Performance Insights ダッシュボードの概要 - Amazon Aurora

Performance Insights ダッシュボードの概要

ダッシュボードは、Performance Insights を操作する最も簡単な方法です。次に、MySQL DB インスタンスのダッシュボードの例を示します。


			コンソールを使用した DB インスタンス作成時の Performance Insights の有効化

時間範囲フィルター

デフォルトでは、Performance Insights ダッシュボードには過去 1 時間の DB ロードが表示されます。この範囲を、最短で 5 分、最長で 2 年まで調整することができます。カスタム相対範囲を選択することもできます。

開始日時と終了日時による絶対範囲を選択できます。次の例は、2022 年 4 月 11 日午前 0 時に開始し、2022 年 4 月 14 日午後 11 時 59 分に終了する時間範囲を示しています。

カウンターメトリクスグラフ

カウンターメトリクスを使用すると、Performance Insights ダッシュボードをカスタマイズして最大 10 個の追加グラフを含めることができます。これらのグラフは、数十種類のオペレーティングシステムとデータベースのパフォーマンスメトリクスの一部を示しています。この情報をデータベース負荷と関連付けることで、パフォーマンスの問題を特定して分析できます。

カウンターメトリクスグラフはパフォーマンスカウンターのデータを表示します。デフォルトのメトリクスは DB エンジンによって異なります。

  • Aurora MySQL - db.SQL.Innodb_rows_read.avg

  • Aurora PostgreSQL - db.Transactions.xact_commit.avg


			カウンターメトリクス

メトリクスの管理」 を選択して、パフォーマンスカウンターを変更します。以下のスクリーンショットに示すように、複数の OS メトリクスまたはデータベースメトリクスを選択できます。メトリクスの詳細を表示するには、メトリクス名にカーソルを合わせます。


			メトリクスのフィルタリング

各 DB エンジンで追加できるカウンターメトリクスの詳細については、「Performance Insights カウンターメトリクス」を参照してください。

データベースロードのグラフ

データベースロードは、データベースアクティビティと DB インスタンス容量の比較結果が 最大 vCPU の折れ線グラフとして表示されます。デフォルトでは、折れ線グラフは DB ロードを単位時間あたりの平均アクティブセッションで表します。DB ロードは、待機状態でスライス (グループ化) されます。


			データベース負荷

ディメンションでスライスされた DB の負荷

サポートされているディメンション別にグループ化された、アクティブなセッションとして負荷を表示するように選択できます。次の表に、各エンジンでサポートされているディメンションを示します。

ディメンション Aurora PostgreSQL Aurora MySQL

Host

はい

はい

SQL

はい

はい

ユーザー (User)

はい

はい

待機

はい

はい

アプリケーション

はい

いいえ

データベース

はい

はい

セッションタイプ

はい

いいえ

次の図に、PostgreSQL DB インスタンスのディメンションを示します。


				メトリクスのフィルタリング

ディメンション項目に関する DB ロードの詳細

ディメンション内の DB 負荷項目の詳細を表示するには、項目名にカーソルを合わせます。次の図は、SQL ステートメントの詳細を示しています。


				データベース負荷項目の詳細

凡例で選択した期間に対する項目の詳細を表示するには、その項目にカーソルを合わせます。


				DB 負荷の期間の詳細

上位のディメンションテーブル

上位ディメンションテーブルは、DB 負荷を異なる次元でスライスします。ディメンションとは、DB ロードの異なる特性についてのカテゴリまたは「スライス化」のことです。ディメンションが SQL の場合、上位の SQLは、DB ロードに最も貢献している SQL ステートメントを表示します。


			トップNディメンション

以下のディメンションタブのいずれかを選択します。

タブ 説明 サポートされているエンジン

上位の SQL

現在実行中の SQL ステートメント

すべて

上位待機

データベースバックエンドが待っているイベント

すべて

上位ホスト

接続されているクライアントのホスト名

すべて

上位ユーザー

データベースにログインしているユーザー

すべて

プロキシが接続しているデータベースユーザーの名前

上位アプリケーション

データベースに接続されたアプリケーションの名前。

Aurora PostgreSQL のみ

上位セッションタイプ

現在のセッションのタイプ

Aurora PostgreSQL のみ

上位の SQLタブを使用してクエリを分析する方法を学習するには、「上位の SQL」 タブの概要を参照してください。