Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

ステップ 1: RDS DB インスタンスの作成

このステップでは Amazon RDS MySQL DB インスタンスを作成します。このインスタンスでは、ウェブアプリケーションによって使用されるデータが維持されます。

重要

この手順を開始するには、パブリックサブネットとプライベートサブネットを持つ VPC、および対応するセキュリティグループが必要です。これらがない場合は、「チュートリアル: Amazon RDS DB インスタンスで使用する Amazon VPC の作成」を参照してください。VPC をプライベートサブネットおよびパブリックサブネットで作成する追加のサブネットの作成 パブリックウェブサーバーの VPC セキュリティグループを作成する プライベート Amazon RDS DB インスタンスの VPC セキュリティグループの作成 の各ステップを実行します。

MySQLDB インスタンスを起動するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. AWS マネジメントコンソールの右上隅で、DB インスタンスを作成するリージョンを選択します。この例では、米国西部 (オレゴン) リージョンを使用します。

  3. ナビゲーションペインで、[インスタンス] を選択します。

    ナビゲーションペインが閉じられている場合は、左上隅のメニューアイコンを選択して開きます。

  4. [Create database (データベースの作成)] を選択して、[エンジンの選択] ページを開きます。

  5. 以下に示すように、[Select engine] で [MySQL] を選択し、続いて [Next] を選択します。

    
                            エンジンの選択
  6. [Choose use case] ページで、[Dev/Test – MySQL]、[Next] の順に選択します。

  7. 次に示す [Specify DB details] ページで、次の値を設定します。

    • License model: デフォルト値を使用します。

    • DB engine version: デフォルト値を使用します。

    • DB インスタンスクラス: db.t2.small

    • マルチ AZ 配置: No

    • ストレージタイプ: General Purpose (SSD)

    • ストレージ割り当て: 20 GiB

    • DB インスタンス識別子: tutorial-db-instance

    • マスターユーザー名: tutorial_user

    • Master password: パスワードを選択します。

    • Confirm password: パスワードを再入力します。

    
                            DB 詳細の指定
  8. [Next] を選択し、[Configure advanced settings] ページに以下の値を設定します。

    • [Virtual Private Cloud (VPC):] 「VPC をプライベートサブネットおよびパブリックサブネットで作成する」で作成された tutorial-vpc (vpc-拡張子) のようなパブリックとプライベートの両方のサブネットがある既存の VPC を選択します。

      注記

      VPC には異なるアベイラビリティーゾーンのサブネットが存在している必要があります。

    • [Subnet group] (サブネットグループ): 「DB サブネットグループを作成する」で作成する tutorial-db-subnet-group のような、VPC 用の DB サブネットグループ

    • Public accessibility: No

    • アベイラビリティーゾーン: No Preference

    • [VPC security groups] (VPC セキュリティグループ): 「 プライベート Amazon RDS DB インスタンスの VPC セキュリティグループの作成」で作成する tutorial-db-securitygroup のような、プライベートアクセス用に設定された既存の VPC セキュリティグループを選択します。

      関連付けられている X をクリックして、デフォルトのセキュリティグループなど他のセキュリティグループを削除します。

    • データベース名: sample

    その他のオプションについては、デフォルト設定のままにしておきます。

    
                        Configure Advanced Settings パネル
  9. Amazon RDS MySQL DB インスタンスを作成するには、[Create database (データベースの作成)] を選択します。

  10. 次のページで、[View DB instances details] を選択して RDS MySQL DB インスタンスを表示します。

  11. 新しい DB インスタンスの [DB instance status] が available と表示されるまで待ちます。次に示す [Connect] セクションにスクロールします。

    
                        DB インスタンスの詳細

    DB インスタンスのエンドポイントとポートを書きとめます。この情報を使用して、ウェブサーバーを RDS DB インスタンスに接続します。

RDS MySQL DB インスタンスができるだけ安全であるために、VPC の外部にあるソースが RDS MySQL DB インスタンスに接続できないことを確認します。

次のステップ

ステップ 2: EC2 インスタンスの作成とウェブサーバーのインストール

このページの内容: