Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

DB スナップショットの作成

Amazon RDS は DB インスタンスのストレージボリュームのスナップショットを作成し、個々のデータベースだけではなく、その DB インスタンス全体をバックアップします。Single-AZ DB インスタンスでこの DB スナップショットを作成すると、I/O が短時間中断します。この時間は、DB インスタンスのサイズやクラスによって異なり、数秒から数分になります。マルチ AZ DB インスタンスは、スタンバイ側でバックアップが作成されるため、この I/O 中断の影響を受けません。

DB スナップショットを作成したら、バックアップする DB インスタンスを識別した後、DB スナップショットに名前を付けて後で復元できるようにする必要があります。スナップショットを作成するためにかかる時間は、データベースのサイズによって異なります。スナップショットにはストレージボリューム全体が含まれているため、一時ファイルなどのファイルのサイズも、スナップショットを作成するための時間に影響します。

AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、または RDS API を使用して DB スナップショットを作成できます。

AWS マネジメントコンソール

DB スナップショットを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[インスタンス] を選択します。

  3. DB インスタンスのリストで、スナップショットを取得する DB インスタンスを選択します。

  4. [Instance actions] (インスタンスの操作) を選択してから、[Take snapshot] (スナップショットの取得) を選択します。

    [Take DB Snapshot] ウィンドウが表示されます。

  5. [Snapshot Name] ボックスにスナップショットの名前を入力します。

    
							コンソールでの DB スナップショットの編集ダイアログボックス
  6. [Take Snapshot] (スナップショットの取得) を選択します。

CLI

AWS CLI を使用して DB スナップショットを作成したら、バックアップする DB インスタンスを識別した後、DB スナップショットに名前を付けて後で復元できるようにする必要があります。そのためには、以下のパラメータを指定して AWS CLI の create-db-snapshot コマンドを使用します。

  • --db-instance-identifier

  • --db-snapshot-identifier

この例では、mydbinstance という DB インスタンスに mydbsnapshot という DB スナップショットを作成します。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds create-db-snapshot / --db-instance-identifier mydbinstance / --db-snapshot-identifier mydbsnapshot

Windows の場合:

aws rds create-db-snapshot ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --db-snapshot-identifier mydbsnapshot
API

Amazon RDS API を使用して DB スナップショットを作成したら、バックアップする DB インスタンスを識別した後、DB スナップショットに名前を付けて後で復元できるようにする必要があります。そのためには、以下のパラメータを指定して Amazon RDS API の CreateDBSnapshot コマンドを使用します。

  • DB インスタンス識別子

  • DBSnapshotIdentifier