CloudWatch コンソールおよび AWS CLI での DB クラスターメトリクスの表示 - Amazon Aurora

CloudWatch コンソールおよび AWS CLI での DB クラスターメトリクスの表示

CloudWatch を使用して DB インスタンスのメトリクスを表示する方法の詳細を次に示します。CloudWatch Logs を使用して DB インスタンスのオペレーティングシステムのメトリクスをリアルタイムでモニタリングする方法については、「拡張モニタリングを使用した OS メトリクスのモニタリング」を参照してください。

Amazon Aurora リソースを使用する場合、Amazon Aurora が 1 分ごとにメトリクスとディメンションを Amazon CloudWatch に送信します。CloudWatch コンソールや CLI で Amazon Aurora のメトリクスを表示する場合は、次の手順に従います。

Amazon CloudWatch コンソールを使用してメトリクスを表示するには

メトリクスはまずサービスの名前空間ごとにグループ化され、次に各名前空間内のさまざまなディメンションの組み合わせごとにグループ化されます。

  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

    CloudWatch 概要のホームページが表示されます。

    
                            CloudWatch 概要ページ
  2. 必要に応じて AWS リージョンを変更します。ナビゲーションバーから、AWS リソースがある AWS リージョンを選択します。詳細については、「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

  3. ナビゲーションペインで、[Metrics] (メトリクス)、[All metrics] (すべてのメトリクス) の順に選択します。

    
                            メトリクスの名前空間を選択する
  4. 下にスクロールし、RDS メトリクス名前空間を選択します。

    ページに Amazon Aurora ディメンションが表示されます。これらのディメンションの詳細については、「Aurora の Amazon CloudWatch ディメンション」を参照してください。

    
                            メトリクスの名前空間を選択する
  5. メトリクスディメンションを選択します。例えば [データベースクラス別] を選択します。

    
                            メトリクスのフィルタリング
  6. 次のアクションのいずれかを実行します。

    • メトリクスを並べ替えるには、列見出しを使用します。

    • メトリクスをグラフ表示するには、メトリクスの横にあるチェックボックスを選択します。

    • リソースでフィルタするには、リソース ID を選択し、[Add to search] (検索に追加) を選択します。

    • メトリクスでフィルターするには、メトリクス名を選択し、[Add to search] (検索に追加) を選択します。

    次の例では、db.t3.medium クラスをフィルタリングし、CPUUtilization メトリクスをグラフ化します。

    
                            メトリクスのフィルタリング

AWS CLI を使用してメトリクスの情報を取得するには、CloudWatch の list-metrics コマンドを使用します。次の例では、AWS/RDS 名前空間にすべてのメトリクスがリストされています。

aws cloudwatch list-metrics --namespace AWS/RDS

メトリクスの統計情報を取得するには、get-metric-statistics コマンドを使用します。次のコマンドは、特定の 24 時間において 5 分の精度でインスタンス my-instanceCPUUtilization 統計情報を取得します。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws cloudwatch get-metric-statistics --namespace AWS/RDS \ --metric-name CPUUtilization \ --start-time 2021-12-15T00:00:00Z \ --end-time 2021-12-16T00:00:00Z \ --period 360 \ --statistics Minimum \ --dimensions Name=DBInstanceIdentifier,Value=my-instance

Windows の場合:

aws cloudwatch get-metric-statistics --namespace AWS/RDS ^ --metric-name CPUUtilization ^ --start-time 2021-12-15T00:00:00Z ^ --end-time 2021-12-16T00:00:00Z ^ --period 360 ^ --statistics Minimum ^ --dimensions Name=DBInstanceIdentifier,Value=my-instance

出力例は次のとおりです。

{ "Datapoints": [ { "Timestamp": "2021-12-15T18:00:00Z", "Minimum": 8.7, "Unit": "Percent" }, { "Timestamp": "2021-12-15T23:54:00Z", "Minimum": 8.12486458559024, "Unit": "Percent" }, { "Timestamp": "2021-12-15T17:24:00Z", "Minimum": 8.841666666666667, "Unit": "Percent" }, ... { "Timestamp": "2021-12-15T22:48:00Z", "Minimum": 8.366248354248954, "Unit": "Percent" } ], "Label": "CPUUtilization" }

詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクスの統計の取得」を参照してください。