Amazon CloudWatch Logs へのデータベースログの発行 - Amazon Aurora

Amazon CloudWatch Logs へのデータベースログの発行

DB インスタンスログの表示およびダウンロードに加え、ログを Amazon CloudWatch Logs に発行することもできます。CloudWatch Logs では、ログデータのリアルタイム分析、高い耐久性の高いを持つストレージへのデータの保存、CloudWatch Logs エージェントを使用したデータの管理を実行できます。AWS は、CloudWatch Logs に公開されたログデータを、保持期間を指定しない限り、無期限に保持します。詳細については、「CloudWatch Logs でのログデータ保管期間の変更」を参照してください。

CloudWatch ログの統合の設定

ログデータの公開を有効にする前に、AWS Identity and Access Management (IAM) にサービスにリンクされたロールがあることを確認します。サービスにリンクされたロールの詳細については、「Amazon Aurora のサービスにリンクされたロールの使用」を参照してください。

CloudWatch Logs にデータベースログファイルを発行するには、発行するログを選択します。新しい DB インスタンスを作成するとき、[Advanced Settings] セクションでこの選択を行います。また、既存の DB インスタンスを変更して発行をスタートできます。


				CloudWatch Logs の追加

発行を有効にした後、Amazon Aurora はすべての DB インスタンスログレコードをロググループに継続してストリーミングします。例えば、発行した各タイプのログについて、ロググループ /aws/rds/cluster/cluster_name/log_type があることを考えます。このロググループは、ログを生成するデータベースインスタンスと同じ AWS リージョンにあります。

ログレコードを発行した後、CloudWatch Logs を使用してレコードの検索およびフィルタリングができます。ログの検索およびフィルタリングの詳細については、「ログデータの検索およびフィルタリング」を参照してください。RDS ログをモニタリングする方法を説明するチュートリアルについては、Amazon CloudWatch Logs、AWS Lambda、および Amazon SNS を使用して Amazon RDS のプロアクティブなデータベースモニタリングを構築するを参照してください。

エンジン固有のログ情報

エンジン別の情報については、以下を参照してください。