Aurora DB クラスターのバックアップと復元の概要 - Amazon Aurora

Aurora DB クラスターのバックアップと復元の概要

以下のトピックでは、Aurora バックアップと Aurora DB クラスターを復元する方法について説明します。

バックアップ

Aurora は、クラスターボリュームを自動的にバックアップし、バックアップ保持期間中、復元データを保持します。Aurora の自動バックアップは連続的かつ増分的であるため、バックアップ保持期間内の任意の時点にすばやく復元できます。バックアップデータが書き込まれるときに、データベースサービスのパフォーマンスに影響が出たり、中断が発生したりすることはありません。DB クラスターを作成または変更するときに、バックアップ保持期間 (1 ~ 35 日) を指定できます。Aurora の自動バックアップは Amazon S3 に保存されます。

データ保持期間を超えたバックアップを保持する場合は、クラスターボリュームの中にもデータのスナップショットを作成できます。Aurora DB クラスタースナップショットは期限切れになりません。スナップショットから新しい DB クラスターを作成できます。詳細については、「DB クラスタースナップショットの作成」を参照してください。

注記
  • Amazon Aurora DB クラスターの場合、DB クラスターの作成方法に関係なく、デフォルトのバックアップ保持期間は 1 日です。

  • Aurora の自動バックアップを無効にすることはできません。Aurora のバックアップ保持期間は、DB クラスターによって管理されます。

バックアップストレージのコストは、保持する Aurora バックアップおよびスナップショットのデータとその保持期間に応じて異なります。Aurora バックアップおよびスナップショットに伴うストレージの詳細については、「Amazon Aurora バックアップストレージの使用状況を確認する」を参照してください。Aurora バックアップストレージの料金情報については、「Amazon RDS for Aurora の料金」を参照してください。Aurora クラスターを削除した後で、このクラスターに関連するスナップショットを保存すると、Aurora の標準のバックアップストレージ料金が発生します。

AWS Backup を使用する

AWS Backup を使用して、Amazon Aurora DB クラスターのバックアップを管理することができます。

AWS Backup によって管理されるスナップショットは、手動 DB クラスタースナップショットと見なされますが、Aurora の DB クラスタースナップショットクォータにはカウントされません。AWS Backup で作成されたスナップショットには、awsbackup:job-AWS-Backup-job-number という名前が付いています。AWS Backup の詳細については、AWS Backup デベロッパーガイドを参照してください。

また、AWS Backup を使用して、Amazon Aurora DB クラスターの自動バックアップを管理することもできます。DB クラスターが AWS Backup のバックアッププランに関連付けられている場合、そのバックアッププランはポイントインタイムリカバリに使用できます。AWS Backup で管理された自動 (連続) バックアップには、continuous:cluster-AWS-Backup-job-number という名前が付いています。詳細については、「AWS Backup を使用して DB クラスターを指定の時点の状態に復元する」を参照してください。

バックアップウィンドウ

自動バックアップは、優先されるバックアップウィンドウ中に毎日行われます。バックアップウィンドウに割り当てられた時間より長い時間がバックアップに必要な場合、ウィンドウが終了した後もバックアップが完了するまでバックアップが継続します。バックアップウィンドウは、DB クラスターの週 1 回のメンテナンス時間と重複させることはできません。

Aurora 自動バックアップは継続的かつ漸増的ですが、バックアップウィンドウは、バックアップ保持期間内に保持される毎日のシステムバックアップを作成するために使用されます。保持期間外に保持するには、バックアップをコピーします。

注記

AWS Management Console を使用して DB クラスターを作成する場合、バックアップウィンドウを指定することはできません。ただし、AWS CLI または RDS API を使用して DB クラスターを作成するときは、バックアップウィンドウを指定できます。

DB クラスターの作成時に任意のバックアップウィンドウを指定しない場合、Aurora がデフォルトの 30 分のバックアップウィンドウを割り当てます。この期間は、各 AWS リージョン の 8 時間の時間ブロックからランダムに選択されます。次の表は、デフォルトのバックアップ期間が割り当てられる各 AWS リージョン の時間ブロックを示しています。

