Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド

Amazon Relational Database Service (​Amazon RDS) とは?

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) は、AWS クラウドでリレーショナルデータベースを簡単にセットアップ、運用、スケーリングできるウェブサービスです。業界標準のリレーショナルデータベース向けに、費用対効果に優れた拡張機能を備え、一般的なデータベース管理タスクを管理します。

注記

このガイドでは、Amazon Aurora 以外の Amazon RDS データベースエンジンについて説明しています。Amazon Aurora の使用については、Amazon Aurora ユーザーガイドを参照してください。

Amazon RDS の概要

マネージド型リレーショナルデータベースサービス Amazon RDS がリレーショナルデータベースの複雑または単調な管理タスクの多くを引き受けるからです。

  • サーバーを購入するときは、CPU、メモリ、ストレージ、IOPS をすべて一緒にまとめて入手します。Amazon RDS では、これらが分離されているため、個別にスケールできます。CPU の増加、IOPS の削減、またはストレージの追加が必要な場合、簡単に割り当てることができます。

  • Amazon RDS では、バックアップ、ソフトウェアパッチ、自動的な障害検出、および復旧を管理します。

  • マネージドサービスエクスペリエンスを提供するために、Amazon RDS は DB インスタンスへのシェルアクセスを提供していません。また、高度な特権を必要とする特定のシステムプロシージャやテーブルへのアクセスを制限しています。

  • 必要なときに自動バックアップを実行できます。または、手動で独自のバックアップスナップショットを作成できます。これらのバックアップを使用してデータベースを復元できます。Amazon RDS の復元は信頼性の高い効率的なプロセスです。

  • プライマリインスタンスと同期しているセカンダリインスタンスがあると、問題が発生したときにセカンダリインスタンスにフェイルオーバーできるので、高可用性を実現できます。また、MySQL、MariaDB、または PostgreSQL のリードレプリカを使用して、読み取りスケーリングを拡張できます。

  • MySQL、MariaDB、PostgreSQL、Oracle、Microsoft SQL Server など既に使い慣れたデータベース製品を使用できます。

  • データベースパッケージのセキュリティに加え、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用してユーザーとアクセス許可を定義すると、RDS データベースにアクセスできるユーザーを制御するのに役立ちます。また、Virtual Private Cloud に配置すると、データベースを保護することもできます。

AWS の製品やサービスを初めて使用する場合、詳細については、以下のリソースを参照してください。

DB インスタンス

Amazon RDS の基本的な構成要素は DB インスタンスです。DB インスタンスは、AWS クラウド内の独立したデータベース環境です。DB インスタンスには、ユーザーが作成した複数のデータベースを含めることができます。DB インスタンスには、スタンドアロンデータベースインスタンスで使用するものと同じツールおよびアプリケーションを使用してアクセスすることができます。AWS Command Line Interface、Amazon RDS API、または AWS マネジメントコンソール を使用して、DB インスタンスを作成および変更することができます。

各 DB インスタンスでは、DB エンジンが実行されます。Amazon RDS で現在サポートされる DB エンジンは、MySQL、MariaDB、PostgreSQL、Oracle、および Microsoft SQL Server です。各 DB エンジンには、独自のサポートされている機能があり、DB エンジンの各バージョンに固有の機能が含まれている可能性があります。さらに、各 DB エンジンは、DB パラメータグループに一連のパラメータを保有し、これにより管理するデータベースの動作を制御します。

DB インスタンスの計算とメモリの容量は、DB インスタンスクラスによって決まります。お客様のニーズに最も合う DB インスタンスを選択できます。ニーズが時間の経過と共に変化する場合は、DB インスタンスを変更できます。詳細については、DB インスタンスクラスの選択 を参照してください。

注記

DB インスタンスクラスの料金情報については、Amazon RDS 製品ページの料金表セクションを参照してください。

DB インスタンスストレージには、マグネティック、汎用 (SSD)、Provisioned IOPS (PIOPS) の 3 タイプがあります。この 2 つはパフォーマンス特性と料金が異なるため、データベースのニーズに応じてストレージのパフォーマンスとコストを調整できます。各 DB インスタンスは、サポートするストレージタイプやデータベースエンジンによって最小/最大ストレージ要件が異なります。データベースの増加に対応できるように、十分なストレージを確保しておくことが大切です。また、十分なストレージがあると、DB エンジンの機能がコンテンツやログエントリを書き込むスペースが確保されます。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスストレージ」を参照してください。

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) サービスを使用して、virtual private cloud (VPC) 上の DB インスタンスを実行できます。VPC を使用する場合、仮想ネットワーキング環境を制御できます。独自の IP アドレスの範囲を選択し、サブネットを作成してルーティングおよびアクセスコントロールリストを設定できます。Amazon RDS の基本機能は、VPC で実行していても、いなくても同じです。Amazon RDS は、バックアップ、ソフトウェアパッチ、自動的な障害検出、および復旧を管理します。VPC で DB インスタンスを実行するために、追加料金はかかりません。RDS で Amazon VPC を使用する方法については、「Amazon Virtual Private Cloud VPC および Amazon RDS」を参照してください。

