Amazon Aurora PostgreSQL 個のパラメータ - Amazon Aurora

Amazon Aurora PostgreSQL 個のパラメータ

Amazon Aurora DB クラスターの管理は、Amazon RDS DB インスタンスの場合と同じように、DB パラメータグループのパラメータを使用して行います。ただし、Amazon Aurora は、Aurora DB クラスターに複数の DB インスタンスがあるという点で Amazon RDS とは異なります。次のように、Amazon Aurora DB クラスターの管理に使用するパラメータの中には、クラスター全体に適用されるパラメータと、DB クラスター内の一部の DB インスタンスのみに適用されるパラメータがあります。

  • DB クラスターのパラメータグループ – DB クラスターパラメータグループには、Aurora DB クラスター全体に適用される一連のエンジン設定パラメータが含まれます。例えば、クラスターキャッシュ管理は、DB クラスターパラメータグループに含まれる apg_ccm_enabled パラメータで制御される Aurora DB クラスターの機能です。DB クラスターパラメータグループには、クラスターを構成する DB インスタンスの DB パラメータグループのデフォルト設定も含まれています。

  • DB パラメータグループ – DB パラメータグループは、そのエンジンタイプの特定の DB インスタンスに適用されるエンジン設定値のセットです。PostgreSQL DB エンジンの DB パラメータグループは、RDS for PostgreSQL DB インスタンスと Aurora PostgreSQL DB クラスターによって使用されます。これらの構成設定が適用されるプロパティ (メモリバッファのサイズなど) は、Aurora クラスター内の DB インスタンス間で異なる場合があります。

DB クラスター パラメータグループでクラスターレベルのパラメータを管理しています。インスタンスレベルのパラメータは、DB パラメータグループで管理されます。パラメータは、Amazon RDS コンソール、AWS CLI、または Amazon RDS API を使用して管理できます。クラスターレベルのパラメータとインスタンスレベルのパラメータでは、管理のためのコマンドが別です。

  • DB クラスターパラメータグループのクラスターレベルのパラメータを管理するには、AWS CLI の modify-db-cluster-parameter-group コマンドを使用します。

  • DB クラスター内の DB インスタンスに対する DB パラメータグループのインスタンスレベルのパラメータを管理するには、AWS CLI の modify-db-parameter-group コマンドを使用します。

AWS CLI の詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」の「AWS CLI の使用」を参照してください。

パラメータグループの詳細については、「パラメータグループを使用する」を参照してください。

Aurora PostgreSQL DB クラスターパラメータと DB パラメータの表示

RDS for PostgreSQL DB インスタンスおよび Aurora PostgreSQL DB クラスターで使用可能なすべてのデフォルトパラメータグループを AWS Management Console で表示できます。すべての DB エンジンおよび DB クラスターのタイプとバージョンのデフォルトのパラメータグループが、各 AWS リージョンについて一覧表示されます。カスタムパラメータグループも一覧表示されます。

AWS Management Console で表示するのではなく、DB クラスターパラメータグループと DB パラメータグループに含まれるパラメータを、AWS CLI または Amazon RDS API で一覧表示することもできます。例えば、DB クラスターパラメータグループのパラメータを表示するには、次のように、AWS CLI の describe-db-cluster-parameters コマンドを使用します。

aws rds describe-db-cluster-parameters --db-cluster-parameter-group-name default.aurora-postgresql12

このコマンドは、各パラメータの詳細な JSON 記述を返します。返される情報の量を減らすには、--query オプションを使用して必要な情報を指定します。例えば、デフォルトの Aurora PostgreSQL 12 DB クラスターパラメータグループのパラメータ名、その説明、および取り得る値を次のように取得できます。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds describe-db-cluster-parameters --db-cluster-parameter-group-name default.aurora-postgresql12 \ --query 'Parameters[].[{ParameterName:ParameterName,Description:Description,ApplyType:ApplyType,AllowedValues:AllowedValues}]'

Windows の場合:

aws rds describe-db-cluster-parameters --db-cluster-parameter-group-name default.aurora-postgresql12 ^ --query "Parameters[].[{ParameterName:ParameterName,Description:Description,ApplyType:ApplyType,AllowedValues:AllowedValues}]"

Aurora DB クラスターパラメータグループには、特定の Aurora DB エンジンの DB インスタンスパラメータグループとデフォルト値が含まれます。DB パラメータのリストは、同じデフォルトの Aurora PostgreSQL のデフォルトパラメータグループから、AWS CLI コマンドの describe-db-parameters を使用して次のように取得できます。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds describe-db-parameters --db-parameter-group-name default.aurora-postgresql12 \ --query 'Parameters[].[{ParameterName:ParameterName,Description:Description,ApplyType:ApplyType,AllowedValues:AllowedValues}]'

Windows の場合:

aws rds describe-db-parameters --db-parameter-group-name default.aurora-postgresql12 ^ --query "Parameters[].[{ParameterName:ParameterName,Description:Description,ApplyType:ApplyType,AllowedValues:AllowedValues}]"

前述のコマンドは、DB クラスターまたは DB パラメータグループからのパラメータのリストと、クエリで指定された説明やその他の詳細を返します。以下に、応答の例を示します。

[ [ { "ParameterName": "apg_enable_batch_mode_function_execution", "ApplyType": "dynamic", "Description": "Enables batch-mode functions to process sets of rows at a time.", "AllowedValues": "0,1" } ], [ { "ParameterName": "apg_enable_correlated_any_transform", "ApplyType": "dynamic", "Description": "Enables the planner to transform correlated ANY Sublink (IN/NOT IN subquery) to JOIN when possible.", "AllowedValues": "0,1" } ],...

Aurora PostgreSQL バージョン 13 のデフォルトの DB クラスターパラメータと DB パラメータの値を含む表を次に示します。

Aurora PostgreSQL クラスターレベルのパラメータ

次の表に、Aurora PostgreSQL バージョン 13 のデフォルトの DB クラスターパラメータグループで使用可能なパラメータをいくつか示します。独自のカスタム DB パラメータグループを指定せずに Aurora PostgreSQL DB クラスターを作成すると、DB クラスターは、選択したバージョンのデフォルトの Aurora DB クラスターパラメータグループ (default.aurora-postresql13default.aurora-postgresql12 など) を使用して作成されます。

注記

次の表のすべてのパラメータは、説明に特に記載がない限り、動的です。

同じデフォルトの Aurora パラメータグループの DB インスタンスパラメータのリストについては、「Aurora PostgreSQL インスタンスレベルのパラメータ」を参照してください。

