メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) とは

Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)は、クラウドでリレーショナルデータベースを簡単にセットアップし、運用し、拡張することのできるウェブサービスです。業界標準のリレーショナルデータベース向けに、費用対効果に優れた拡張機能を備え、一般的なデータベース管理タスクを管理します。

Amazon RDS の概要

マネージド型リレーショナルデータベースサービスAmazon RDS がリレーショナルデータベースの複雑または単調な管理タスクの多くを引き受けるからです。

  • サーバーを購入するときは、CPU、メモリ、ストレージ、IOPS をすべて一緒にまとめて入手します。Amazon RDS では、これらが分離されているため、個別にスケールできます。CPU の増加、IOPS の削減、またはストレージの追加が必要な場合、簡単に割り当てることができます。

  • Amazon RDS では、バックアップ、ソフトウェアパッチ、自動的な障害検出、および復旧を管理します。

  • マネージド型サービスの操作性を実現するために、Amazon RDS では DB インスタンスへのシェルアクセスはできません。また、上位の権限を必要とする特定のシステムプロシージャやシステムテーブルへのアクセスが制限されます。

  • 必要なときに自動バックアップを実行できます。または、手動で独自のバックアップスナップショットを作成できます。これらのバックアップを使用してデータベースを復元できます。Amazon RDS の復元は信頼性の高い効率的なプロセスです。

  • プライマリインスタンスと同期しているセカンダリインスタンスがあると、問題が発生したときにセカンダリインスタンスにフェイルオーバーできるので、高可用性を実現できます。また、MySQL、MariaDB、または PostgreSQL のリードレプリカを使用して、読み取りスケーリングを拡張できます。

  • MySQL、MariaDB、PostgreSQL、Oracle、Microsoft SQL Server などの使い慣れたデータベース製品のほか、MySQL と互換性のある新しい Amazon Aurora DB エンジンを使用できます (詳細は「Amazon RDS の Amazon Aurora」を参照)。

  • データベースパッケージのセキュリティに加え、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用してユーザーとアクセス許可を定義すると、RDS データベースにアクセスできるユーザーを制御するのに役立ちます。また、Virtual Private Cloud に配置すると、データベースを保護することもできます。

AWS の製品やサービスを初めて使用する場合、詳細については、以下のリソースを参照してください。

DB インスタンス

Amazon RDS の基本的な構成要素は DB インスタンス です。DB インスタンスはクラウド内の独立したデータベース環境です。DB インスタンスは、ユーザーが作成した複数のデータベースを含むことができ、スタンドアロンデータベースインスタンスで使用するときと同じツールおよびアプリケーションを使用してアクセスできます。AWS Command Line Interface、Amazon RDS API、または AWS マネジメントコンソール を使用して、DB インスタンスを作成および変更することができます。

各 DB インスタンスでは、DB エンジンが実行されます。Amazon RDS で現在サポートされる DB エンジンは、MySQL、MariaDB、PostgreSQL、Oracle、および Microsoft SQL Server です。各 DB エンジンには、独自のサポートされている機能があり、DB エンジンの各バージョンに固有の機能が含まれている可能性があります。さらに、各 DB エンジンは、DB パラメータグループに一連のパラメータを保有し、これにより管理するデータベースの動作を制御します。

DB インスタンスの計算とメモリの容量は、DB インスタンスクラスによって決まります。お客様のニーズに最も合う DB インスタンスを選択できます。ニーズが時間の経過と共に変化する場合は、DB インスタンスを変更できます。詳細については、DB インスタンスクラス を参照してください。

注記

DB インスタンスクラスの料金については、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) 製品ページの料金セクションを参照してください。

DB インスタンスストレージには、マグネティック、汎用 (SSD)、Provisioned IOPS (PIOPS) の 3 タイプがあります。この 2 つはパフォーマンス特性と料金が異なるため、データベースのニーズに応じてストレージのパフォーマンスとコストを調整できます。各 DB インスタンスは、サポートするストレージタイプやデータベースエンジンによって最小/最大ストレージ要件が異なります。データベースが拡張できる余裕があり、DB エンジンの機能がコンテンツの書き込みまたはエントリの記録のために拡張できるように、十分なストレージを確保することが重要です。詳細については、「Amazon RDS のストレージ」を参照してください。

