ノードタイプの変更によるオンライン垂直スケーリング - Redis 用 Amazon ElastiCache

ノードタイプの変更によるオンライン垂直スケーリング

Redis 用 Amazon ElastiCache バージョン 3.2.10 以降でオンラインの垂直スケーリングを使用すると、ダウンタイムなしで Redis クラスターを動的にスケーリングできます。これにより、Redis クラスターはスケーリング中であってもリクエストを処理できます。

以下の操作を行うことができます。

  • スケールアップ – より大きいノードタイプを使用するように Redis クラスターのノードタイプを調整することで、読み取りおよび書き込み容量を増やします。

    ElastiCache は、オンラインのままリクエストを処理しながら、クラスターのサイズを動的に変更します。

  • スケールダウン – より小さいノードを使用するようにノードタイプを調整することで、読み取りおよび書き込み容量を減らします。同様に、ElastiCache は、オンラインのままリクエストを処理しながら、クラスターのサイズを動的に変更します。この場合、ノードのサイズを小さくすることでコストを削減します。

注記

スケールアップおよびスケールダウンプロセスは、新しく選択されたノードタイプでクラスターを作成し、新しいノードを以前のノードと同期させることに依存します。スケールアップ/ダウンフローをスムーズにするには、以下の手順を実行します。

  • 十分な ENI (Elastic Network Interface) 容量があることを確認します。スケールダウンの場合は、ノードを小さくすることで予想されるトラフィックを吸収するのに十分なメモリがあることを確認します。

    メモリ管理のベストプラクティスについては、「予約メモリの管理」を参照してください。

  • 垂直スケーリングプロセスは、完全にオンラインのままになるように設計されており、古いノードと新しいノードとの間でデータを同期させることに依存します。データトラフィックが最小になると予想される時間帯にスケールアップ/ダウンを開始することをお勧めします。

  • 可能であれば、ステージング環境でのスケーリング中にアプリケーションの動作をテストします。