パラメータ名

説明

ansi_constraint_trigger_ordering

制約トリガーの起動順序を ANSI SQL スタンダードと互換性があるように変更します。

ansi_force_foreign_key_checks

カスケード削除やカスケード更新などの参照アクションは、アクションに存在するさまざまなトリガーコンテキストに関係なく、常に実行されるようにします。

ansi_qualified_update_set_target

UPDATE ... SET ステートメントでテーブルとスキーマ修飾子をサポートします。

apg_ccm_enabled

クラスターのクラスターキャッシュ管理を有効または無効にします。

apg_enable_batch_mode_function_execution

バッチモード関数が一度に一連の行を処理できるようにします。

apg_enable_correlated_any_transform

プランナーが、可能な場合、相関関係のある ANY Sublink (IN/NOT IN サブクエリ) を JOIN に変換できるようにします。

apg_enable_function_migration

プランナーが対象となるスカラー関数を FROM 句に移行できるようにします。

apg_enable_not_in_transform

可能であれば、プランナーが NOT IN サブクエリを ANTI JOIN に変換できるようにします。

apg_enable_remove_redundant_inner_joins

プランナーが冗長な内部結合を削除できるようにします。

apg_enable_semijoin_push_down

ハッシュ結合のセミジョインフィルタの使用を有効にします。

apg_plan_mgmt.capture_plan_baselines

計画取得のベースラインモード。manual - すべての SQL ステートメントに対して計画取得を有効にします。off - 計画取得を無効にします。automatic - 対象となる基準を満たす pg_stat_statements 内のステートメントに対して計画取得を有効にします。

