クラスターのステータスと推奨事項の表示 - Amazon Aurora

クラスターのステータスと推奨事項の表示

Amazon RDS コンソールを使用すると、DB クラスターのステータスにすばやくアクセスして、Amazon Aurora の推奨事項に対応できます。

Amazon Aurora DB クラスターの表示

DB クラスター内の Amazon Aurora DB クラスターと DB インスタンスの情報を表示するためのさまざまなオプションがあります。

  • Amazon RDS コンソールで DB クラスターおよび DB インスタンスを表示するには、ナビゲーションペインから [データベース] を選択します。

  • AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して DB クラスターと DB インスタンスの情報を取得できます。

  • Amazon RDS API を使用して DB クラスターと DB インスタンスの情報を取得できます。

Amazon RDS コンソールで、DB クラスターに関する詳細を表示するには、コンソールのナビゲーションペインから [Databases] (データベース) を選択します。また、Amazon Aurora DB クラスターのメンバーである DB インスタンスの詳細は、[データベース] ページでも確認できます。

[データベース] リストには、お客様の AWS アカウントの DB クラスターがすべて表示されます。DB クラスターを選択すると、DB クラスターの情報とその DB クラスターのメンバーである DB インスタンスのリストの両方が表示されます。そのリストで DB インスタンス識別子を選択すれば、RDS コンソールでその DB インスタンスの詳細ページに移動できます。

DB クラスターの詳細ページを表示するには、ナビゲーションペインの [データベース] を選択してから、DB クラスターの名前を選択します。

DB クラスターを変更するには、コンソールのナビゲーションペインから [データベース] を選択し、[データベース] リストに移動します。DB クラスターを変更するには、[データベース] リストから DB クラスターを選択して [変更] を選択します。

DB クラスターのメンバーである DB インスタンスを変更するには、コンソールのナビゲーションペインから [データベース] を選択し、[データベース] リストに移動します。

例えば、次のイメージは aurora-test という DB クラスターの詳細ページを示しています。DB クラスターには、[DB identifier (DB 識別子)] リストに表示される 4 つの DB インスタンスがあります。ライター DB インスタンス dbinstance4 は、DB クラスターのプライマリ DB インスタンスです。


                    Amazon Aurora DB クラスタービュー

dbinstance4 DB インスタンス識別子のリンクをクリックすると、次のイメージに示されているように、Amazon RDS コンソールで dbinstance4 DB インスタンスの詳細ページが表示されます。


                    Amazon Aurora DB インスタンスビュー

AWS CLI を使用して DB クラスターの情報を表示するには、describe-db-clusters コマンドを使用します。例えば、次の AWS CLI コマンドは、設定されている us-east-1 アカウントの AWS リージョンにあるすべての DB クラスターの DB クラスター情報を表示します。

