Amazon Aurora
Aurora のユーザーガイド

Amazon Virtual Private Cloud VPC および Amazon Aurora

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) では、Aurora DB クラスターなどの AWS リソースを Virtual Private Cloud (VPC) で起動できます。

Amazon VPC を使用すると、仮想ネットワーク環境を管理できます。独自の IP アドレスの範囲を選択し、サブネットを作成して、ルーティングおよびアクセスコントロールリストを設定できます。Amazon VPC で DB インスタンスを実行するのに追加料金はかかりません。


			VPC プラットフォーム

EC2-VPC プラットフォームのみをサポートするアカウントには、デフォルトの VPC があります。新しいすべての DB インスタンスは、特に指定がない限り、デフォルトの VPC 内に作成されます。 Amazon Aurora を初めてご利用になる場合、以前に DB インスタンスを作成したことがない場合、または以前に使用したことがない AWS リージョンに DB インスタンスを作成する場合、使用するプラットフォームは EC2-VPC で、デフォルトの VPC があることがほとんどです。

この文書では、 Amazon Aurora DB クラスターに関連する VPC 機能についてのみ説明します。Amazon VPC の詳細については、「Amazon VPC 入門ガイド」と「Amazon VPC ユーザーガイド」を参照してください。ネットワークアドレス変換 (NAT) ゲートウェイの使用については、『Amazon Virtual Private Cloud ユーザーガイド』の「NAT ゲートウェイ」を参照してください。