Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

Oracle データベースエンジンリリースノート

Amazon RDS for Oracle DB インスタンスは、更新によって常に最新の状態に保たれます。更新を適用することで、Oracle と Amazon の両方で回帰テスト済みの安定したバージョンのデータベースソフトウェアが、DB インスタンスで確実に実行されます。個々の DB インスタンスへの 1 回限りのパッチの適用はサポートされていません。

Oracle バージョン 12.2.0.1

Amazon RDS for Oracle バージョン 12.2.0.1 の場合、Oracle からのバグ修正はリリース更新 (RU) とリリース更新リビジョン (RUR) を介して Amazon RDS で適用されます。

Amazon RDS for Oracle バージョン 12.2.0.1 に適用される RU と PRU は以下のとおりです。

Oracle バージョン 12.1.0.2 および 11.2.0.4

Amazon RDS for Oracle バージョン 12.1.0.2 および 11.2.0.4 の場合、Oracle からのバグ修正は四半期ごとのデータベースパッチセット更新 (PSU) を介して Amazon RDS で適用されます。Oracle と Amazon の両方で回帰テスト済みの安定したバージョンのデータベースソフトウェアが、DB インスタンスで確実に実行されます。個々の DB インスタンスへの 1 回限りのパッチの適用はサポートされていません。

Amazon RDS for Oracle バージョン 12.1.0.2 および 11.2.0.4 に適用される Oracle パッチセット更新 (PSU) は、次の表に示すとおりです。

PSU

バージョン 12.1.0.2

バージョン 11.2.0.4

2018 年 10 月

12.1.0.2.v14

11.2.0.4.v18

2018 年 7 月

12.1.0.2.v13

11.2.0.4.v17

2018 年 4 月

12.1.0.2.v12

11.2.0.4.v16

2018 年 1 月

12.1.0.2.v11

11.2.0.4.v15

2017 年 10 月

12.1.0.2.v10

11.2.0.4.v14

2017 年 7 月

12.1.0.2.v9

11.2.0.4.v13

2017 年 4 月

12.1.0.2.v8

11.2.0.4.v12

2017 年 1 月

12.1.0.2.v7

11.2.0.4.v11

2016 年 10 月

12.1.0.2.v6

11.2.0.4.v10

2016 年 7 月

12.1.0.2.v5

11.2.0.4.v9

2016 年 4 月

12.1.0.2.v4

11.2.0.4.v8

2016 年 1 月

12.1.0.2.v3

11.2.0.4.v7

2015 年 10 月

12.1.0.2.v2

11.2.0.4.v6

11.2.0.4.v5

2015 年 4 月

12.1.0.2.v1

11.2.0.4.v4

2014 年 10 月

11.2.0.4.v3

2014 年 7 月

11.2.0.4.v2

(廃止)

2014 年 1 月

11.2.0.4.v1