Amazon RDS は Network Time Protocol (NTP) を使用して DB インスタンスの時刻を同期します。

AWS のリージョンとアベイラビリティーゾーン

Amazon クラウドコンピューティングリソースは、世界各地 (たとえば、北米、ヨーロッパ、アジア) の高可用性のデータセンター施設に収容されています。各データセンターの場所は、AWS リージョンと呼ばれます。

各 AWS リージョンは、複数のそれぞれ独立した場所で構成されており、これらの場所はアベイラビリティーゾーンまたは AZ と呼ばれます。各アベイラビリティーゾーンは、他のアベイラビリティーゾーンの障害から分離されるように設計されています。アベイラビリティーゾーンは、同じ AWS リージョン内の他のアベイラビリティーゾーンに低価格かつ低レイテンシーのネットワーク接続を提供します。個別のアベイラビリティーゾーンでインスタンスを起動することにより、1 つの場所で発生した障害からアプリケーションを保護できます。詳細については、「リージョンとアベイラビリティーゾーン」を参照してください。

オプションで、マルチ AZ 配置と呼ばれる複数のアベイラビリティゾーンの DB インスタンスを実行できます。このオプションを選択すると、Amazon によってセカンダリスタンバイ DB インスタンスが別のアベイラビリティーゾーンで自動的にプロビジョンされて管理されます。プライマリ DB インスタンスは、同期的にアベイラビリティーゾーン間でセカンダリインスタンスにレプリケートされます。これは、データの冗長性およびフェイルオーバーサポートを提供し、I/O フリーズを排除して、システムのバックアップの際のレイテンシーのスパイクを最小限に抑えるのに役立ちます。詳細については、「Amazon RDS での高可用性 (マルチ AZ)」を参照してください。

セキュリティ

セキュリティグループは、DB インスタンスへのアクセスを制御します。制御するには、アクセスを許可する IP アドレスの範囲または Amazon EC2 インスタンスを指定します。

Amazon RDS は、DB セキュリティグループ、VPC セキュリティグループ、EC2 セキュリティグループを使用します。簡単にいえば、以下のようになります。

  • DB セキュリティグループは、VPC 内に存在しない DB インスタンスへのアクセスを制御します。

  • VPC セキュリティグループは、VPC 内の DB インスタンスへのアクセスを制御します。

  • EC2 セキュリティグループは、EC2 インスタンスへのアクセスを制御し、DB インスタンスと使用することができます。

セキュリティグループの詳細については、Amazon RDS でのセキュリティ を参照してください。

Amazon RDS DB インスタンスの監視

DB インスタンスのパフォーマンスと動作状態を追跡する方法は複数あります。Amazon CloudWatch サービスを使用して DB インスタンスのパフォーマンスと動作状態を監視できます。CloudWatch パフォーマンスチャートは Amazon RDS コンソールに表示されます。Amazon RDS イベントにサブスクライブすると、DB インスタンス、DB スナップショット、DB パラメータグループ、DB セキュリティグループで変更が発生したときに通知を受け取ることができます。詳細については、「Amazon RDS のモニタリング」を参照してください。

Amazon RDS の使用方法

Amazon RDS を操作する方法は複数あります。

AWS マネジメントコンソール

AWS マネジメントコンソール はシンプルなウェブベースのユーザーインターフェイスです。プログラミングなしでコンソールから DB インスタンスを管理できます。Amazon RDS コンソールにアクセスするには、AWS マネジメントコンソール にサインインして Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

コマンドラインインターフェイス

AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して Amazon RDS API にインタラクティブにアクセスできます。AWS CLI をインストールするには、「AWS コマンドラインインターフェイスのインストール」を参照してください。RDS 用 AWS CLI の使用を開始するには、「Amazon RDS 用 AWS Command Line Interface リファレンス」を参照してください。

Amazon RDS を使用したプログラミング

開発者は、プログラムを使って Amazon RDS にアクセスできます。詳細については、「Amazon RDS アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) リファレンス」を参照してください。

アプリケーション開発には、AWS ソフトウェアデプロイキット (SDK) のいずれかを使用することをお勧めします。AWS SDK は、認証、再試行ロジック、エラー処理などの低レベルの詳細を処理するため、開発者はアプリケーションロジックに専念できます。AWS SDK は、さまざまな言語で利用できます。詳細については、「アマゾン ウェブ サービスのツール」を参照してください。

AWS では、より簡単に使用を開始できるように、ライブラリ、サンプルコード、チュートリアルなどのリソースを提供しています。詳細については、「サンプルコードとライブラリ」を参照してください。

Amazon RDS の課金方法

Amazon RDS を使用する場合、オンデマンド DB インスタンスを使用するかリザーブド DB インスタンスを使用するかを選択できます。詳細については、「 Amazon RDS DB インスタンスの請求 」を参照してください。

Amazon RDS の料金情報については、Amazon RDS の製品ページを参照してください。

次のステップ

前のセクションでは、RDS が提供する基本的なインフラストラクチャのコンポーネントを紹介しました。次に実行すべきことは以下のとおりです。

ご利用開始にあたって

Amazon RDS の使用開始 の手順を使用して DB インスタンスを作成します。

データベースエンジン固有のトピック

以下のセクションでは、DB エンジンごとに固有の情報を確認することができます。