aws rds describe-db-clusters --region us-east-1

お客様の AWS CLI に JSON 出力が設定されている場合、このコマンドは次の出力を返します。

{ "DBClusters": [ { "Status": "available", "Engine": "aurora", "Endpoint": "sample-cluster1.cluster-123456789012.us-east-1.rds.amazonaws.com" "AllocatedStorage": 1, "DBClusterIdentifier": "sample-cluster1", "MasterUsername": "mymasteruser", "EarliestRestorableTime": "2016-03-30T03:35:42.563Z", "DBClusterMembers": [ { "IsClusterWriter": false, "DBClusterParameterGroupStatus": "in-sync", "DBInstanceIdentifier": "sample-replica" }, { "IsClusterWriter": true, "DBClusterParameterGroupStatus": "in-sync", "DBInstanceIdentifier": "sample-primary" } ], "Port": 3306, "PreferredBackupWindow": "03:34-04:04", "VpcSecurityGroups": [ { "Status": "active", "VpcSecurityGroupId": "sg-ddb65fec" } ], "DBSubnetGroup": "default", "StorageEncrypted": false, "DatabaseName": "sample", "EngineVersion": "5.6.10a", "DBClusterParameterGroup": "default.aurora5.6", "BackupRetentionPeriod": 1, "AvailabilityZones": [ "us-east-1b", "us-east-1c", "us-east-1d" ], "LatestRestorableTime": "2016-03-31T20:06:08.903Z", "PreferredMaintenanceWindow": "wed:08:15-wed:08:45" }, { "Status": "available", "Engine": "aurora", "Endpoint": "aurora-sample.cluster-123456789012.us-east-1.rds.amazonaws.com", "AllocatedStorage": 1, "DBClusterIdentifier": "aurora-sample-cluster", "MasterUsername": "mymasteruser", "EarliestRestorableTime": "2016-03-30T10:21:34.826Z", "DBClusterMembers": [ { "IsClusterWriter": false, "DBClusterParameterGroupStatus": "in-sync", "DBInstanceIdentifier": "aurora-replica-sample" }, { "IsClusterWriter": true, "DBClusterParameterGroupStatus": "in-sync", "DBInstanceIdentifier": "aurora-sample" } ], "Port": 3306, "PreferredBackupWindow": "10:20-10:50", "VpcSecurityGroups": [ { "Status": "active", "VpcSecurityGroupId": "sg-55da224b" } ], "DBSubnetGroup": "default", "StorageEncrypted": false, "DatabaseName": "sample", "EngineVersion": "5.6.10a", "DBClusterParameterGroup": "default.aurora5.6", "BackupRetentionPeriod": 1, "AvailabilityZones": [ "us-east-1b", "us-east-1c", "us-east-1d" ], "LatestRestorableTime": "2016-03-31T20:00:11.491Z", "PreferredMaintenanceWindow": "sun:03:53-sun:04:23" } ] }

Amazon RDS API を使用して DB クラスターの情報を表示するには、DescribeDBClusters オペレーションを使用します。例えば、次の Amazon RDS API コマンドは、us-east-1 リージョンにあるすべての DB クラスターの DB クラスター情報を表示します。

https://rds.us-east-1.amazonaws.com/ ?Action=DescribeDBClusters &MaxRecords=100 &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140722/us-east-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140722T200807Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=2d4f2b9e8abc31122b5546f94c0499bba47de813cb875f9b9c78e8e19c9afe1b

このアクションは次の出力を返します。

<DescribeDBClustersResponse xmlns="http://rds.amazonaws.com/doc/2014-10-31/"> <DescribeDBClustersResult> <DBClusters> <DBCluster> <Engine>aurora5.6</Engine> <Status>available</Status> <BackupRetentionPeriod>0</BackupRetentionPeriod> <DBSubnetGroup>my-subgroup</DBSubnetGroup> <EngineVersion>5.6.10a</EngineVersion> <Endpoint>sample-cluster2.cluster-cbfvmgb0y5fy.us-east-1.rds.amazonaws.com</Endpoint> <DBClusterIdentifier>sample-cluster2</DBClusterIdentifier> <PreferredBackupWindow>04:45-05:15</PreferredBackupWindow> <PreferredMaintenanceWindow>sat:05:56-sat:06:26</PreferredMaintenanceWindow> <DBClusterMembers/> <AllocatedStorage>15</AllocatedStorage> <MasterUsername>awsuser</MasterUsername> </DBCluster> <DBCluster> <Engine>aurora5.6</Engine> <Status>available</Status> <BackupRetentionPeriod>0</BackupRetentionPeriod> <DBSubnetGroup>my-subgroup</DBSubnetGroup> <EngineVersion>5.6.10a</EngineVersion> <Endpoint>sample-cluster3.cluster-cefgqfx9y5fy.us-east-1.rds.amazonaws.com</Endpoint> <DBClusterIdentifier>sample-cluster3</DBClusterIdentifier> <PreferredBackupWindow>07:06-07:36</PreferredBackupWindow> <PreferredMaintenanceWindow>tue:10:18-tue:10:48</PreferredMaintenanceWindow> <DBClusterMembers> <DBClusterMember> <IsClusterWriter>true</IsClusterWriter> <DBInstanceIdentifier>sample-cluster3-master</DBInstanceIdentifier> </DBClusterMember> <DBClusterMember> <IsClusterWriter>false</IsClusterWriter> <DBInstanceIdentifier>sample-cluster3-read1</DBInstanceIdentifier> </DBClusterMember> </DBClusterMembers> <AllocatedStorage>15</AllocatedStorage> <MasterUsername>awsuser</MasterUsername> </DBCluster> </DBClusters> </DescribeDBClustersResult> <ResponseMetadata> <RequestId>d682b02c-1383-11b4-a6bb-172dfac7f170</RequestId> </ResponseMetadata> </DescribeDBClustersResponse>