リージョン名 リージョン 時間ブロック
米国東部 (オハイオ) us-east-2 03:00~11:00 UTC
米国東部 (バージニア北部) us-east-1 03:00~11:00 UTC
米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1 06:00~14:00 UTC
米国西部 (オレゴン) us-west-2 06:00~14:00 UTC
アフリカ (ケープタウン) af-south-1 03:00~11:00 UTC
アジアパシフィック (香港) ap-east-1 06:00~14:00 UTC
アジアパシフィック (ハイデラバード) ap-south-2 06:30~14:30 UTC
アジアパシフィック (ジャカルタ) ap-southeast-3 08:00~16:00 UTC
アジアパシフィック (メルボルン) ap-southeast-4 11:00~19:00 UTC
アジアパシフィック(ムンバイ) ap-south-1 16:30~00:30 UTC
アジアパシフィック (大阪) ap-northeast-3 00:00~08:00 UTC
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 13:00~21:00 UTC
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 14:00~22:00 UTC
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 12:00~20:00 UTC
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 13:00~21:00 UTC
カナダ (中部) ca-central-1 03:00~11:00 UTC
カナダ西部 (カルガリー) ca-west-1 18:00~02:00 UTC
中国 (北京) cn-north-1 06:00~14:00 UTC
中国 (寧夏) cn-northwest-1 06:00~14:00 UTC
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 20:00~04:00 UTC
欧州 (アイルランド) eu-west-1 22:00~06:00 UTC
欧州 (ロンドン) eu-west-2 22:00~06:00 UTC
ヨーロッパ (ミラノ) eu-south-1 13:00~21:00 UTC
欧州 (パリ) eu-west-3 07:29~14:29 UTC
欧州 (スペイン) eu-south-2 13:00~21:00 UTC
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 23:00~07:00 UTC
欧州 (チューリッヒ) eu-central-2 13:00~21:00 UTC
イスラエル (テルアビブ) il-central-1 03:00~11:00 UTC
中東 (バーレーン) me-south-1 06:00~14:00 UTC
中東 (アラブ首長国連邦) me-central-1 05:00~13:00 UTC
南米(サンパウロ) sa-east-1 23:00~07:00 UTC
AWS GovCloud (米国東部) us-gov-east-1 01:00~09:00 UTC
AWS GovCloud (米国西部) us-gov-west-1 06:00~14:00 UTC

自動バックアップの保持

プロビジョニングされたクラスター、または Aurora Serverless v2 DB クラスターを削除するとき、自動バックアップを保持できます。これにより、クラスターが削除された後でも、バックアップ保持期間内の特定の時点に DB クラスターを復元できます。

保持されている自動バックアップには、DB クラスターからのシステムスナップショットとトランザクションログが含まれています。また、アクティブなクラスターに復元するために必要な DB インスタンスクラスなどの DB クラスタープロパティも含まれます。

AWS Management Console、RDS API、および AWS CLI を使用すると、保持されている自動バックアップを復元または削除できます。

注記

Aurora Serverless v1 DB クラスターの自動バックアップを保持することはできません。

保持期間

保持されている自動バックアップ内のシステムスナップショットとトランザクションログは、ソース DB クラスターの期限切れと同じ方法で期限切れになります。ソースクラスターの保持期間の設定は、自動バックアップにも適用されます。このクラスター用に作成された新しいスナップショットやログはないため、保持されている自動バックアップは最終的には完全に期限切れになります。保持期間が終了した後も、手動の DB クラスタースナップショットは引き続き保持されますが、自動バックアップはすべて期限切れになります。

コンソール、AWS CLI、または RDS API を使用して、保持されている自動バックアップを削除できます。詳細については、「保持している自動バックアップの削除」を参照してください。

保持されている自動バックアップとは異なり、最終スナップショットには有効期限がありません。自動バックアップを保持しているとしても、最終スナップショットを作成しておくことを強くお勧めします。保持されている自動バックアップは最終的に期限切れになるためです。

保持されたバックアップの表示

保持されている自動バックアップを RDS コンソールに表示するには、ナビゲーションペインで [自動バックアップ] を選択し、[保持] を選択します。保持された自動バックアップに関連付けられている個々のスナップショットを表示するには、ナビゲーションペインで [Snapshots] (スナップショット) を選択します。または、保持されている自動バックアップに関連付けられた個別のスナップショットを記述できます。そのページで、スナップショットのいずれかから DB インスタンスを直接復元できます。

AWS CLI を使用して保持されている自動バックアップを説明するには、次のいずれかのコマンドを使用します。

aws rds describe-db-cluster-automated-backups --db-cluster-resource-id DB_cluster_resource_ID

RDS API を使用して保持されている自動バックアップを説明するには、以下のパラメータのいずれかを指定してDescribeDBClusterAutomatedBackupsアクションDbClusterResourceIdを呼び出します。

保持コスト

各 Aurora DB クラスターの Aurora データベースの総ストレージの 100% までのバックアップストレージには追加料金はかかりません。また、DB クラスターを削除した後も自動バックアップを保持する場合、最大 1 日分の追加料金は発生しません。2 日以上保持しているバックアップには料金がかかります。

トランザクションログまたはインスタンスメタデータには追加料金はかかりません。バックアップのその他の料金ルールはすべて、復元可能なクラスターに適用されます。詳細については、「Amazon Aurora 料金」ページを参照してください。