apg_plan_mgmt.max_databases

静的。apg_plan_mgmt を使用してクエリを管理できるデータベースの最大数を設定します。

apg_plan_mgmt.max_plans

静的。apg_plan_mgmt によってキャッシュされることができる計画の最大数を設定します。

apg_plan_mgmt.plan_retention_period

静的。計画が最後に使用された last_used の日付から、計画が自動的に削除されるまでの最大日数。

apg_plan_mgmt.unapproved_plan_execution_threshold

コスト基準。未承認計画は、見積総コストがこの額未満の場合、実行されます。

apg_plan_mgmt.use_plan_baselines

管理ステートメントに、承認済み計画または決定済み計画のみを使用します。

array_nulls

配列への NULL 要素の入力を有効にします。

authentication_timeout

(s) クライアント認証が完了するまでに許容される最大時間を設定します。

auto_explain.log_analyze

計画のログ記録に EXPLAIN ANALYZE を使用します。

auto_explain.log_buffers

バッファの使用状況をログに記録します。

auto_explain.log_format

計画のログ記録に使用する EXPLAIN 形式。

auto_explain.log_min_duration

最小実行時間を設定します。この値を超えると計画がログに記録されます。

auto_explain.log_nested_statements

ネストされたステートメントをログに記録します。

auto_explain.log_timing

行数だけでなく、タイミングデータを収集します。

auto_explain.log_triggers

トリガー統計を計画に含めます。

auto_explain.log_verbose

計画のログ記録に EXPLAIN VERBOSE を使用します。

auto_explain.sample_rate

処理するクエリの割合。

autovacuum

autovacuum サブプロセスを起動します。

autovacuum_analyze_scale_factor

分析する前のタプルの挿入、更新、削除の数 (reltuples の割合として指定)。

autovacuum_analyze_threshold

分析する前のタプルの挿入、更新、削除の最小数。

autovacuum_freeze_max_age

静的。トランザクション ID の循環を防ぐためにテーブルに対して autovacuum を実行する期間。

autovacuum_max_workers

静的。同時に実行される autovacuum ワーカープロセスの最大数を設定します。

autovacuum_multixact_freeze_max_age

静的。multixact の循環を防ぐためにテーブルに対して autovacuum を実行する multixact 期間。

autovacuum_naptime

(s) autovacuum の実行の間でスリープ状態になっている時間。

autovacuum_vacuum_cost_delay

(ms) autovacuum でのバキューム処理のコスト遅延 (ミリ秒単位)。

autovacuum_vacuum_cost_limit

autovacuum でバキューム処理を停止する制限値となるバキューム処理のコスト

autovacuum_vacuum_insert_scale_factor

バキューム処理をする前のタプルの挿入の数 (reltuples の割合として指定)。

autovacuum_vacuum_insert_threshold

バキューム処理をする前のタプル挿入の最小数。-1 を指定するとバキュームの挿入が無効になります。

autovacuum_vacuum_scale_factor

バキューム処理をする前のタプルの更新または削除の数 (reltuples の割合として指定)。

autovacuum_vacuum_threshold

バキューム処理をする前のタプルの更新また削除の最小数。

autovacuum_work_mem

(kB) 各 autovacuum ワーカープロセスで使用するメモリの最大量を設定します。

babelfishpg_tsql.default_locale

静的。CREATE COLLATION によって作成された照合に使用されるデフォルトのロケール。

babelfishpg_tds.port

静的。サーバーがリッスンする TDS TCP ポートを設定します。

babelfishpg_tds.tds_debug_log_level

TDS でのログ記録レベルを設定します。0 を指定するとログ記録が無効になります。

babelfishpg_tds.tds_default_numeric_precision

エンジンが精度を指定していない場合に TDS 列のメタデータで送信される数値型のデフォルト精度を設定します。

babelfishpg_tds.tds_default_numeric_scale

エンジンがスケールを指定していない場合に TDS 列のメタデータで送信される数値型のデフォルトスケールを設定します。

babelfishpg_tds.tds_default_packet_size

すべての SQL Server クライアントを接続するためのデフォルトのパケットサイズを設定します。

babelfishpg_tds.tds_default_protocol_version

すべてのクライアントを接続するためのデフォルトの TDS プロトコルバージョンを設定します。

babelfishpg_tds.tds_ssl_encrypt

SSL 暗号化オプションを設定します。

babelfishpg_tds.tds_ssl_max_protocol_version

tds セッションに使用する最大の SSL/TLS プロトコルバージョンを設定します。

babelfishpg_tds.tds_ssl_min_protocol_version

tds セッションに使用する最小の SSL/TLS プロトコルバージョンを設定します。

babelfishpg_tsql.migration_mode

静的。複数のユーザーデータベースがサポートされるかどうかを定義します。

backend_flush_after

(8Kb) 以前に実行された書き込みがディスクにフラッシュされるまでのページ数。

backslash_quote

文字列リテラルで \\ を許可するかどうかを指定します。

bytea_output

バイトの出力形式を設定します。

check_function_bodies

CREATE FUNCTION の実行中に関数の本体をチェックします。

client_min_messages

クライアントへ送信されるメッセージレベルを設定します。

constraint_exclusion

クエリを最適化するために、プランナーが制約を使用できるようにします。

cpu_index_tuple_cost

インデックススキャンの実行中に各インデックスエントリを処理する際にかかるコストに対するプランナーの見積もりを設定します。

cpu_operator_cost

演算子や関数呼び出しのそれぞれを処理する際にかかるコストに対するプランナーの見積もりを設定します。

cpu_tuple_cost

各タプル (行) の処理にかかるコストに対するプランナーの見積もりを設定します。

cron.log_run

静的。実行されたすべてのジョブを job_run_details テーブルにログとして記録します。

cron.log_statement

静的。実行前のすべての cron ステートメントをログ記録します。

cron.max_running_jobs

静的。同時に実行できるジョブの最大数。

cursor_tuple_fraction

取得されるカーソル行の割合に対するプランナーの見積もりを設定します。

db_user_namespace

データベースごとのユーザー名を有効にします。

deadlock_timeout

(ms) デッドロックをチェックするまでロックを待機する時間を設定します。

debug_pretty_print

分析ツリーや計画ツリーの表示をインデントして見やすくします。

debug_print_parse

各クエリの分析ツリーをログに記録します。

debug_print_plan

各クエリの実行計画をログに記録します。

debug_print_rewritten

各クエリの書き直された分析ツリーをログに記録します。

default_statistics_target

デフォルトの統計情報の対象を設定します。

default_transaction_deferrable

新しいトランザクションのデフォルトの遅延ステータスを設定します。

default_transaction_isolation

新しい各トランザクションのトランザクション分離レベルを設定します。

default_transaction_read_only

新しいトランザクションのデフォルトの読み取り専用ステータスを設定します。

effective_cache_size

(8kB) ディスクキャッシュのサイズに関するプランナーの予測を設定します。

effective_io_concurrency

ディスクサブシステムで効率的に処理できる同時リクエストの数。

enable_bitmapscan

プランナーがビットマップスキャン計画を使用できるようにします。

enable_gathermerge

プランナーがマージ収集計画を使用できるようにします。

enable_hashagg

プランナーがハッシュされた集計計画を使用できるようにします。

enable_hashjoin

プランナーがハッシュ結合計画を使用できるようにします。

enable_incremental_sort

プランナーが増分ソートステップを使用できるようにします。

enable_indexonlyscan

プランナーがインデックスのみのスキャン計画を使用できるようにします。

enable_indexscan

プランナーがインデックススキャン計画を使用できるようにします。

enable_material

プランナーがマテリアル化を使用できるようにします。

enable_mergejoin

プランナーがマージ結合計画を使用できるようにします。

enable_nestloop

プランナーがネステッドループ結合計画を使用できるようにします。

enable_parallel_append

プランナーが並列追加計画を使用できるようにします。

enable_parallel_hash

プランナーが並列ハッシュ計画を使用できるようにします。

enable_partition_pruning

計画時および実行時のパーティションプルーニングを有効にします。

enable_partitionwise_aggregate

パーティション単位の集計とグループ化を有効にします。

enable_partitionwise_join

パーティション単位の結合を有効にします。

enable_seqscan

プランナーがシーケンシャルスキャン計画を使用できるようにします。

enable_sort

プランナーが明示的なソートステップを使用できるようにします。

enable_tidscan

プランナーが TID スキャン計画を使用できるようにします。

escape_string_warning

通常の文字列リテラルにバックスラッシュのエスケープ文字が含まれている場合に警告を出します。

exit_on_error

エラーがあればセッションを終了します。

extra_float_digits

浮動小数点値の表示桁数を設定します。

force_parallel_mode

並列クエリ機能の使用を強制します。

from_collapse_limit

FROM リストのサイズを設定します。この値を超えるとサブクエリが折りたたまれなくなります。

geqo

遺伝的クエリ最適化を有効にします。

geqo_effort

GEQO: 他の GEQO パラメータのデフォルト値を設定するために使用されます。

geqo_generations

GEQO: アルゴリズムの反復の数。

geqo_pool_size

GEQO: 母集団内の個体の数。

geqo_seed

GEQO: 無作為のパスを選択するための初期値。

geqo_selection_bias

GEQO: 母集団内の選択圧。

geqo_threshold

FROM 項目のしきい値を設定します。この値を超えると GEQO が使用されます。

gin_fuzzy_search_limit

GIN による完全一致検索で許可される結果の最大数を設定します。

gin_pending_list_limit

(kB) GIN インデックスの保留リストの最大サイズを設定します。

hash_mem_multiplier

ハッシュテーブルに使用する work_mem の乗数。

hot_standby_feedback

ホットスタンバイからプライマリへのフィードバックを許可し、クエリの競合を回避します。

huge_pages

静的。Linux での巨大ページの使用。

idle_in_transaction_session_timeout

(ms) アイドリングトランザクションに許容される最大実行時間を設定します。

intervalstyle

間隔値の表示形式を設定します。

join_collapse_limit

FROM リストのサイズを設定します。この値を超えると JOIN 構造が平坦化されなくなります。

lo_compat_privileges

ラージオブジェクトの権限チェックの下位互換モードを有効にします。

log_autovacuum_min_duration

(ms) autovacuum に関する最小実行時間を設定します。この値を超えると autovacuum アクションがログに記録されます。

log_connections

成功した各接続をログに記録します。

log_destination

サーバーログの出力先を設定します。

log_disconnections

セッションの終了をログに記録します (セッションの実行時間も含まれます)。

log_duration

完了した各 SQL ステートメントの期間をログに記録します。

log_error_verbosity

ログに記録されるメッセージの詳細を設定します。

log_executor_stats

実行プログラムのパフォーマンスの統計情報をサーバーログに書き込みます。

log_filename

ログファイルのファイル名のパターンを設定します。

log_hostname

接続ログにホスト名を記録します。

log_lock_waits

長期間にわたるロックの待機をログに記録します。

log_min_duration_sample

(ms) ステートメントのサンプリングに関する最小実行時間を設定します。この値を超えるとステートメントがサンプリングされてログに記録されます。サンプリングは log_statement_sample_rate によって決定されます。