Amazon Virtual Private Cloud (VPC) サービスを使用して仮想プライベートクラウド上の DB インスタンスを実行できます。仮想プライベートクラウドを使用すると、仮想ネットワーク環境を管理できます。独自の IP アドレスの範囲を選択し、サブネットを作成して、ルーティングおよびアクセスコントロールリストを設定できます。Amazon RDS の基本機能は、VPC で実行していても、いなくても同じです。Amazon RDS は、バックアップ、ソフトウェアパッチ、自動的な障害検出、および復旧を管理します。VPC で DB インスタンスを実行するために、追加料金はかかりません。VPC および RDS については、「Amazon Virtual Private Cloud (VPCs) と Amazon RDS」を参照してください。

Amazon RDS は Network Time Protocol (NTP) を使用して DB インスタンスの時刻を同期します。

リージョンとアベイラビリティーゾーン

Amazon クラウドコンピューティングリソースは、世界各地 (たとえば、北米、ヨーロッパ、アジア) の高可用性のデータセンター施設に収容されています。各データセンターの場所は、リージョンと呼ばれます。

各リージョンは、アベイラビリティーゾーンまたは AZ と呼ばれる複数の区切られた場所で構成されています。各アベイラビリティーゾーンは、他のアベイラビリティーゾーンにおける障害の影響は受けず、同じリージョン内の他のアベイラビリティゾーンには、低コスト、低レイテンシーでネットワーク接続できるように設計されています。個別のアベイラビリティーゾーンでインスタンスを起動することにより、1 つの場所で発生した障害からアプリケーションを保護できます。詳細については、「リージョンとアベイラビリティーゾーン」を参照してください。

オプションで、マルチ AZ 配置と呼ばれる複数のアベイラビリティゾーンの DB インスタンスを実行できます。このオプションを選択すると、Amazon によってセカンダリスタンバイ DB インスタンスが別のアベイラビリティーゾーンで自動的にプロビジョンされて管理されます。プライマリ DB インスタンスは、複数のアベイラビリティーゾーン間で、セカンダリレプリカに同期的にレプリケートされます。これにより、データの冗長性の確保、フェイルオーバーのサポート、I/O 停止の回避が可能になります。また、システムバックアップ中にレイテンシーが急に長くなるのを最小限に抑えることができます。詳細については、「高可用性 (マルチ AZ) 」を参照してください。

セキュリティ

セキュリティグループは、DB インスタンスへのアクセスを制御します。制御するには、アクセスを許可する IP アドレスの範囲または Amazon EC2 インスタンスを指定します。

Amazon RDS は、DB セキュリティグループ、VPC セキュリティグループ、EC2 セキュリティグループを使用します。簡潔に言うと、DB セキュリティグループは VPC の外にある DB インスタンスへのアクセスを制御、VPC セキュリティグループは VPC 内の DB インスタンスへのアクセスを制御し、Amazon EC2 セキュリティグループは EC2 インスタンスへのアクセスを制御するほか、DB インスタンスで使用できます。セキュリティグループの詳細については、Amazon RDS でのセキュリティ を参照してください。

Amazon RDS DB インスタンスの監視

DB インスタンスのパフォーマンスと動作状態を追跡する方法は複数あります。無料の Amazon CloudWatch サービスを使用して DB インスタンスのパフォーマンスと動作状態を監視できます。パフォーマンスチャートは Amazon RDS コンソールに表示されます。Amazon RDS イベントにサブスクライブすると、DB インスタンス、DB スナップショット、DB パラメータグループ、DB セキュリティグループで変更が発生したときに通知を受け取ることができます。詳細については、「Amazon RDS のモニタリング」を参照してください。

Amazon RDS のインターフェイス

Amazon RDS を操作する方法は複数あります。

AWS マネジメントコンソール

AWS マネジメントコンソール はシンプルなウェブベースのユーザーインターフェイスです。プログラミングなしでコンソールから DB インスタンスを管理できます。Amazon RDS コンソールにアクセスするには、AWS マネジメントコンソール にサインインして Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

