MariaDB のパラメータ - Amazon Relational Database Service

MariaDB のパラメータ

デフォルトでは、MariaDB DB インスタンスは MariaDB データベースに固有の DB パラメータグループを使用します。このパラメータグループには、MySQL データベースエンジンの Amazon RDS DB パラメータグループに含まれるいくつかのパラメータがありますが、すべてのパラメータがあるわけではありません。また、いくつかの新しい MariaDB 固有のパラメータも含まれます。パラメータグループの操作とパラメータの設定については、「パラメータグループを使用する」を参照してください。

MariaDB パラメータの表示

RDS for MariaDB パラメータは、選択したストレージエンジンのデフォルト値に設定されます。MariaDB パラメータの詳細については、MariaDB のドキュメントを参照してください。MariaDB ストレージエンジンの詳細については、「Amazon RDS の MariaDB でサポートされているストレージエンジン」を参照してください。

特定の RDS for MariaDB バージョンで使用できるパラメータは、RDS コンソールまたは AWS CLI で確認できます。RDS コンソールでの MariaDB パラメータグループ内のパラメータの表示方法については、「DB パラメータグループのパラメータ値を表示する」を参照してください。

AWS CLI を使用して、describe-engine-default-parameters コマンドを実行して、RDS for MariaDB バージョンのパラメータを表示できます。--db-parameter-group-family オプションには、次の値のうち 1 つを指定します。

  • mariadb10.6

  • mariadb10.5

  • mariadb10.4

  • mariadb10.3

  • mariadb10.2

例えば、RDS for MariaDB バージョン 10.6 のパラメータを表示するには、次のコマンドを実行します。

aws rds describe-engine-default-parameters --db-parameter-group-family mariadb10.6

出力は次のようになります。

{ "EngineDefaults": { "Parameters": [ { "ParameterName": "alter_algorithm", "Description": "Specify the alter table algorithm.", "Source": "engine-default", "ApplyType": "dynamic", "DataType": "string", "AllowedValues": "DEFAULT,COPY,INPLACE,NOCOPY,INSTANT", "IsModifiable": true }, { "ParameterName": "analyze_sample_percentage", "Description": "Percentage of rows from the table ANALYZE TABLE will sample to collect table statistics.", "Source": "engine-default", "ApplyType": "dynamic", "DataType": "float", "AllowedValues": "0-100", "IsModifiable": true }, { "ParameterName": "aria_block_size", "Description": "Block size to be used for Aria index pages.", "Source": "engine-default", "ApplyType": "static", "DataType": "integer", "AllowedValues": "1024-32768", "IsModifiable": false }, { "ParameterName": "aria_checkpoint_interval", "Description": "Interval in seconds between automatic checkpoints.", "Source": "engine-default", "ApplyType": "dynamic", "DataType": "integer", "AllowedValues": "0-4294967295", "IsModifiable": true }, ...

RDS for MariaDB バージョン 10.6 の変更可能なパラメータのみを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds describe-engine-default-parameters --db-parameter-group-family mariadb10.6 \ --query 'EngineDefaults.Parameters[?IsModifiable==`true`]'

Windows の場合:

aws rds describe-engine-default-parameters --db-parameter-group-family mariadb10.6 ^ --query "EngineDefaults.Parameters[?IsModifiable==`true`]"

使用できない MySQL パラメータ

以下の MySQL パラメータは、MariaDB 固有の DB パラメータグループでは使用できません。

  • bind_address

  • binlog_error_action

  • binlog_gtid_simple_recovery

  • binlog_max_flush_queue_time

  • binlog_order_commits

  • binlog_row_image

  • binlog_rows_query_log_events

  • binlogging_impossible_mode

  • block_encryption_mode

  • core_file

  • default_tmp_storage_engine

  • div_precision_increment

  • end_markers_in_json

  • enforce_gtid_consistency

  • eq_range_index_dive_limit

  • explicit_defaults_for_timestamp

  • gtid_executed

  • gtid-mode

  • gtid_next

  • gtid_owned

  • gtid_purged

  • log_bin_basename

  • log_bin_index

  • log_bin_use_v1_row_events

  • log_slow_admin_statements

  • log_slow_slave_statements

  • log_throttle_queries_not_using_indexes

  • master-info-repository

  • optimizer_trace

  • optimizer_trace_features

  • optimizer_trace_limit

  • optimizer_trace_max_mem_size

  • optimizer_trace_offset

  • relay_log_info_repository

  • rpl_stop_slave_timeout

  • slave_parallel_workers

  • slave_pending_jobs_size_max

  • slave_rows_search_algorithms

  • storage_engine

  • table_open_cache_instances

  • timed_mutexes

  • transaction_allow_batching

  • validate-password

  • validate_password_dictionary_file

  • validate_password_length

  • validate_password_mixed_case_count

  • validate_password_number_count

  • validate_password_policy

  • validate_password_special_char_count

MySQL パラメータの詳細については、MySQL のドキュメントを参照してください。