DB クラスターステータスの表示

DB クラスターのステータスは、その正常性を示します。Amazon RDS コンソール、AWS CLI コマンド describe-db-clusters、または API オペレーション DescribeDBClusters を使用して、DB クラスターのステータスを表示できます。

注記

Aurora では、メンテナンスのステータスと呼ばれる別のステータスも使用します。これは、Amazon RDS コンソールの [Maintenance] 列に表示されます。この値は、DB クラスターに適用する必要があるメンテナンスパッチのステータスを示します。メンテナンスのステータスは、DB クラスターのステータスから独立しています。メンテナンスのステータスの詳細については、「DB クラスターの更新を適用する」を参照してください。

DB クラスターの考えられるステータス値を以下の表に示します。

DB クラスターのステータス 請求される 説明
使用可能 請求される

DB クラスターは正常で、使用可能です。Aurora サーバーレスクラスターが使用可能で一時停止している場合は、ストレージに対してのみ料金が発生します。

バックアップ中 請求される

DB クラスターは現在バックアップ中です。

バックトラック中 請求される

DB クラスターは現在バックトラック中です。このステータスは Aurora MySQL にのみ適用されます。

クローン失敗 課金されない

DB クラスターのクローンに失敗しました。

作成中 課金されない

DB クラスターを作成しています。作成中は DB クラスターにアクセスできません。

削除中 課金されない

DB クラスターを削除しています。

フェイルオーバーしています 請求される

プライマリインスタンスから Aurora レプリカへのフェイルオーバーが実行されています。

暗号化認証情報にアクセスできません 課金されない

DB クラスターの暗号化または復号に使用する AWS KMS key にアクセスしたり、それを復元したりすることはできません。

inaccessible-encryption-credentials-recoverable

ストレージが請求対象

DB クラスターの暗号化または復号に使用する KMS キーにアクセスできません。ただし、KMS キーがアクティブな場合は、DB クラスターを再起動すると復元できます。

詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターの暗号化」を参照してください。

メンテナンス 請求される

Amazon RDS は、DB クラスターにメンテナンス更新を適用しています。このステータスは、RDS が事前に十分スケジュールした DB クラスターレベルのメンテナンスに使用されます。

移行中 請求される

DB クラスタースナップショットは、DB クラスターに復元されています。

移行に失敗しました 課金されない

移行に失敗しました。

変更中 請求される

お客様が DB クラスターの変更をリクエストしたため、DB クラスターは変更中です。

昇格中 請求される

リードレプリカがスタンドアロン DB クラスターに昇格中です。

名前変更中 請求される

お客様が名前の変更をリクエストしたため、DB クラスターの名前を変更中です。

マスター認証をリセット中 請求される

お客様がリセットをリクエストしたため、DB クラスターのマスター認証情報をリセット中です。

スタート中 ストレージが請求対象

DB クラスターはスタート中です。

停止 ストレージが請求対象

DB クラスターは停止しています。

停止 ストレージが請求対象

DB クラスターを停止中です。

update-iam-db-auth 請求される

DB クラスターの IAM 認証が更新されています。

アップグレード 請求される

DB クラスターエンジンのバージョンをアップグレード中です。

Aurora クラスター内の DB インスタンスのステータスの表示

Aurora クラスターにある DB インスタンスのステータスは、DB インスタンスの状態を示します。Amazon RDS コンソール、AWS CLI コマンド describe-db-instances、または API オペレーション DescribeDBInstances を使用して、クラスター内の DB インスタンスのステータスを表示できます。

注記

Amazon RDS では、メンテナンスのステータスと呼ばれる別のステータスも使用します。これは、Amazon RDS コンソールの [メンテナンス] 列に表示されます。この値は、DB インスタンスに適用する必要があるメンテナンスパッチのステータスを示します。メンテナンスのステータスは、DB インスタンスのステータスから独立しています。メンテナンスのステータスの詳細については、「DB クラスターの更新を適用する」を参照してください。

DB インスタンスの考えられるステータス値を以下の表に示します。また、この表は、DB インスタンスとストレージが請求されるか、ストレージのみ請求されるか、または請求されないかを示します。DB インスタンスのすべてのステータスで、バックアップの使用は常に請求されます。

