AWS CloudFormation での Amazon Aurora リソースの作成 - Amazon Aurora

AWS CloudFormation での Amazon Aurora リソースの作成

Amazon Aurora は AWS CloudFormation と統合されています。これは、リソースとインフラストラクチャの作成と管理の所要時間を短縮できるように AWS リソースをモデル化して設定するためのサービスです。必要なすべての AWS リソース (DB クラスターや DB クラスターパラメータグループなど) を記述するテンプレートを作成し、AWS CloudFormation はそれらのリソースをプロビジョニングして設定します。

AWS CloudFormation を使用すると、テンプレートを再利用して Aurora リソースを同じように繰り返してセットアップできます。リソースを一度記述すると、同じリソースを複数の AWS アカウントおよびリージョンで何度でも繰り返してプロビジョニングできます。

Aurora テンプレートと AWS CloudFormation テンプレート

Aurora および関連サービスのリソースをプロビジョニングして設定するには、AWS CloudFormation テンプレートについて理解しておく必要があります。テンプレートは、JSON または YAML でフォーマットされたテキストファイルです。これらのテンプレートは、AWS CloudFormation スタックでプロビジョニングするリソースについて記述します。JSON または YAML に詳しくない場合は、AWS CloudFormation Designer を使用して AWS CloudFormation テンプレートの使用を開始できます。詳細については、AWS CloudFormation ユーザーガイドの「AWS CloudFormation Designer とは」を参照してください。

Aurora は、AWS CloudFormation でのリソースの作成をサポートしています。これらのリソースの JSON テンプレートと YAML テンプレートの例を含む詳細については、AWS CloudFormation ユーザーガイドの「RDS リソースタイプのリファレンス」を参照してください。

の詳細情報AWS CloudFormation

AWS CloudFormation の詳細については、以下のリソースを参照してください。