Amazon RDS イベント通知サブスクリプションを変更する - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS イベント通知サブスクリプションを変更する

サブスクリプションを作成すると、サブスクリプション名、ソース識別子、カテゴリ、トピック ARN を変更できます。

Amazon RDS イベント通知サブスクリプションを変更するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[イベントサブスクリプション] を選択します。

  3. [イベントサブスクリプション] ペインで、変更するサブスクリプションを選択し、[編集] をクリックします。

  4. [ターゲット] セクションまたは [ソース] セクションのいずれかでサブスクリプションを変更します。

  5. [Edit] を選択します。Amazon RDS コンソールでは、サブスクリプションが変更されることが示されます。

    
                                DB イベント通知サブスクリプションのリスト

Amazon RDS イベント通知サブスクリプションを変更するには、AWS CLI の modify-event-subscription コマンドを使用します。以下の必須パラメータを含めます。

  • --subscription-name

次のコードで myeventsubscription を有効にします。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds modify-event-subscription \ --subscription-name myeventsubscription \ --enabled

Windows の場合:

aws rds modify-event-subscription ^ --subscription-name myeventsubscription ^ --enabled

Amazon RDS イベントを変更するには、Amazon RDS API オペレーション ModifyEventSubscription を呼び出します。以下の必須パラメータを含めます。

  • SubscriptionName