Aurora バックアップストレージの使用状況を確認する - Amazon Aurora

Aurora バックアップストレージの使用状況を確認する

Aurora は、継続的バックアップ (バックアップの保存期間内) とスナップショットを Aurora バックアップストレージに保存します。バックアップストレージの使用状況を管理するには、バックアップの保存期間を短縮するか、不要になった古い手動スナップショットを削除するか、またはその両方を行います。Aurora バックアップの一般情報については、「バックアップ」を参照してください。Aurora バックアップストレージの料金情報については、「Amazon Aurora の料金」ウェブページを参照してください。

コストを管理するには、保存期間を超えて保持されている継続的バックアップと手動スナップショットに使用されているストレージの量をモニタリングできます。次に、バックアップの保存期間を短縮し、不要になった手動スナップショットを削除できます。

Amazon CloudWatch の TotalBackupStorageBilled メトリクス、SnapshotStorageUsed メトリクス、および BackupRetentionPeriodStorageUsed メトリクスを使用して、次に示すように、Aurora バックアップに使用されているストレージの量を確認およびモニタリングできます。

  • BackupRetentionPeriodStorageUsed は、継続的バックアップを保存するために現時点までに使用されたバックアップストレージの量 (バイト単位) を示します。この値は、クラスターボリュームのサイズと、保存期間中に行った変更の量によって変わります。ただし、請求のため、この値が保存期間中に累積的なクラスターボリュームのサイズを超えることはありません。たとえば、クラスターの VolumeBytesUsed サイズが 107,374,182,400 バイト (100 GiB) で、保持期間が 2 日間である場合、BackupRetentionPeriodStorageUsed の最大値は 214,748,364,800 バイト (100 GiB + 100 GiB) になります。

  • SnapshotStorageUsed は、バックアップ保持期間を超えて手動スナップショットを保存するために使用されたバックアップストレージの量 (バイト単位) を示します。手動スナップショットは、作成タイムスタンプが保持期間以内である間は、スナップショットのバックアップストレージにはカウントされません。すべての自動スナップショットも、スナップショットのバックアップストレージにはカウントされません。各スナップショットのサイズは、そのスナップショットを作成した時点のクラスターボリュームのサイズです。SnapshotStorageUsed 値は、保持するスナップショットの数と、各スナップショットのサイズによって異なります。たとえば、保持期間外のスナップショットが 1 つあり、このスナップショットを作成した時点のクラスターの VolumeBytesUsed サイズが 100 GiB であったとします。この場合、SnapshotStorageUsed の量は 107,374,182,400 バイト (100 GiB) です。

  • TotalBackupStorageBilled は、BackupRetentionPeriodStorageUsedSnapshotStorageUsed の合計からバックアップストレージの空き容量 (1 日のクラスターボリュームのサイズと等しい) を引いた値を示します。バックアップストレージの空き容量は、最新のボリュームサイズと同じです。たとえば、クラスターの VolumeBytesUsed サイズが 100 GiB、保持期間が 2 日間、保持期間外の手動スナップショットが 1 つある場合、TotalBackupStorageBilled は 214,748,364,800 バイト (200 GiB + 100 GiB - 100 GiB) になります。

  • これらのメトリクスは、Aurora DB クラスターごとに個別に計算されます。

Aurora クラスターをモニタリングし、レポートを作成するには、CloudWatch コンソールから CloudWatch メトリクスを使用できます。CloudWatch メトリクスを使用する詳しい方法については、「Amazon Aurora ​のモニタリングの概要です。」と、「Amazon RDS メトリクス」のメトリクスの表を参照してください。

Aurora DB クラスターのバックトラック設定は、クラスターのバックアップデータのボリュームに影響しません。Amazon はバックトラックデータのストレージに対して別個に課金します。バックトラックの料金情報は、「Amazon Aurora の料金」ウェブページでも確認できます。

別のユーザーとスナップショットを共有している場合は、そのスナップショットの所有者のままです。ストレージコストはそのスナップショットの所有者に適用されます。所有している共有スナップショットを削除した場合は、誰もアクセスできなくなります。別のユーザーが所有している共有スナップショットに引き続きアクセスするには、そのスナップショットをコピーします。これにより、新しいスナップショットの所有者になります。コピーされたスナップショットのストレージコストはすべて、お客様のアカウントに適用されます。