制約事項

保持されている自動バックアップには、次の制限が適用されます。

  • 1 つの AWS リージョンで保持できる自動バックアップの最大数は 40 個です。DB クラスターのクォータには含まれません。同時に最大 40 個の DB クラスターを実行し、40 個の DB インスタンスを実行し、40 個の DB クラスターの自動バックアップを保持できます。

    詳細については、「Amazon Aurora のクォータ」を参照してください。

  • 保持されている自動バックアップには、パラメータグループまたはオプショングループについての情報は含まれません。

  • 削除したクラスターを、削除時の保持期間内のポイントインタイムに復元できます。

  • 保持されている自動バックアップは、ソースインスタンスを削除した時点で存在していたシステムバックアップ、トランザクションログ、および DB クラスターのプロパティで構成されているため、変更できません。

保持している自動バックアップの削除

保持された自動バックアップは、不要になったら削除できます。

保持されている自動バックアップを削除するには
  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Automated backups (自動バックアップ)] を選択します。

  3. [保持] タブを選択します。

    保持されている自動バックアップ
  4. 削除する保持された自動バックアップを選択します。

  5. アクション」 で、「削除」 を選択します。

  6. 確認ページで、「delete me」を入力し、[Delete (削除)] を選択します。

AWS CLI コマンド delete-db-cluster-automated-backup で次のオプションを指定することにより、保持されている自動バックアップを削除できます。

  • --db-cluster-resource-id – ソース DB クラスターのリソース識別子。

    AWS CLI コマンド describe-db-cluster-automated-backups を実行するこちにより、保持された自動バックアップのソース DB クラスターのリソース識別子を見つけることができます。

この例では、リソース ID cluster-123ABCEXAMPLE を持つソース DB クラスターの保持されている自動バックアップを削除します。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds delete-db-cluster-automated-backup \ --db-cluster-resource-id cluster-123ABCEXAMPLE

Windows の場合:

aws rds delete-db-cluster-automated-backup ^ --db-cluster-resource-id cluster-123ABCEXAMPLE

次のパラメータを指定して Amazon RDS API オペレーション DeleteDBClusterAutomatedBackup を使用することにより、保持されている自動バックアップを削除できます。

  • DbClusterResourceId – ソース DB クラスターのリソース識別子。

    Amazon RDS API オペレーション DescribeDBClusterAutomatedBackups を使用して、保持されている自動バックアップのソース DB インスタンスのリソース識別子を見つけることができます。

データの復元

Aurora が保持するバックアップデータから、保存した DB クラスターのスナップショットから、または保持されている自動バックアップから、新しい Aurora DB クラスターを作成することで、データを回復できます。バックアップデータから作成された DB クラスターの新しいコピーは、バックアップ保持期間内の任意の時点にすばやく復元できます。バックアップ保持期間中の Aurora 自動バックアップは連続的かつ増分的であるため、復元時間を短縮するためにデータのスナップショットを頻繁に作成する必要がありません。

DB クラスターの最新の復元可能時刻は、DB クラスターを復元できる最近の時点です。これは通常、アクティブな DB クラスターの場合は現在時刻から 5 分以内であり、または保持されている自動バックアップの場合はクラスター削除時刻の 5 分以内です。

最も早い復元可能時刻は、バックアップ保持期間内のどこまで遡ってクラスターボリュームを復元できるかを示します。

DB クラスターの最新の復元可能時刻または最も早い復元可能時刻を判断するには、RDS コンソールでLatest restorable time 値または Earliest restorable time 値を探します。これらの値の表示については、「保持されたバックアップの表示」を参照してください。

DB クラスターの復元が完了したことは、Latest restorable time および Earliest restorable time の値を確認することでわかります。復元操作が完了するまで、これらの値は NULL を返します。Latest restorable time または Earliest restorable time が NULL を返す場合、バックアップまたは復元操作をリクエストすることはできません。

DB クラスターを指定の時点の状態に復元する方法については、「DB クラスターを指定の時点の状態に復元する」を参照してください。

Aurora 用のデータベースのクローン作成

DB クラスターのスナップショットを復元する代わりに、データベースのクローン作成により Aurora DB クラスターのデータベースのクローンを新しい DB クラスターに作成することもできます。クローンデータベースの初回作成時に使用する追加スペースは最小限です。ソースデータベースまたはクローンデータベースのいずれかでデータが変更された場合に限り、データがコピーされます。同じ DB クラスターから複数のクローンを作成したり、他のクローンから追加のクローンを作成することもできます。詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターのボリュームのクローン作成」を参照してください。

バックトラック

Aurora MySQL が、バックアップからデータを復元しないで、DB クラスターを特定の時刻に「巻き戻し」することができるようになりました。詳細については、「Aurora DB クラスターのバックトラック」を参照してください。