Amazon RDS のブルー/グリーンデプロイでサポートされているリージョンと DB エンジン - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS のブルー/グリーンデプロイでサポートされているリージョンと DB エンジン

ブルー/グリーンデプロイでは、本稼働データベース環境を別の同期されたステージング環境にコピーします。Amazon RDS ブルー/グリーンデプロイを使用すると、本稼働環境に影響を与えずにステージング環境のデータベースに変更を加えることができます。例えば、DB エンジンのメジャーまたはマイナーバージョンのアップグレード、データベースパラメータの変更、スキーマの変更をステージング環境で行うことができます。準備ができたら、ステージング環境を新しい本稼働データベース環境に昇格できます。詳細については、「データベース更新のために Amazon RDS ブルー/グリーンデプロイを使用する」を参照してください。

ブルー/グリーンデプロイ機能はすべての AWS リージョン でサポートされています。

ブルー/グリーンデプロイ機能は次のエンジンでサポートされています。

  • RDS for MariaDB バージョン 10.2 以降

  • RDS for MySQL バージョン 5.7 以上

  • RDS for MySQL バージョン 8.0.15 以上

  • RDS for PostgreSQL バージョン 11.21 以降

  • RDS for PostgreSQL バージョン 12.16 以降

  • RDS for PostgreSQL バージョン 13.12 以降

  • RDS for PostgreSQL バージョン 14.9 以降

  • RDS for PostgreSQL バージョン 15.4 以降

  • RDS for PostgreSQL バージョン 16.1 以降

ブルー/グリーンデプロイ機能は次のエンジンではサポートされていません。

  • RDS for Db2

  • RDS for SQL Server

  • RDS for Oracle