DB インスタンスのステータス 請求される 説明

使用可能

請求される

DB インスタンスは正常で、使用可能です。

バックアップ中

請求される

DB インスタンスを現在バックアップ中です。

バックトラック中 請求される

DB インスタンスを現在バックトラック中です。このステータスは Aurora MySQL にのみ適用されます。

拡張モニタリングを設定中

請求される

この DB インスタンスに対して拡張モニタリングを有効または無効にしています。

iam データベース認証を設定中

請求される

AWS Identity and Access Managementこの DB インスタンスに対して (IAM) データベース認証を有効または無効にしています。

ログエクスポートを設定中

請求される

この DB インスタンスに対して Amazon CloudWatch Logs へのログファイルの発行を有効または無効にしています。

vpc に変換中

請求される

DB インスタンスを、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 外の DB インスタンスから Amazon VPC 内の DB インスタンスに変換中です。

作成中

課金されない

DB インスタンスを作成中です。作成中の DB インスタンスにはアクセスできません。

削除中

課金されない

DB インスタンスを削除しています。

失敗

課金されない

DB インスタンスでエラーが発生し、Amazon RDS では復旧できません。DB インスタンスの復元可能な直近の時間までポイントインタイムリカバリを実行し、データを復旧してください。

暗号化認証情報にアクセスできません

課金されない

DB インスタンスの暗号化または復号に使用する AWS KMS key にアクセスしたり、それを復元したりすることはできません。

inaccessible-encryption-credentials-recoverable

ストレージが請求対象

DB インスタンスの暗号化または復号に使用する KMS キーにアクセスできません。ただし、KMS キーがアクティブな場合は、DB インスタンスを再起動すると復元できます。

詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターの暗号化」を参照してください。

互換性のないネットワーク

課金されない

Amazon RDS は、DB インスタンスに対して復旧アクションを実行しようとしていますが、VPC がアクションを完了できない状態にあるため実行できません。このステータスは、例えば、サブネット内の使用可能なすべての IP アドレスが使用中で、Amazon RDS が DB インスタンスの IP アドレスを取得できない場合などに発生する可能性があります。

互換性のないオプショングループ

請求される

Amazon RDS がオプショングループの変更を適用しようとしましたが、適用できませんでした。また、Amazon RDS はオプショングループの前の状態にロールバックできませんでした。詳細については、DB インスタンスの [最近のイベント] 一覧を参照してください。このステータスは、例えば、オプショングループに TDE などのオプションが含まれており、DB インスタンスに暗号化情報が含まれていない場合などに発生する可能性があります。

互換性のないパラメータ

請求される

DB インスタンスの DB パラメータグループに指定されたパラメータが DB インスタンスと互換性がないため、Amazon RDS は DB インスタンスを起動できません。パラメータの変更を元に戻すか、パラメータを DB インスタンスと互換させて、DB インスタンスへのアクセスを回復してください。互換性のないパラメータの詳細については、DB インスタンスの [最近のイベント] 一覧を参照してください。

互換性のない復元

課金されない

Amazon RDS は、特定の時点への復旧を行うことはできません。この状況の一般的な原因としては、temp テーブルの使用MySQL での MyISAM テーブルの使用が考えられます。

insufficient-capacity

十分な容量が現在利用できないため、Amazon RDS はインスタンスを作成できません。同じ AZ に、同じインスタンスタイプで DB インスタンスを作成するには、DB インスタンスを削除し、数時間待ってから、もう一度作成を試みます。または、別のインスタンスクラスまたは AZ を使用して新しいインスタンスを作成します。

メンテナンス

請求される

Amazon RDS は、DB インスタンスにメンテナンス更新を適用しています。このステータスは、RDS が事前に十分スケジュールしたインスタンスレベルのメンテナンスに使用されます。

