aurora_stat_get_db_commit_latency - Amazon Aurora

aurora_stat_get_db_commit_latency

Aurora PostgreSQL データベースの累積コミットレイテンシーをマイクロ秒単位で取得します。コミットレイテンシーは、クライアントがコミットリクエストを送信してからコミット確認を受信するまでの時間として測定されます。

[Syntax] (構文)

aurora_stat_get_db_commit_latency(database_oid)

引数

database_oid

Aurora PostgreSQL データベースのオブジェクト ID (OID)。

戻り型

SETOF レコード

使用に関する注意事項

Amazon CloudWatch はこの関数を使用して、平均コミットレイテンシーを計算します。Amazon CloudWatch メトリクスの詳細、およびハイコミットレイテンシーのトラブルシューティング方法については、Amazon RDS コンソールでのメトリクスの表示 および Making better decisions about Amazon RDS with Amazon CloudWatch metrics を参照してください。

この統計をリセットするには、PostgreSQL 統計アクセス関数 pg_stat_reset を使用します。この統計が最後にリセットされた時刻をチェックするには、pg_stat_get_db_stat_reset_time 関数を使用します。PostgreSQL 統計アクセス関数の詳細については、PostgreSQL ドキュメントの統計コレクターを参照してください。

次の例では、pg_database クラスターのデータベースごとに累積コミットレイテンシーを取得します。

=> SELECT oid, datname, aurora_stat_get_db_commit_latency(oid) FROM pg_database; oid | datname | aurora_stat_get_db_commit_latency -------+----------------+----------------------------------- 14006 | template0 | 0 16384 | rdsadmin | 654387789 1 | template1 | 0 16401 | mydb | 229556 69768 | postgres | 22011

次の例では、現在接続されているデータベースの累積コミットレイテンシーを取得します。この例では、aurora_stat_get_db_commit_latency 関数を呼び出す前に、\gset を使用して oid 引数の可変を定義し、接続しているデータベースからその値を設定します。

––Get the oid value from the connected database before calling aurora_stat_get_db_commit_latency => SELECT oid FROM pg_database WHERE datname=(SELECT current_database()) \gset => SELECT * FROM aurora_stat_get_db_commit_latency(:oid); aurora_stat_get_db_commit_latency ----------------------------------- 1424279160

次の例では、pg_database クラスターの mydb データベース用の累積コミットレイテンシーを取得します。次に、この統計をリセットするには pg_stat_reset 関数を呼び出し、結果を表示します。最後に pg_stat_get_db_stat_reset_time 関数を使用して、この統計が最後にリセットされた時刻をチェックします。

=> SELECT oid, datname, aurora_stat_get_db_commit_latency(oid) FROM pg_database WHERE datname = 'mydb'; oid | datname | aurora_stat_get_db_commit_latency -------+-----------+----------------------------------- 16427 | mydb | 3320370 => SELECT pg_stat_reset(); pg_stat_reset --------------- => SELECT oid, datname, aurora_stat_get_db_commit_latency(oid) FROM pg_database WHERE datname = 'mydb'; oid | datname | aurora_stat_get_db_commit_latency -------+-----------+----------------------------------- 16427 | mydb | 6 => SELECT * FROM pg_stat_get_db_stat_reset_time(16427); pg_stat_get_db_stat_reset_time -------------------------------- 2021-04-29 21:36:15.707399+00