Amazon RDS コンソールでのメトリクスの表示 - Amazon Aurora

Amazon RDS コンソールでのメトリクスの表示

Amazon RDS は Amazon Cloudwatch と統合し、さまざまな Aurora DB クラスターメトリクスを RDS コンソールで表示できるようになりました。一部のメトリクスはクラスターレベルで適用され、その他のメトリクスはインスタンスレベルで適用されます。インスタンスレベルおよびクラスターレベルのメトリクスの詳細については、「Amazon Aurora のメトリクスリファレンス」を参照してください。

Aurora DB クラスター[Monitoring] (モニタリング) タブには、次のカテゴリのメトリクスが表示されます。

  • CloudWatch – RDS コンソールからアクセスできる Aurora の Amazon CloudWatch メトリクスを表示します。これらのメトリクスには、CloudWatch コンソールからアクセスすることもできます。各メトリクスには、特定の期間にわたってモニタリングされたメトリクスを示すグラフが含まれます。CloudWatch メトリクスのリストについては、「Amazon Aurora の Amazon CloudWatch メトリクス」を参照してください。

  • [Enhanced monitoring] (拡張モニタリング) – Aurora DB クラスターで、拡張モニタリングがオンにされたときのオペレーティングシステムメトリクスの概要を表示します。RDS は、拡張モニタリングのメトリクスを Amazon CloudWatch Logs アカウントに配信します。各 OS メトリクスには、特定の期間にわたってモニタリングされたメトリクスを示すグラフが含まれます。概要については、「拡張モニタリングを使用した OS メトリクスのモニタリング」を参照してください。拡張モニタリングメトリクスのリストについては、「拡張モニタリングの OS メトリクス」を参照してください。

  • [OS Process list] (OS プロセスリスト) – DB クラスターで実行中の各プロセスの詳細を表示します。

  • [Performance Insights]Aurora DB クラスター内の DB インスタンスで Amazon RDS Performance Insights ダッシュボードを開きます。Performance Insights は、クラスターレベルではサポートされていません。Performance Insights の概要については、「Amazon Aurora での Performance Insights を使用したDB 負荷のモニタリング」を参照してください。Performance Insights メトリクスのリストについては、「Performance Insights の Amazon CloudWatch メトリクス」を参照してください。

RDS コンソールで Aurora DB クラスターのメトリクスを表示するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  3. モニタリングする Aurora DB クラスターの名前を選択します。

    [Database] (データベース) ページが表示されます。次の例は、 apga という名前の Amazon Aurora PostgreSQL データベースを示しています。

    
                    [Monitoring] (モニタリング) タブが表示された [Database] (データベース) ページ
  4. 下にスクロールし、[Monitoring] (モニタリング) を選択します。

    [Monitoring] (モニタリング) セクションが表示されます。デフォルトでは、CloudWatch メトリクスが表示されます。これらのメトリクスの詳細については、「Amazon Aurora の Amazon CloudWatch メトリクス」を参照してください。

    
                    [Monitoring] (モニタリング) タブが表示された [Database] (データベース) ページ
  5. [Monitoring] (モニタリング) を選択して、メトリクスのカテゴリを表示します。

    
                    モニタリングオプション
  6. 表示するメトリクスのカテゴリを選択します。

    次の例は、拡張モニタリングメトリクスを示しています。これらのメトリクスの詳細については、「拡張モニタリングの OS メトリクス」を参照してください。

    
                    拡張モニタリング
    ヒント

    グラフで表されるメトリクスの時間範囲を選択するには、時間範囲リストを使用します。

    より詳細なビューを表示するには、任意のグラフを選択します。メトリック固有のフィルターをデータに適用することもできます。