log_min_duration_statement

(ms) ステートメントに関する最小実行時間を設定します。この値を超えるとステートメントがログに記録されます。

log_min_error_statement

設定したレベル以上のエラーが発生したすべてのステートメントをログに記録します。

log_min_messages

ログに記録するメッセージレベルを設定します。

log_parameter_max_length

(B) ステートメントをログに記録する際に、ログに記録されるパラメータ値を最初の N バイトに制限します。

log_parameter_max_length_on_error

(B) エラーを報告する際に、ログに記録されるパラメータ値を最初の N バイトに制限します。

log_parser_stats

分析のパフォーマンスの統計情報をサーバーログに書き込みます。

log_planner_stats

プランナーのパフォーマンスの統計情報をサーバーログに書き込みます。

log_replication_commands

各レプリケーションコマンドをログに記録します。

log_rotation_age

(min) N 分が経過するとログファイルのローテーションが自動的に発生します。

log_rotation_size

(kB) N キロバイトを超えるとログファイルのローテーションが自動的に発生します。

log_statement

ログに記録するステートメントのタイプを設定します。

log_statement_sample_rate

ログに記録される log_min_duration_sample を超えるステートメントの割合。

log_statement_stats

累積処理のパフォーマンスの統計情報をサーバーログに書き込みます。

log_temp_files

(kB) 指定したサイズ (キロバイト) を超えるテンポラリファイルの使用をログに記録します。

log_transaction_sample_rate

新しいトランザクションに対してログに記録するトランザクションの割合を設定します。

log_truncate_on_rotation

ログローテーション中に同じ名前の既存のログファイルを切り捨てます。

logging_collector

静的。サブプロセスを開始して、stderr 出力や csvlogs をログファイルにキャプチャします。

logical_decoding_work_mem

(kB) この量のメモリは、ディスクに書き込むことなく、各内部リオーダバッファで使用できます。

maintenance_io_concurrency

メンテナンス作業に使用される effective_io_concurrency のバリアント。

maintenance_work_mem

(kB) メンテナンスオペレーションに使用するメモリの最大量を設定します。

max_connections

静的。同時接続の最大数を設定します。

max_files_per_process

静的。各サーバープロセスで同時に開くことができるファイルの最大数を設定します。

max_locks_per_transaction

静的。トランザクションあたりのロックの最大数を設定します。

max_logical_replication_workers

静的。論理レプリケーションワーカープロセスの最大数。

max_parallel_maintenance_workers

メンテナンスオペレーションあたりの並列プロセスの最大数を設定します。

max_parallel_workers

一度にアクティブにできる並列ワーカーの最大数を設定します。

max_parallel_workers_per_gather

エグゼキュターノードあたりの並列プロセスの最大数を設定します。

max_pred_locks_per_page

ページあたりの述語ロックタプルの最大数を設定します。

max_pred_locks_per_relation

リレーションあたりの述語ロックページとタプルの最大数を設定します。

max_pred_locks_per_transaction

静的。トランザクションあたりの述語ロックの最大数を設定します。

max_prepared_transactions

静的。同時に準備できるトランザクションの最大数を設定します。

max_replication_slots

静的。サーバーがサポートできるレプリケーションスロットの最大数を設定します。

max_slot_wal_keep_size

(MB) ディスク上の WAL がこの量のスペースを占有している場合、レプリケーションスロットは障害があるとマークされ、セグメントは削除またはリサイクルのために解放されます。

max_stack_depth

(kB) スタックの深度の最大値をキロバイト単位で設定します。

max_standby_streaming_delay

(ms) ホットスタンバイサーバーがストリーミングされた WAL データを処理しているときにクエリをキャンセルするまでの最大遅延を設定します。

max_sync_workers_per_subscription

サブスクリプションあたりの同期ワーカーの最大数

max_wal_senders

静的。同時に実行される WAL 送信者プロセスの最大数を設定します。

max_worker_processes

静的。同時ワーカープロセスの最大数を設定します。

min_parallel_index_scan_size

(8kB) パラレルスキャンのインデックスデータの最小量を設定します。

min_parallel_table_scan_size

(8kB) パラレルスキャンのテーブルデータの最小量を設定します。

old_snapshot_threshold

静的。(min) スナップショットが古すぎるためにスナップショットが取得された後に変更されたページ読み取ることができないと判定されるまでの時間。

operator_precedence_warning

PostgreSQL 9.4 以降の意味が変更されたコンストラクトに対して警告を発出します。

parallel_leader_participation

Gather と Gather Merge もサブプランを実行するかどうかをコントロールします。

parallel_setup_cost

並列クエリのワーカープロセスを起動するコストのプランナーの見積もりを設定します。

parallel_tuple_cost

ワーカーからマスターバックエンドへの各タプル (行) を渡すのにかかるコストのプランナーの見積もりを設定します。

password_encryption

パスワードを暗号化します。

pg_bigm.enable_recheck

これは、フルテキスト検索の内部プロセスである Recheck を実行するかどうかを指定します。

pg_bigm.gin_key_limit

これは、フルテキスト検索に使用される検索キーワードの 2-gram の最大数を指定します。

pg_hint_plan.debug_print

ヒント解析の結果をログに記録します。

pg_hint_plan.enable_hint

プランナーが、クエリの前のヒントコメントで指定された計画を使用するようにします。

pg_hint_plan.enable_hint_table

プランナーが、テーブルルックアップを使用してヒントを取得しないようにします。

pg_hint_plan.message_level

デバッグメッセージのメッセージレベル。

pg_hint_plan.parse_messages

解析エラーのメッセージレベル。

pg_prewarm.autoprewarm

自動プレウォームワーカーを開始します。

pg_prewarm.autoprewarm_interval

共有バッファのダンプ間隔を設定します。

pg_stat_statements.max

静的。pg_stat_statements によって追跡されるステートメントの最大数を設定します。

pg_stat_statements.save

pg_stat_statements 統計情報をサーバーのシャットダウン全体にわたって保存します。

pg_stat_statements.track

pg_stat_statements によって追跡されるステートメントを選択します。

pg_stat_statements.track_planning

pg_stat_statements で計画期間を追跡するかどうかを選択します。

pg_stat_statements.track_utility

pg_stat_statements によってユーティリティコマンドを追跡するかどうかを選択します。

pgaudit.log

セッション監査ログ記録によってログに記録されるステートメントのクラスを指定します。

pgaudit.log_catalog

ステートメント内のすべてのリレーションが pg_catalog 内にある場合に、セッションログ記録を有効にするように指定します。

pgaudit.log_level

ログエントリに使用されるログレベルを指定します。

pgaudit.log_parameter

ステートメントとともに渡されたパラメータを監査ログ記録に含めるように指定します。

pgaudit.log_relation

セッション監査ログ記録で、SELECT ステートメントまたは DML ステートメントで参照されるリレーション (TABLE VIEW など) ごとに個別のログエントリを作成するかどうかを指定します。

pgaudit.log_statement_once

ログ記録に、ステートメントテキストとパラメータを、ステートメントとサブステートメントの組み合わせの最初のログエントリとともに含めるか、すべてのエントリとともに含めるかを指定します。

