最後のフェイルオーバー時間の確認 - Amazon Relational Database Service

最後のフェイルオーバー時間の確認

最後のフェイルオーバー時間を確認するには、次のストアドプロシージャを使用します。

execute msdb.dbo.rds_failover_time;

このプロシージャは、次の情報を返します。

出力パラメータ 説明

errorlog_available_from

ログディレクトリでエラーログが使用可能になる時間が表示されます。

recent_failover_time

エラーログに最新のフェイルオーバー時間が含まれている場合は、その時間が表示されます。それ以外の場合は、null が表示されます。

注記

ストアドプロシージャは、最新のフェイルオーバー時間を取得するために、ログディレクトリ内のすべての使用可能な SQL Server エラーログを検索します。フェイルオーバーメッセージが SQL Server によって上書きされている場合、フェイルオーバー時間は取得されません。

例 最近のフェイルオーバーなしの例

この例は、エラーログに最近のフェイルオーバーが存在しない場合の出力を示しています。2020-04-29 23:59:00.01 以降、フェイルオーバーは発生していません。

errorlog_available_from recent_failover_time

2020-04-29 23:59:00.0100000

null

例 最近のフェイルオーバーの例

この例は、エラーログにフェイルオーバーが存在する場合の出力を示しています。最新のフェイルオーバーは、2020-05-05 18:57:51.89 に発生しています。

errorlog_available_from recent_failover_time

2020-04-29 23:59:00.0100000

2020-05-05 18:57:51.8900000