変更中

請求される

ユーザーからの DB インスタンスの変更リクエストに応じて、DB インスタンスを変更中です。

vpc に移動中

請求される

DB インスタンスを新しい Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) に移動中です。

再起動

請求される

DB インスタンスの再起動を要求するユーザーのリクエストまたは Amazon RDS プロセスに応じて、インスタンスを再起動中です。

マスター認証をリセット中

請求される

ユーザーからのリセットのリクエストに応じて、DB インスタンスのマスター認証情報をリセット中です。

名前変更中

請求される

ユーザーからの名前変更のリクエストに応じて、DB インスタンスの名前を変更中です。

復元エラー

請求される

特定時点への復元またはスナップショットからの復元を実行しようとした際に、DB インスタンスでエラーが発生しました。

スタート中

ストレージが請求対象

DB インスタンスを起動中です。

停止

ストレージが請求対象

DB インスタンスは停止済みです。

停止

ストレージが請求対象

DB インスタンスを停止中です。

ストレージ不足

請求される

DB インスタンスが、ストレージ容量の割り当て分に達しました。これは非常に重要なステータスで、この問題はすぐに修正することをお勧めします。これを行うには、DB インスタンスを変更してストレージを拡張します。このような状況を回避するために、ストレージ容量が減少したときに警告を生成する Amazon CloudWatch アラームを設定します。

ストレージの最適化

請求される

DB インスタンスが変更されて、ストレージのサイズまたはタイプが変更されています。DB インスタンスが完全に動作しています。ただし、DB インスタンスの状態が [ストレージ最適化] である間は、DB インスタンスのストレージに対する変更をリクエストすることはできません。ストレージ最適化プロセスは通常短時間で終了しますが、場合によっては 24 時間以上かかることもあります。

アップグレード

請求される

データベースエンジンのバージョンをアップグレード中です。

Amazon Aurora の推奨事項の表示

Amazon Aurora では、DB インスタンス、DB クラスター、、DB クラスターパラメータグループなどのデータベースリソースについての推奨事項が自動で表示されます。これらの推奨事項は、DB クラスター構成、DB インスタンス構成、使用状況、パフォーマンスデータを分析して、ベストプラクティスガイダンスを提供します。

次の表にこれらの推奨事項の例を示します。

タイプ 説明 推奨事項 追加情報

デフォルト以外のカスタムメモリパラメータ

DB パラメータグループは、デフォルト値とはかけ離れたメモリパラメータを設定します。

デフォルト値と設定がかけ離れていると、パフォーマンスの低下やエラーにつながります。DB インスタンスで使用される DB パラメータグループで、カスタムメモリパラメータをデフォルト値に設定することをお勧めします。

パラメータグループを使用する

MySQL DB インスタンスに対して有効な変更バッファリング

DB パラメータグループで変更バッファリングが有効になっています。

変更バッファリングでは、MySQL DB インスタンスは、セカンダリインデックスを維持するために必要ないくつかの書き込みを延期することができます。この設定では、パフォーマンスがわずかに向上しますが、クラッシュリカバリで大きな遅延が生じる場合があります。クラッシュリカバリ時、セカンダリインデックスを最新の状態にする必要があります。そのため、変更バッファリングの利点は、潜在的に非常に長いクラッシュリカバリイベントよりも上回ります。変更バッファリングは無効にすることをお勧めします。

Amazon RDS for MySQL のパラメータを構成するためのベストプラクティス、パート 1: パフォーマンスに関するパラメータ (AWS データベースブログ)

テーブルにログインする

DB パラメータグループは、ログ出力を TABLE に設定します。

ログ出力を TABLE に設定するには、このパラメータを FILE に設定するより多くのストレージが必要です。ストレージの制限に達しないように、ログ出力パラメータは FILE に設定することをお勧めします。

Aurora MySQL データベースのログファイル

1 つの DB インスタンスを含む DB クラスター

DB クラスターに含まれている DB インスタンスは 1 つのみです。

パフォーマンスとアベイラビリティーを高めるために、同じ DB インスタンスクラスを持つ別の DB インスタンスを別のアベイラビリティーゾーンに追加することをお勧めします。

Amazon Aurora の高可用性

1 つのアベイラビリティーゾーンの DB クラスター

DB クラスターは、同じアベイラビリティーゾーンにすべての DB インスタンスがあります。

アベイラビリティーを高めるために、同じ DB インスタンスクラスを持つ別の DB インスタンスを別のアベイラビリティーゾーンに追加することをお勧めします。

Amazon Aurora の高可用性

DB クラスターが古くなっています

DB クラスターが古いエンジンバージョンで実行されています。

DB クラスターには最新のセキュリティと機能の修正が含まれているため、DB クラスターは最新のマイナーバージョンに維持することをお勧めします。メジャーバージョンのアップグレードと異なり、マイナーバージョンのアップグレードには、DB エンジンの以前のマイナーバージョン (同じメジャーバージョンの) に後方互換性のあるデータベースの変更のみが含まれます。最新のエンジンバージョンにアップグレードすることをお勧めします。

