データベースログファイルの表示とリスト化 - Amazon Relational Database Service

データベースログファイルの表示とリスト化

AWS Management Console を使用して、DB エンジンのデータベースログファイルを閲覧できます。AWS CLI または Amazon RDS API を使用して、ダウンロードまたはモニタリングできるログファイルを一覧表示できます。

注記

既存の Oracle DB インスタンスのログファイルを一覧表示できない場合は、インスタンスを再起動してリストを表示します。

データベースログファイルを閲覧するには

  1. Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  3. 表示するログファイルのある DB インスタンスの名前を選択します。

  4. [ログとイベント] タブを選択します。

  5. [ログ] セクションまで下にスクロールします。

  6. [ログ] セクションで、表示するログを選択してから、[表示] を選択します。

DB インスタンスで使用できるデータベースログファイルを一覧表示するには、AWS CLI の describe-db-log-files コマンドを使用します。

次の例では、DB インスタンス (my-db-instance) のログファイルのリストが返ります。

aws rds describe-db-log-files --db-instance-identifier my-db-instance

DB インスタンスの使用可能なデータベースログファイルを一覧表示するには、Amazon RDS API の DescribeDBLogFiles アクションを使用します。