pgaudit.role

オブジェクト監査ログ記録に使用するマスターロールを指定します。

pglogical.batch_inserts

静的。可能であれば、バッチ挿入

pglogical.conflict_log_level

解決された競合のログ記録に使用するログレベルを設定します。

pglogical.conflict_resolution

解決可能な競合の競合解決に使用されるメソッドを設定します。

pglogical.synchronous_commit

静的。pglogical 固有の同期コミット値

pglogical.use_spi

低レベル API の代わりに SPI を使用して変更を適用します

plan_cache_mode

カスタムプランまたは汎用プランのプランナーによる選択を制御します。

postgis.gdal_enabled_drivers

静的。Postgres 9.3.5 以降で PostGIS で使用される GDAL ドライバーを有効または無効にします。

quote_all_identifiers

SQL フラグメントを生成するときに、すべての識別子を引用符で囲みます。

random_page_cost

非連続的に取得されたディスクページのコストに対するプランナーの見積もりを設定します。

rdkit.do_chiral_sss

部分構造のマッチングで立体化学を考慮するかどうか。false の場合、部分構造のマッチングで立体化学情報は使用されません。

rds.adaptive_autovacuum

アダプティブ autovacuum を有効/無効にする RDS パラメータ。

rds.babelfish_status

静的。Aurora PostgreSQL の Babelfish を有効/無効にする RDS パラメータ。

rds.enable_plan_management

静的。apg_plan_mgmt エクステンションを有効または無効にします。

rds.force_admin_logging_level

カスタマーデータベースの RDS 管理者ユーザーアクションのログメッセージを参照してください。

rds.force_autovacuum_logging_level

autovacuum オペレーションに関連するログメッセージを参照してください。

rds.force_ssl

強制的に SSL 接続するようにします。

rds.global_db_rpo

(s) 違反時にユーザーコミットをブロックするリカバリポイントの目標しきい値 (秒単位)。

rds.log_retention_period

N 分より古い PostgreSQL ログは Amazon RDS で削除されます。

rds.logical_replication

静的。論理デコードを有効にします。

rds.pg_stat_ramdisk_size

静的。統計ラムディスクのサイズ (MB 単位)。ゼロ以外の値を指定すると、ラムディスクがセットアップされます。

rds.rds_superuser_reserved_connections

静的。rds_superusers 用に予約されている接続スロットの数を設定します。

rds.restrict_password_commands

静的。パスワード関連のコマンドを rds_password のメンバーに制限します

restart_after_crash

バックエンドクラッシュ後にサーバーを再初期化します。

row_security

行セキュリティを有効にします。

seq_page_cost

連続的に取得されたディスクページのコストに対するプランナーの見積もりを設定します。

session_replication_role

トリガーと再書き込みルールに対するセッション動作を設定します。

shared_buffers

(8kB) サーバーで使用される共有メモリバッファの数を設定します。

shared_preload_libraries

静的。サーバーにプリロードする共有ライブラリを一覧表示します。

update_process_title

アクティブな SQL コマンドを表示するようにプロセスのタイトルを更新します。

vacuum_cleanup_index_scale_factor

インデックスのクリーンアップを実行する前のタプルの挿入の数 (reltuples の割合として指定)。

vacuum_cost_delay

(ms) バキューム処理のコスト遅延 (ミリ秒単位)。

vacuum_cost_limit

バキューム処理を停止する制限値となるバキューム処理のコスト。

vacuum_cost_page_dirty

バキューム処理によってダーティになったページに対するバキューム処理のコスト。

vacuum_cost_page_hit

バッファキャッシュ内で検出されたページに対するバキューム処理のコスト。

vacuum_cost_page_miss

バッファキャッシュ内で検出されなかったページに対するバキューム処理のコスト。

vacuum_defer_cleanup_age

VACUUM と HOT クリーンアップが延期されるトランザクションの数 (存在する場合)。

vacuum_freeze_min_age

VACUUM でテーブルの行をフリーズするまでの最小期間。

vacuum_freeze_table_age

VACUUM でテーブル全体をスキャンしタプルをフリーズするまでの期間。

vacuum_multixact_freeze_min_age

VACUUM でテーブルの行の MultiXactId をフリーズするまでの最小期間。

vacuum_multixact_freeze_table_age

VACUUM でテーブル全体をスキャンしタプルをフリーズするまでの Multixact 期間。

wal_buffers

静的。(8kB) WAL 用の共有メモリ内のディスクページバッファの数を設定します。

wal_receiver_create_temp_slot

永続スロットが設定されていない場合に、WAL レシーバーが一時的なレプリケーションスロットを作成するかどうかを設定します。

wal_receiver_status_interval

(s) WAL レシーバステータスレポートをプライマリにするための最大時間間隔を設定します。

wal_receiver_timeout

(ms) プライマリからデータを受信するまでの最大待機時間を設定します。

wal_sender_timeout

(ms) WAL レプリケーションを待機する最大時間を設定します。

work_mem

(kB) クエリワークスペースに使用するメモリの最大量を設定します。

Aurora PostgreSQL インスタンスレベルのパラメータ

次の表は、Aurora PostgreSQL DB クラスターの特定の DB インスタンスに適用されるパラメータの一覧です。このリストは、--db-parameter-group-name の値に default.aurora-postgresql13 を指定して AWS CLI コマンドの describe-db-parameters を実行することで生成されます。

注記

次の表のすべてのパラメータは、説明に特に記載がない限り、動的です。

デフォルトの Aurora パラメータグループの DB クラスターパラメータの一覧表示については、「Aurora PostgreSQL クラスターレベルのパラメータ」を参照してください。

パラメータ名

説明

apg_enable_batch_mode_function_execution

バッチモード関数が一度に一連の行を処理できるようにします。

apg_enable_correlated_any_transform

プランナーが、可能な場合、相関関係のある ANY Sublink (IN/NOT IN サブクエリ) を JOIN に変換できるようにします。

apg_enable_function_migration

プランナーが対象となるスカラー関数を FROM 句に移行できるようにします。

apg_enable_not_in_transform

可能であれば、プランナーが NOT IN サブクエリを ANTI JOIN に変換できるようにします。

apg_enable_remove_redundant_inner_joins

プランナーが冗長な内部結合を削除できるようにします。

apg_enable_semijoin_push_down

ハッシュ結合のセミジョインフィルタの使用を有効にします。

apg_plan_mgmt.capture_plan_baselines

計画取得のベースラインモード。manual - すべての SQL ステートメントに対して計画取得を有効にします。off - 計画取得を無効にします。automatic - 対象となる基準を満たす pg_stat_statements 内のステートメントに対して計画取得を有効にします。