Amazon Aurora DB クラスターのメンテナンス

別のパラメータグループが設定されている DB クラスター

DB クラスターには、その DB インスタンスに割り当てられたさまざまな DB パラメータグループがあります。

異なるパラメータグループを使用すると、DB インスタンス間の互換性がなくなる可能性があります。問題を回避し、メンテナンスしやすくするために、DB クラスター内のすべての DB インスタンスに同じパラメータグループを使用することをお勧めします。

パラメータグループを使用する

DB インスタンスクラスが異なる DB クラスター

DB クラスターには、異なる DB インスタンスクラスを使用する DB インスタンスがあります。

DB インスタンスに異なる DB インスタンスクラスを使用すると、問題が発生する可能性があります。例えば、それほど強力ではない DB インスタンスクラスが、もっと強力な DB インスタンスクラスを置き換えるように昇格されると、パフォーマンスが低下する可能性があります。問題を回避し、メンテナンスしやすくするために、DB クラスター内のすべての DB インスタンスに同じ DB インスタンスクラスを使用することをお勧めします。

Aurora レプリカ

Amazon Aurora では、リソースが作成または変更されると、リソースの推奨事項が生成されます。また、Amazon Aurora では、定期的にリソースをスキャンして、推奨事項が生成されます。

Amazon Aurora 推奨事項への対応

推奨事項は、AWS Management Console にあります。推奨アクションは、すぐに実行する、次のメンテナンス時間に合わせてスケジュール設定する、または非表示にすることができます。

Amazon Aurora 推奨事項に対応するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Recommendations] を選択します。

    
                        コンソールでの推奨事項の選択

    [Recommendations] ページが表示されます。

    
                        コンソールの [Main Recommendations] ページ
  3. [Recommendations] ページで、次のいずれかのオプションを選択します。

    • [Active] - 適用、非表示、スケジュール設定可能な現在の推奨事項が表示されます。

    • [Dismissed] - 非表示にされた推奨事項が表示されます。[Dismissed] を選択すると、非表示になったこれらの推奨事項を適用できます。

    • [Scheduled] - スケジュール設定されているがまだ適用されていない推奨事項が表示されます。これらの推奨事項は、次にスケジュールされているメンテナンスウィンドウで適用されます。

    • [Applied] - 現在適用されている推奨事項が表示されます。

    推奨事項のいずれかのリストから、セクションを開いてそのセクションの推奨事項を確認できます。

    
                        コンソールで推奨事項のアクションを実行する

    各セクションの推奨事項を表示するための設定を行うには、[Preferences] を選択します。

    
                        コンソールにおける [Recommendations] の [Preferences] アイコン

    表示された [Preferences] ウィンドウから、表示オプションを設定できます。これらのオプションには、表示可能な列と、ページに表示される推奨事項の数が含まれます。

  4. アクティブな推奨事項を管理します。

    1. [Active] を選択し、1 つ以上のセクションを開いてその中の推奨事項を表示します。

    2. 1 つ以上の推奨事項を選択し、[Apply now] (すぐに適用する場合)、[Schedule] (次のメンテナンス期間に適用する場合)、または [Dismiss] を選択します。

      [Apply now] ボタンが推奨事項に表示されたが選択できない場合 (灰色で表示)、DB インスタンスが使用できません。DB インスタンスのステータスが利用できる場合にのみ、推奨事項をすぐに適用できます。例えば、ステータスが [modifying] の場合、DB インスタンスに推奨事項をすぐに適用することはできません。この場合、DB インスタンスが使用可能になるまで待ってから推奨事項を適用します。

      推奨事項に [Apply now] ボタンが表示されない場合、[Recommendations] ページを使用して推奨事項を適用することはできません。DB インスタンスを変更して、推奨を手動で適用できます。

      DB クラスターの変更の詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターの変更」を参照してください。

      注記

      [Apply now] を選択すると、DB インスタンスが短時間停止することがあります。