Amazon Aurora
Aurora のユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

Amazon Aurora MySQL ラボモード

Aurora ラボモードは、現在の Aurora データベースバージョンで使用できるが、デフォルトでは有効でない Aurora 機能を有効にするために使用されます。本番稼働用 DB クラスターに Aurora ラボモード機能を使用することは推奨されませんが、Aurora ラボモードを使用して開発環境とテスト環境の DB クラスターに対してこれらの機能を有効にすることができます。Aurora ラボモードが有効なときに利用できる Aurora 機能の詳細については、「Aurora ラボ モードの機能」を参照してください。

aurora_lab_mode パラメーターはインスタンスレベルのパラメーターであり、デフォルトのクラスターパラメーターグループにあります。デフォルトパラメータグループでは、パラメータは 0 (無効) に設定されます。Aurora ラボモードを有効にするには、カスタムパラメータグループを作成して、aurora_lab_mode パラメータをカスタムパラメータグループの 1 (有効) に設定し、カスタムパラメータグループを使用するように、プライマリインスタンスまたは Aurora レプリカを変更します。DB パラメータグループの変更については、「DB パラメータグループのパラメータの変更」を参照してください。パラメータグループおよび Amazon Aurora の詳細については、「Amazon Aurora MySQL のパラメータ」を参照してください。

Aurora ラボ モードの機能

次の表は、Aurora ラボモードが有効なときに現時点で利用できる Aurora 機能の一覧です。これらの機能を使用する前に、Aurora ラボモードを有効にする必要があります。Aurora ラボモードの詳細については、「Amazon Aurora MySQL ラボモード」を参照してください。

機能 説明

スキャンバッチ処理

Aurora MySQL のスキャンバッチ処理により、インメモリ、スキャン指向のクエリが大幅に高速になります。この機能を使用すると、バッチ処理によりテーブルフルスキャン、インデックスフルスキャン、インデックス範囲スキャンのパフォーマンスが向上します。

ハッシュ結合

等価結合を使用して大量のデータを結合する必要がある場合は、この機能によりクエリのパフォーマンスが向上することがあります。この機能の使用方法については、「Aurora MySQL でのハッシュ結合の使用」を参照してください。

高速 DDL

この機能では、ALTER TABLE tbl_name ADD COLUMN col_name column_definition オペレーションをほぼ即時に実行できます。このオペレーションでは、テーブルをコピーする必要はありません。他の DML ステートメントに実質的な影響を及ぼすこともありません。テーブルのコピーに一時ストレージを使用しないため、スモールインスタンスタイプの大きなテーブルに対しても、DDL ステートメントが現実的になります。高速 DDL は現在、デフォルトの値を持たない、null が許容される列を、表の末尾に追加する際にのみ使用できます。この機能の使用方法については、「高速 DDL を使用して Amazon Aurora でテーブルを変更する」を参照してください。

ホット行の競合

この機能により、同じページの列で多くのトランザクションが競合しているワークロードのスループットが大幅に向上します。この向上には、Aurora で使用されるロック解除アルゴリズムの変更も含まれます。

このページの内容: