Amazon RDS イベントの表示 - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS イベントの表示

Amazon RDS は、DB インスタンス、DB スナップショット、DB セキュリティグループ、DB パラメータグループに関連するイベントのレコードを保持します。この情報には、イベントの日付と時刻、イベントのソース名とソースタイプ、イベントに関連付けられたメッセージなどがあります。

AWS マネジメントコンソールを使用して RDS リソースのイベントを取得し、過去 24 時間のイベントを確認できます。また、describe-events AWS CLI コマンドまたは DescribeEvents RDS API オペレーションを使用して RDS リソースのイベントを取得することもできます。AWS CLI または RDS API を使用してイベントを表示する場合は、最大で過去 14 日間のイベントを取得できます。

注記

イベントを長期間保存する必要がある場合は、CloudWatch イベント に Amazon RDS イベントを送信できます。詳細については、「Amazon RDS の CloudWatch イベント イベントおよび Amazon EventBridge イベントの取得」を参照してください。

過去 24 時間で発生した Amazon RDS インスタンスのすべてのイベントを表示するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Events] を選択します。使用できるイベントがリストに表示されます。

  3. [フィルタ] リストを使用してイベントをタイプでフィルタできます。また、[フィルタ] リストの右にあるテキストボックスを使用して結果をさらにフィルタできます。例えば、次のスクリーンショットは、文字 stopped によってフィルタリングされたイベントのリストを示しています。

    
							DB イベントのリスト

過去 7 日間のすべての Amazon RDS インスタンスのイベントを表示するには、AWS CLI の describe-events コマンドを呼び出して、--duration パラメータを 10080 に設定します。

aws rds describe-events --duration 10080

過去 14 日間のすべての Amazon RDS インスタンスのイベントを表示するには、RDS API の DescribeEvents オペレーションを呼び出して、Duration パラメータを 20160 に設定します。