apg_plan_mgmt.max_databases

静的。apg_plan_mgmt を使用してクエリを管理できるデータベースの最大数を設定します。

apg_plan_mgmt.max_plans

静的。apg_plan_mgmt によってキャッシュされることができる計画の最大数を設定します。

apg_plan_mgmt.plan_retention_period

静的。計画が最後に使用された last_used の日付から、計画が自動的に削除されるまでの最大日数。

apg_plan_mgmt.unapproved_plan_execution_threshold

コスト基準。未承認計画は、見積総コストがこの額未満の場合、実行されます。

apg_plan_mgmt.use_plan_baselines

管理ステートメントに、承認済み計画または決定済み計画のみを使用します。

application_name

統計情報とログで報告されるアプリケーション名を設定します。

authentication_timeout

(s) クライアント認証が完了するまでに許容される最大時間を設定します。

auto_explain.log_analyze

計画のログ記録に EXPLAIN ANALYZE を使用します。

auto_explain.log_buffers

バッファの使用状況をログに記録します。

auto_explain.log_format

計画のログ記録に使用する EXPLAIN 形式。

auto_explain.log_min_duration

最小実行時間を設定します。この値を超えると計画がログに記録されます。

auto_explain.log_nested_statements

ネストされたステートメントをログに記録します。

auto_explain.log_timing

行数だけでなく、タイミングデータを収集します。

auto_explain.log_triggers

トリガー統計を計画に含めます。

auto_explain.log_verbose

計画のログ記録に EXPLAIN VERBOSE を使用します。

auto_explain.sample_rate

処理するクエリの割合。

babelfishpg_tds.listen_addresses

静的。TDS をリッスンするためのホスト名または IP アドレスを設定します。

babelfishpg_tds.tds_debug_log_level

TDS でのログ記録レベルを設定します。0 にするとログ記録は無効になります。

backend_flush_after

(8Kb) 以前に実行された書き込みがディスクにフラッシュされるまでのページ数。

bytea_output

バイトの出力形式を設定します。

check_function_bodies

CREATE FUNCTION の実行中に関数の本体をチェックします。

client_min_messages

クライアントへ送信されるメッセージレベルを設定します。

config_file

静的。サーバーのメイン設定ファイルを設定します。

constraint_exclusion

クエリを最適化するために、プランナーが制約を使用できるようにします。

cpu_index_tuple_cost

インデックススキャンの実行中に各インデックスエントリを処理する際にかかるコストに対するプランナーの見積もりを設定します。

cpu_operator_cost

演算子や関数呼び出しのそれぞれを処理する際にかかるコストに対するプランナーの見積もりを設定します。

cpu_tuple_cost

各タプル (行) の処理にかかるコストに対するプランナーの見積もりを設定します。

cron.database_name

静的。pg_cron メタデータテーブルを保存するようにデータベースを設定します

cron.log_run

静的。実行されたすべてのジョブを job_run_details テーブルにログとして記録します。

cron.log_statement

静的。実行前のすべての cron ステートメントをログ記録します。

cron.max_running_jobs

静的。同時に実行できるジョブの最大数。

cron.use_background_workers

静的。pg_cron のバックグラウンドワーカーを有効にします。

cursor_tuple_fraction

取得されるカーソル行の割合に対するプランナーの見積もりを設定します。

db_user_namespace

データベースごとのユーザー名を有効にします。

deadlock_timeout

(ms) デッドロックをチェックするまでロックを待機する時間を設定します。

debug_pretty_print

分析ツリーや計画ツリーの表示をインデントして見やすくします。

debug_print_parse

各クエリの分析ツリーをログに記録します。

debug_print_plan

各クエリの実行計画をログに記録します。

debug_print_rewritten

各クエリの書き直された分析ツリーをログに記録します。

default_statistics_target

デフォルトの統計情報の対象を設定します。

default_transaction_deferrable

新しいトランザクションのデフォルトの遅延ステータスを設定します。

default_transaction_isolation

新しい各トランザクションのトランザクション分離レベルを設定します。

default_transaction_read_only

新しいトランザクションのデフォルトの読み取り専用ステータスを設定します。

effective_cache_size

(8kB) ディスクキャッシュのサイズに関するプランナーの予測を設定します。

effective_io_concurrency

ディスクサブシステムで効率的に処理できる同時リクエストの数。

enable_bitmapscan

プランナーがビットマップスキャン計画を使用できるようにします。

enable_gathermerge

プランナーがマージ収集計画を使用できるようにします。

enable_hashagg

プランナーがハッシュされた集計計画を使用できるようにします。

enable_hashjoin

プランナーがハッシュ結合計画を使用できるようにします。

enable_incremental_sort

プランナーが増分ソートステップを使用できるようにします。

enable_indexonlyscan

プランナーがインデックスのみのスキャン計画を使用できるようにします。

enable_indexscan

プランナーがインデックススキャン計画を使用できるようにします。

enable_material

プランナーがマテリアル化を使用できるようにします。

enable_mergejoin

プランナーがマージ結合計画を使用できるようにします。

enable_nestloop

プランナーがネステッドループ結合計画を使用できるようにします。

enable_parallel_append

プランナーが並列追加計画を使用できるようにします。

enable_parallel_hash

プランナーが並列ハッシュ計画を使用できるようにします。

enable_partition_pruning

計画時および実行時のパーティションプルーニングを有効にします。

enable_partitionwise_aggregate

パーティション単位の集計とグループ化を有効にします。

enable_partitionwise_join

パーティション単位の結合を有効にします。

enable_seqscan

プランナーがシーケンシャルスキャン計画を使用できるようにします。

enable_sort

プランナーが明示的なソートステップを使用できるようにします。

enable_tidscan

プランナーが TID スキャン計画を使用できるようにします。

escape_string_warning

通常の文字列リテラルにバックスラッシュのエスケープ文字が含まれている場合に警告を出します。

exit_on_error

エラーがあればセッションを終了します。

force_parallel_mode

並列クエリ機能の使用を強制します。

from_collapse_limit

FROM リストのサイズを設定します。この値を超えるとサブクエリが折りたたまれなくなります。

geqo

遺伝的クエリ最適化を有効にします。

geqo_effort

GEQO: 他の GEQO パラメータのデフォルト値を設定するために使用されます。

geqo_generations

GEQO: アルゴリズムの反復の数。

geqo_pool_size

GEQO: 母集団内の個体の数。

geqo_seed

GEQO: 無作為のパスを選択するための初期値。

geqo_selection_bias

GEQO: 母集団内の選択圧。

geqo_threshold

FROM 項目のしきい値を設定します。この値を超えると GEQO が使用されます。

gin_fuzzy_search_limit

GIN による完全一致検索で許可される結果の最大数を設定します。

gin_pending_list_limit

(kB) GIN インデックスの保留リストの最大サイズを設定します。

hash_mem_multiplier

ハッシュテーブルに使用する work_mem の乗数。

hba_file

静的。サーバーの hba 設定ファイルを設定します。

hot_standby_feedback

ホットスタンバイからプライマリへのフィードバックを許可し、クエリの競合を回避します。

ident_file

静的。サーバー ID 設定ファイルを設定します。

idle_in_transaction_session_timeout

(ms) アイドリングトランザクションに許容される最大実行時間を設定します。

join_collapse_limit

FROM リストのサイズを設定します。この値を超えると JOIN 構造が平坦化されなくなります。

lc_messages

メッセージを表示する言語を設定します。

listen_addresses

静的。リッスンするホスト名または IP アドレスを設定します。

lo_compat_privileges

ラージオブジェクトの権限チェックの下位互換モードを有効にします。

log_connections

成功した各接続をログに記録します。

log_destination

サーバーログの出力先を設定します。

log_directory

ログファイルの保存先ディレクトリを設定します。

log_disconnections

セッションの終了をログに記録します (セッションの有効期間も含まれます)。

log_duration

完了した各 SQL ステートメントの期間をログに記録します。

log_error_verbosity

ログに記録されるメッセージの詳細を設定します。

log_executor_stats

実行プログラムのパフォーマンスの統計情報をサーバーログに書き込みます。

log_file_mode

ログファイルのファイルアクセス許可を設定します。

log_filename

ログファイルのファイル名のパターンを設定します。

logging_collector

静的。サブプロセスを開始して、stderr 出力や csvlogs をログファイルにキャプチャします。

log_hostname

接続ログにホスト名を記録します。

logical_decoding_work_mem

(kB) この量のメモリは、ディスクに書き込むことなく、各内部リオーダバッファで使用できます。

log_line_prefix

各ログ行の先頭に付ける情報を制御します。

log_lock_waits

長期間にわたるロックの待機をログに記録します。

log_min_duration_sample

(ms) ステートメントのサンプリングに関する最小実行時間を設定します。この値を超えるとステートメントがサンプリングされてログに記録されます。サンプリングは log_statement_sample_rate によって決定されます。

