Amazon Aurora グローバルデータベースへの接続 - Amazon Aurora

Amazon Aurora グローバルデータベースへの接続

Aurora グローバルデータベースへの接続方法は、データベースへの書き込みと、データベースからの読み取りの、いずれを必要とするのかに応じて異なります。

  • 読み取り専用のリクエストまたはクエリ場合、AWS リージョンにある Aurora クラスターのリーダーエンドポイントに接続します。

  • データ操作言語 (DML) またはデータ定義言語 (DDL) のステートメントを実行するには、プライマリクラスターのクラスターエンドポイントに接続します。このエンドポイントは、アプリケーションとは異なる AWS リージョンに存在する場合があります。

コンソールで Aurora グローバルデータベースを表示すると、そのすべてのクラスターに関連付けられているすべての汎用エンドポイントを表示できます。次のスクリーンショットは、例を示しています。プライマリクラスターに関連付けられた単一のクラスターエンドポイントは、書き込みオペレーションに使用します。プライマリクラスターとセカンダリクラスターのリーダーエンドポイントは、読み取り専用クエリに使用します。レイテンシーを最小限にするときは、お使いの AWS リージョンか、最寄りの AWS リージョンの、いずれかにあるリーダーエンドポイントを選択します。次に Aurora MySQL の例を示します。


        AWS マネジメントコンソール にある Aurora グローバルデータベースおよび関連付けられた接続設定 (エンドポイント) を示すスクリーンショット。