コマンドラインインターフェイス

AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して Amazon RDS API にインタラクティブにアクセスできます。AWS CLI をインストールするには、「AWS コマンドラインインターフェイスのインストール」を参照してください。RDS 用 AWS CLI の使用を開始するには、「Amazon RDS 用 AWS Command Line Interface リファレンス」を参照してください。

Amazon RDS を使用したプログラミング

開発者は、プログラムを使って Amazon RDS にアクセスできます。詳細については、「Amazon RDS アプリケーションプログラミングインターフェイス (API)」を参照してください。

アプリケーション開発には、AWS ソフトウェアデプロイキット (SDK) のいずれかを使用することをお勧めします。AWS SDK は、認証、再試行ロジック、エラー処理などの低レベルの詳細を処理するため、開発者はアプリケーションロジックに専念できます。AWS SDK は、さまざまな言語で利用できます。詳細については、「Tools for Amazon Web Services」を参照してください。

AWS では、より簡単に使用を開始できるように、ライブラリ、サンプルコード、チュートリアルなどのリソースを提供しています。詳細については、「サンプルコードとライブラリ」を参照してください。

Amazon RDS の課金方法

Amazon RDS を使用するときは、お客様が利用された分のみのお支払いとなり、最低料金や設定料金はありません。次の条件に応じて請求させていただきます。

  • インスタンスクラス – 料金は、消費した DB インスタンスのクラス (マイクロ、スモール、ラージ、xlarge など) に基づいています。

  • 実行時間 – インスタンス時間によって請求されます。インスタンス時間は、1 つのインスタンスを 1 時間実行する場合に相当します。たとえば、1 つのインスタンスを 2 時間実行する場合と、2 つのインスタンスを 1 時間実行する場合のいずれも 2 インスタンス時間を消費することになります。DB インスタンスの実行時間が 1 時間に満たない場合、1 インスタンス時間が課金されます。

  • ストレージ – DB インスタンスにプロビジョニングしたストレージ容量は、毎月 GB 単位で請求されます。準備したストレージ容量を当月以内に拡張した場合、請求は比例配分されます。

  • 1 か月ごとの I/O リクエスト – 1 回の請求サイクルで作成したストレージの I/O リクエストの総数です。

  • バックアップストレージ - バックアップストレージは、自動データベースバックアップおよび作成したアクティブなデータベースのスナップショットに関連付けられているストレージです。バックアップ保持期間を延長するか、追加のデータベーススナップショットを撮ると、データベースが消費するバックアップストレージが増加します。Amazon RDS は、プロビジョニング済みデータベースストレージの 100% まで追加料金なしでバックアップストレージを提供します。たとえば、10 GB 月のプロビジョニング済みデータベースストレージに対しては、追加料金なしで最大 10 GB 月のバックアップストレージを提供します。ほとんどのデータベースでは、バックアップに必要な raw ストレージはプライマリデータセットよりも少ないため、複数のバックアップを保持しない場合は、バックアップストレージの料金はかかりません。バックアップストレージは、アクティブな DB インスタンスの場合のみ無料です。

  • データ転送 – DB インスタンスのインターネット経由のデータ受信および送信です。

通常の RDS の料金表とは別に、リザーブド DB インスタンスを購入できます。リザーブド DB インスタンスでは、DB インスタンスに対して一括前払いが可能で、低料金で 1 年間または 3 年間 DB インスタンスを予約することができます。リザーブド DB インスタンスの詳細については、「リザーブド DB インスタンスを使用する」を参照してください。

Amazon RDS の料金については、Amazon RDS の製品ページをご覧ください。

次のステップ

前のセクションでは、RDS が提供する基本的なインフラストラクチャのコンポーネントを紹介しました。次に実行すべきことは以下のとおりです。

開始方法

Amazon RDS の使用開始」セクションの手順を使用して DB インスタンスを作成します。

データベースエンジン固有のトピック

以下のセクションでは、DB エンジンごとに固有の情報を確認することができます。