SQL Server クライアントを使用した DB クラスターへの接続 - Amazon Aurora

SQL Server クライアントを使用した DB クラスターへの接続

SQL Server クライアントを使用して、TDS ポート上の Babelfish に接続できます。

sqlcmd を使用した DB クラスターへの接続

SQL Server の sqlcmd コマンドラインクライアントを使用して、Babelfish をサポートしている Aurora PostgreSQL DB クラスターに接続して操作できます。接続するには、以下のコマンドを使用します。

sqlcmd -S endpoint,port -U login-id -P password -d your-DB-name

オプションは以下のとおりです:

  • -S はDB クラスターのエンドポイントおよび (オプション) TDS ポートです。

  • -U はユーザーのログイン名です。

  • -P はユーザーに関連付いたパスワードです。

  • -d は Babelfish データベースの名前です。

接続後、SQL Server で使用するのと同じコマンドが多く使用できます。例については、「オブジェクト情報のためのデータベースのクエリ」を参照してください。

例外のリストを確認するには、Aurora PostgreSQL と Babelfish と SQL Server の違い を参照してください。

SSMS を使用した DB クラスターへの接続

Microsoft SQL Server Management Studio (SSMS) を使用して Babelfish をサポートする Aurora PostgreSQL DB クラスターに接続できます。SSMS には、さまざまなツールが含まれています。デフォルトで、SSMS オブジェクトエクスプローラを起動するように SSMS が設定されている場合があります。SSMS を使用して Babelfish データベースに接続するには、SSMS クエリエディタのみを使用できます。現在は、クエリエディタのみがサポートされています。

SSMS で Babelfish データベースに接続する方法

  1. SSMS をスタートします。

  2. [Connect to Server] (サーバーに接続) ダイアログボックスを開きます。オブジェクトエクスプローラではなく、クエリエディタ接続ダイアログが開いていることを確認します。接続を続行するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいクエリを選択します。

    • クエリエディタが開いている場合、Query (クエリ)Connection (接続)Connect (接続する) を選択します。

    注記

    オブジェクトエクスプローラのダイアログボックスが開いた場合は、ダイアログボックスをキャンセルして、クエリエディタを開き直します。

  3. 必要に応じて、データベースに次の情報を入力します:

    1. [サーバーの種類] で、[データベース エンジン] を選択します。

    2. Server name (サーバー名) に DNS 名を入力します。サーバー名は、次の例のような見た目になっている必要があります。

      cluster-name.cluster-555555555555.aws-region.rds.amazonaws.com,1433
    3. [認証] で、[SQL Server 認証] を選択します。

    4. ログインには、データベース作成時に選択したユーザー名を入力します。

    5. パスワードには、データベース作成時に選択したパスワードを入力します。

    
							SSMS を使用して Babelfish データベースに接続する。
  4. (オプション) Options を選択した後、接続プロパティタブを選択します。

    
							SSMS の Babelfish データベースに接続する。
  5. (オプション)データベースに接続するでは、接続したい移行された SQL Server データベースの名前を指定し、接続を選択します。

    SSMS が接続文字列を適用できないことを示すメッセージが表示されたら、OK を選択します。

    Babelfish に接続する際に問題が発生する場合は、「接続障害」を参照してください。

    SQL Server の接続問題の詳細については、Amazon RDS ユーザーガイドの「SQL Server DB インスタンスへの接続のトラブルシューティング」を参照してください。