log_min_duration_statement

(ms) ステートメントに関する最小実行時間を設定します。この値を超えるとステートメントがログに記録されます。

log_min_error_statement

設定したレベル以上のエラーが発生したすべてのステートメントをログに記録します。

log_min_messages

ログに記録するメッセージレベルを設定します。

log_parameter_max_length

(B) ステートメントをログに記録するときに、ログに記録されるパラメータ値を最初の N バイトに制限します。

log_parameter_max_length_on_error

(B) エラーを報告するときに、ログに記録されるパラメータ値を最初の N バイトに制限します。

log_parser_stats

分析のパフォーマンスの統計情報をサーバーログに書き込みます。

log_planner_stats

プランナーのパフォーマンスの統計情報をサーバーログに書き込みます。

log_replication_commands

各レプリケーションコマンドをログに記録します。

log_rotation_age

(min) N 分が経過するとログファイルのローテーションが自動的に発生します。

log_rotation_size

(kB) N キロバイトを超えるとログファイルのローテーションが自動的に発生します。

log_statement

ログに記録するステートメントのタイプを設定します。

log_statement_sample_rate

ログに記録される log_min_duration_sample を超えるステートメントの割合。

log_statement_stats

累積処理のパフォーマンスの統計情報をサーバーログに書き込みます。

log_temp_files

(kB) 指定したサイズ (キロバイト) を超えるテンポラリファイルの使用をログに記録します。

log_timezone

ログメッセージで使用するタイムゾーンを設定します。

log_truncate_on_rotation

ログローテーション中に同じ名前の既存のログファイルを切り捨てます。

maintenance_io_concurrency

メンテナンス作業に使用される effective_io_concurrency のバリアント。

maintenance_work_mem

(kB) メンテナンスオペレーションに使用するメモリの最大量を設定します。

max_connections

静的。同時接続の最大数を設定します。

max_files_per_process

静的。各サーバープロセスで同時に開くことができるファイルの最大数を設定します。

max_locks_per_transaction

静的。トランザクションあたりのロックの最大数を設定します。

max_parallel_maintenance_workers

メンテナンスオペレーションあたりの並列プロセスの最大数を設定します。

max_parallel_workers

一度にアクティブにできる並列ワーカーの最大数を設定します。

max_parallel_workers_per_gather

エグゼキュターノードあたりの並列プロセスの最大数を設定します。

max_pred_locks_per_page

ページあたりの述語ロックタプルの最大数を設定します。

max_pred_locks_per_relation

リレーションあたりの述語ロックページとタプルの最大数を設定します。

max_pred_locks_per_transaction

静的。トランザクションあたりの述語ロックの最大数を設定します。

max_slot_wal_keep_size

(MB) ディスク上の WAL がこの量のスペースを占有している場合、レプリケーションスロットは障害があるとマークされ、セグメントは削除またはリサイクルのために解放されます。

max_stack_depth

(kB) スタックの深度の最大値をキロバイト単位で設定します。

max_standby_streaming_delay

(ms) ホットスタンバイサーバーがストリーミングされた WAL データを処理しているときにクエリをキャンセルするまでの最大遅延を設定します。

max_worker_processes

静的。同時ワーカープロセスの最大数を設定します。

min_parallel_index_scan_size

(8kB) パラレルスキャンのインデックスデータの最小量を設定します。

min_parallel_table_scan_size

(8kB) パラレルスキャンのテーブルデータの最小量を設定します。

old_snapshot_threshold

静的。(min) スナップショットが古すぎるためにスナップショットが取得された後に変更されたページ読み取ることができないと判定されるまでの時間。

operator_precedence_warning

PostgreSQL 9.4 以降の意味が変更されたコンストラクトに対して警告を発出します。

parallel_leader_participation

Gather と Gather Merge もサブプランを実行するかどうかをコントロールします。

parallel_setup_cost

並列クエリのワーカープロセスを起動するコストのプランナーの見積もりを設定します。

parallel_tuple_cost

ワーカーからマスターバックエンドへの各タプル (行) を渡すのにかかるコストのプランナーの見積もりを設定します。

pgaudit.log

セッション監査ログ記録によってログに記録されるステートメントのクラスを指定します。

pgaudit.log_catalog

ステートメント内のすべてのリレーションが pg_catalog 内にある場合に、セッションログ記録を有効にするように指定します。

pgaudit.log_level

ログエントリに使用されるログレベルを指定します。

pgaudit.log_parameter

ステートメントとともに渡されたパラメータを監査ログ記録に含めるように指定します。

pgaudit.log_relation

セッション監査ログ記録で、SELECT ステートメントまたは DML ステートメントで参照されるリレーション (TABLE、VIEW など) ごとに個別のログエントリを作成するかどうかを指定します。

pgaudit.log_statement_once

ログ記録に、ステートメントテキストとパラメータを、ステートメントとサブステートメントの組み合わせの最初のログエントリとともに含めるか、すべてのエントリとともに含めるかを指定します。

pgaudit.role

オブジェクト監査ログ記録に使用するマスターロールを指定します。

pg_bigm.enable_recheck

これは、フルテキスト検索の内部プロセスである Recheck を実行するかどうかを指定します。

pg_bigm.gin_key_limit

これは、フルテキスト検索に使用される検索キーワードの 2-gram の最大数を指定します。

pg_bigm.last_update

静的。pg_bigm モジュールの最終更新日が報告されます。

pg_bigm.similarity_limit

類似性検索で使用される最小しきい値を指定します。

pg_hint_plan.debug_print

ヒント解析の結果をログに記録します。

pg_hint_plan.enable_hint

プランナーが、クエリの前のヒントコメントで指定された計画を使用するようにします。

pg_hint_plan.enable_hint_table

プランナーが、テーブルルックアップを使用してヒントを取得しないようにします。

pg_hint_plan.message_level

デバッグメッセージのメッセージレベル。

pg_hint_plan.parse_messages

解析エラーのメッセージレベル。

pglogical.batch_inserts

静的。可能であれば、バッチ挿入

pglogical.conflict_log_level

解決された競合のログ記録に使用するログレベルを設定します。

pglogical.conflict_resolution

解決可能な競合の競合解決に使用されるメソッドを設定します。

pglogical.extra_connection_options

すべてのピアノード接続に追加する接続オプション

pglogical.synchronous_commit

静的。pglogical 固有の同期コミット値

pglogical.use_spi

静的。低レベル API の代わりに SPI を使用して変更を適用します

pg_similarity.block_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.block_threshold

