Amazon RDS DB インスタンス - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS DB インスタンス

DB インスタンスはクラウドで実行される独立したデータベース環境です。これは、Amazon RDS の基本的な構成要素です。DB インスタンスには、ユーザーが作成した複数のデータベースを含めることができ、スタンドアロンデータベースインスタンスにアクセスする場合と同じクライアントツールやアプリケーションを使用してアクセスできます。DB インスタンスは、Amazon AWS コマンドラインツール、Amazon RDS API オペレーション、または AWS マネジメントコンソール を使用して簡単に作成および変更できます。

注記

Amazon RDS は、標準 SQL クライアントアプリケーションを使用したデータベースへのアクセスをサポートします。Amazon RDS は、直接ホストアクセスを許可しません。

最大 40 個の Amazon RDS DB インスタンスを持つことができますが、以下の制限があります。

  • 「ライセンス込み」のモデルでは、各 SQL Server のエディション (Enterprise、Standard、Web、および Express) ごとにインスタンスをそれぞれ最大 10 使用することができます。

  • 「ライセンス込み」モデルに基づく Oracle 向けの 10

  • MySQL、MariaDB、または PostgreSQL では、40 使用できます。

  • 「Bring-Your-Own-License (BYOL)」 モデルの Oracle では、40 使用できます。

注記

アプリケーションでそれ以上の DB インスタンスが必要な場合、このフォームを使用して追加の DB インスタンスをリクエストできます。

各 DB インスタンスには、DB インスタンス識別子があります。お客様が指定するこの名前は、Amazon RDS API および AWS CLI コマンドを操作する際に DB インスタンスを一意に識別します。DB インスタンス識別子は、AWS リージョン内でユーザー別に一意にする必要があります。

識別子は、RDS によってインスタンスに割り当てられた DNS ホスト名の一部として使用されます。たとえば、db1 を DB インスタンス識別子として指定した場合、RDS は、db1.123456789012.us-east-1.rds.amazonaws.com などのインスタンスの DNS エンドポイントを自動的に割り当て、ここでの 123456789012 はアカウントの特定の地域の固定識別子です。

各 DB インスタンスでは、データベースエンジンがサポートされます。Amazon RDS で現在サポートされるデータベースエンジンは、MySQL、MariaDB、PostgreSQL、Oracle、Microsoft SQL Server、および Amazon Aurora です。

DB インスタンスの作成時、一部のデータベースエンジンではデータベース名を指定する必要があります。DB インスタンスは、複数のデータベース、または複数のスキーマを使用する 1 つの Oracle データベースをホストすることができます。データベース名の値は、データベースエンジンごとに異なります。

  • MySQL および MariaDB データベースエンジンの場合、データベース名は、DB インスタンスでホストされるデータベースの名前です。同じ DB インスタンスによってホストされているデータベースは、そのインスタンス内で名前が一意である必要があります。

  • Oracle データベースエンジンの場合、データベース名は、Oracle RDS インスタンスへの接続時に渡す必要のある ORACLE_SID の値を設定するために使用されます。

  • Microsoft SQL Server データベースエンジンの場合、データベース名はサポートされたパラメータではありません。

  • PostgreSQL データベースエンジンの場合、データベース名は、DB インスタンスでホストされるデータベースの名前です。データベース名は、DB インスタンスを作成する際は必須ではありません。同じ DB インスタンスによってホストされているデータベースは、そのインスタンス内で名前が一意である必要があります。

Amazon RDS は、作成プロセスの一環として、DB インスタンスのマスターユーザーアカウントを作成します。このマスターユーザーには、データベースを作成し、作成したテーブルに対して作成、削除、選択、更新、挿入の各オペレーションを実行するアクセス許可があります。DB インスタンスを作成するときはマスターユーザーパスワードを設定する必要があります。このパスワードは、Amazon AWS コマンドラインツール、Amazon RDS API オペレーション、または AWS マネジメントコンソール を使用して後でいつでも変更できます。マスターユーザーパスワードを変更して、標準 SQL コマンドを使用してユーザーを管理できます。

注記

このガイドは、Aurora Amazon RDS 以外のデータベースエンジンについて説明するようになりました。Amazon Aurora の使用については、Amazon Aurora ユーザーガイドを参照してください。