount=3,PreferredAvailabilityZones=us-east-1a,us-east-1b,us-east-1c,us-east-1c \ --apply-immediately

CLI を使用してレプリカの数を増やすことについての詳細については、Amazon ElastiCache Command Line Reference の、「increase-replica-count」を参照してください。

ElastiCache API の使用

Redis シャードでレプリカの数を増やすには、以下のパラメータを設定して IncreaseReplicaCount アクションを使用します。

  • ReplicationGroupId – 必須レプリカの数を増やすレプリケーショングループを指定します。

  • ApplyImmediately – 必須レプリカの数をすぐに増やすか (ApplyImmediately=True)、次のメンテナンスウィンドウで増やすか (ApplyImmediately=False) を指定します。現在、ApplyImmediately=False はサポートされていません。

  • NewReplicaCount – オプション完了時のレプリカノードの数を、最大 5 個で指定します。ノードグループが 1 つだけある Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループで、または、すべてのノードグループでレプリカの数を同じにする Redis (クラスターモードが有効) グループで、このパラメータを使用します。この値がノードグループの現在のレプリカの数より大きくない場合、呼び出しは失敗し、例外が発生します。

  • ReplicaConfiguration – オプション各ノードグループのレプリカの数およびアベイラビリティーゾーンを個別に設定できます。このパラメータを、各ノードグループを個別に設定する Redis (クラスターモードが有効) グループに使用します。

    ReplicaConfiguraion には 3 つのオプションのメンバーがあります。

    • NodeGroupId – 設定するノードグループの 4 桁の ID。Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループのノードグループ (シャード) ID は、常に 0001 です。Redis (クラスターモードが有効) ノードグループ (シャード) の ID を見つけるには、シャードの ID を見つける を参照してください。

    • NewReplicaCount – このノードグループの、このオペレーションの最後のレプリカの数。この値は、最大 5 で、現在のレプリカの数より大きくなければなりません。この値がノードグループの現在のレプリカの数より大きくない場合、呼び出しは失敗し、例外が発生します。

    • PreferredAvailabilityZones – レプリケーショングループのノードが存在するアベイラビリティーゾーンを指定する PreferredAvailabilityZone 文字列のリスト。PreferredAvailabilityZone 値の数は、プライマリノードに対応する NewReplicaCount に 1 を足した数と等しい必要があります。ReplicaConfiguration のこのメンバーを省略すると、新しいレプリカごとに、Redis 用 ElastiCache がアベイラビリティーゾーンを選択します。

重要

呼び出しに、NewReplicaCount または ReplicaConfiguration パラメータのいずれかを含める必要がありますが、両方を含めることはできません。

次の例では、sample-repl-group レプリケーショングループでレプリカの数を 3 個に増やします。この例が終了すると、各ノードグループのレプリカは 3 個になります。この数は、単一ノードグループを持つ Redis (クラスターモードが無効) グループ、または、複数ノードグループを持つ Redis (クラスターモードが有効) グループのどちらにも適用されます。

https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=IncreaseReplicaCount &ApplyImmediately=True &NewReplicaCount=3 &ReplicationGroupId=sample-repl-group &Version=2015-02-02 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T192317Z &X-Amz-Credential=<credential>

次の例では、sample-repl-group レプリケーショングループで、レプリカの数を、2 つの指定されたノードグループの指定値に増やします。複数のノードグループがある場合、これは Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループです。オプションの PreferredAvailabilityZones を指定する場合、リストされているアベイラビリティーゾーンの数は、NewReplicaCount に 1 以上を足した値と等しい必要があります。このアプローチは、NodeGroupId で指定されるグループのプライマリノードに対応します。

https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=IncreaseReplicaCount &ApplyImmediately=True &ReplicaConfiguration.ConfigureShard.1.NodeGroupId=0001 &ReplicaConfiguration.ConfigureShard.1.NewReplicaCount=2 &ReplicaConfiguration.ConfigureShard.1.PreferredAvailabilityZones.PreferredAvailabilityZone.1=us-east-1a &ReplicaConfiguration.ConfigureShard.1.PreferredAvailabilityZones.PreferredAvailabilityZone.2=us-east-1c &ReplicaConfiguration.ConfigureShard.1.PreferredAvailabilityZones.PreferredAvailabilityZone.3=us-east-1b &ReplicaConfiguration.ConfigureShard.2.NodeGroupId=0003 &ReplicaConfiguration.ConfigureShard.2.NewReplicaCount=3 &ReplicaConfiguration.ConfigureShard.2.PreferredAvailabilityZones.PreferredAvailabilityZone.1=us-east-1a &ReplicaConfiguration.ConfigureShard.2.PreferredAvailabilityZones.PreferredAvailabilityZone.2=us-east-1b &ReplicaConfiguration.ConfigureShard.2.PreferredAvailabilityZones.PreferredAvailabilityZone.3=us-east-1c &ReplicaConfiguration.ConfigureShard.2.PreferredAvailabilityZones.PreferredAvailabilityZone.4=us-east-1c &ReplicationGroupId=sample-repl-group &Version=2015-02-02 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T192317Z &X-Amz-Credential=<credential>

API を使用してレプリカの数を増やすことについての詳細については、Amazon ElastiCache API Reference の、「IncreaseReplicaCount」を参照してください。