ブロック類似度関数で使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.block_tokenizer

ブロック類似性関数のトークナイザを設定します。

pg_similarity.cosine_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.cosine_threshold

コサイン類似度関数で使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.cosine_tokenizer

コサイン類似度関数のトークナイザを設定します。

pg_similarity.dice_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.dice_threshold

Dice 類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.dice_tokenizer

Dice 類似度メジャーのトークナイザを設定します。

pg_similarity.euclidean_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.euclidean_threshold

ユークリッド類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.euclidean_tokenizer

ユークリッド類似度メジャーのトークナイザを設定します。

pg_similarity.hamming_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.hamming_threshold

ブロック類似度メトリクスで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.jaccard_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.jaccard_threshold

Jaccard 類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.jaccard_tokenizer

Jaccard 類似度メジャーのトークナイザを設定します。

pg_similarity.jaro_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.jaro_threshold

Jaro 類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.jarowinkler_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.jarowinkler_threshold

Jarowinkler 類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.levenshtein_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.levenshtein_threshold

Levenshtein 類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.matching_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.matching_threshold

マッチング係数の類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.matching_tokenizer

マッチング係数の類似度メジャーのトークナイザを設定します。

pg_similarity.mongeelkan_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.mongeelkan_threshold

Monge-Elkan 類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.mongeelkan_tokenizer

Monge-Elkan 類似度メジャーのトークナイザを設定します。

pg_similarity.nw_gap_penalty

Needleman-Wunsch 類似度メジャーで使用されるギャップペナルティを設定します。

pg_similarity.nw_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.nw_threshold

Needleman-Wunsch 類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.overlap_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.overlap_threshold

オーバーラップ係数の類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.overlap_tokenizer

オーバーラップ係数の類似度メジャーのトークナイザを設定します。

pg_similarity.qgram_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.qgram_threshold

q-gram 類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.qgram_tokenizer

q-gram メジャーのトークナイザを設定します。

pg_similarity.swg_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.swg_threshold

Smith-Waterman-Gotoh 類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_similarity.sw_is_normalized

結果の値が正規化されるかどうかを設定します。

pg_similarity.sw_threshold

Smith-Waterman 類似度メジャーで使用されるしきい値を設定します。

pg_stat_statements.max

pg_stat_statements によって追跡されるステートメントの最大数を設定します。

pg_stat_statements.save

pg_stat_statements 統計情報をサーバーのシャットダウン全体にわたって保存します。

pg_stat_statements.track

pg_stat_statements によって追跡されるステートメントを選択します。

pg_stat_statements.track_planning

pg_stat_statements で計画期間を追跡するかどうかを選択します。

pg_stat_statements.track_utility

pg_stat_statements によってユーティリティコマンドを追跡するかどうかを選択します。

postgis.gdal_enabled_drivers

Postgres 9.3.5 以降で PostGIS で使用される GDAL ドライバーを有効または無効にします。

quote_all_identifiers

SQL フラグメントを生成するときに、すべての識別子を引用符で囲みます。

random_page_cost

非連続的に取得されたディスクページのコストに対するプランナーの見積もりを設定します。

rds.force_admin_logging_level

カスタマーデータベースの RDS 管理者ユーザーアクションのログメッセージを参照してください。

rds.log_retention_period

N 分より古い PostgreSQL ログは Amazon RDS で削除されます。

rds.pg_stat_ramdisk_size

統計ラムディスクのサイズ (MB 単位)。ゼロ以外の値を指定すると、ラムディスクがセットアップされます。

rds.rds_superuser_reserved_connections

rds_superusers 用に予約されている接続スロットの数を設定します。

rds.superuser_variables

rds_superuser 変更ステートメントを昇格させるスーパーユーザー専用変数のリスト。

restart_after_crash

バックエンドクラッシュ後にサーバーを再初期化します。

row_security

行セキュリティを有効にします。

search_path

スキーマによって修飾されていない名前でスキーマを検索する順序を設定します。

seq_page_cost

連続的に取得されたディスクページのコストに対するプランナーの見積もりを設定します。

session_replication_role

トリガーと再書き込みルールに対するセッション動作を設定します。

shared_buffers

(8kB) サーバーで使用される共有メモリバッファの数を設定します。

shared_preload_libraries

サーバーにプリロードする共有ライブラリを一覧表示します。

ssl_ca_file

SSL サーバー権限ファイルの場所。

ssl_cert_file

SSL サーバー証明書ファイルの場所。

ssl_key_file

SSL サーバーのプライベートキーファイルの場所

standard_conforming_strings

... 文字列をリテラルのバックスラッシュとして扱います。

statement_timeout

(ms) すべてのステートメントに許可される最大実行時間を設定します。

stats_temp_directory

統計情報の一時ファイルを指定したディレクトリに書き込みます。

superuser_reserved_connections

静的。スーパーユーザー用に予約されている接続スロットの数を設定します。

synchronize_seqscans

シーケンシャルスキャンの同期を有効にします。

tcp_keepalives_count

TCP キープアライブを再送信する最大回数。

tcp_keepalives_idle

(s) TCP キープアライブを発行する時間間隔。

tcp_keepalives_interval

(s) TCP キープアライブを再送信する時間間隔。

temp_buffers

(8kB) 各セッションで使用される一時バッファの最大数を設定します。

temp_file_limit

特定の PostgreSQL プロセスが一時ファイルに使用できるディスク容量の合計をキロバイト単位で制限します。明示的な一時テーブルに使用される領域は除きます。

temp_tablespaces

一時テーブルとソートファイルで使用するテーブルスペースを設定します。

track_activities

実行中のコマンドに関する情報を収集します。

track_activity_query_size

静的。pg_stat_activity.current_query 用に予約するサイズをバイト単位で設定します。

track_counts

データベースアクティビティの統計情報を収集します。

track_functions

データベースアクティビティの関数レベルの統計情報を収集します。

track_io_timing

データベース IO アクティビティのタイミングに関する統計情報を収集します。

transform_null_equals

expr=NULL を expr IS NULL として扱います。

update_process_title

アクティブな SQL コマンドを表示するようにプロセスのタイトルを更新します。

vacuum_cleanup_index_scale_factor

インデックスのクリーンアップを実行する前のタプルの挿入の数 (reltuples の割合として指定)。

wal_receiver_status_interval

(s) WAL レシーバステータスレポートをプライマリにするための最大時間間隔を設定します。

work_mem

(kB) クエリワークスペースに使用するメモリの最大量を設定します。

xmlbinary

バイナリ値を XML にエンコードする方法を設定します。

xmloption

黙示的な分析とシリアル化オペレーションでの XML データをドキュメントとして見なすか、コンテンツのフラグメントとして見なすかを設定します。