Oracle DB のアップグレードに関する考慮事項 - Amazon Relational Database Service

Oracle DB のアップグレードに関する考慮事項

Oracle インスタンスをアップグレードする前に、次の情報を確認してください。

Oracle マルチテナントに関する考慮事項

次の表では、さまざまなリリースでサポートされるアーキテクチャについて説明します。

Oracle Database のリリース アーキテクチャ

Oracle Database 21c

CDB のみ

Oracle Database 19c

CDB または非 CDB

Oracle Database 12c Release 2 (12.2)

非 CDB のみ

Oracle Database 12c Release 1 (12.1)

非 CDB のみ

次の表に、サポートされているアップグレードパスとサポートされていないアップグレードパスを示します。

アップグレードパス サポート対象?

非 CDB から非 CDB

はい

CDB から CDB

はい

非 CDB から CDB

いいえ

CDB から非 CDB

いいえ

Oracle で RDS を使用するOracle のマルチテナントに関する詳細は、「Oracle アーキテクチャ向けの RDS」を参照してください。

オプショングループに関する考慮事項

DB インスタンスがカスタムオプショングループを使用している場合、Amazon RDS が新しいオプショングループを自動的に割り当てられないことがあります。例えば、この状況は、新しいメジャーバージョンにアップグレードするときに発生します。このような場合、アップグレード時に新しいオプショングループを指定します。新しいオプショングループを作成し、このオプショングループに既存のカスタムオプショングループと同じオプションを追加することをお勧めします。

詳細については、「オプショングループを作成する」または「オプショングループをコピーする」を参照してください。

DB インスタンスが APEX オプションを含むカスタムオプショングループを使用している場合、アップグレード時間を短縮できることがあります。そのためには、DB インスタンスと APEX のバージョンを同時にアップグレードします。詳細については、「APEX バージョンのアップグレード」を参照してください。

パラメータグループに関する考慮事項

DB インスタンスでカスタムパラメータグループを使用している場合、Amazon RDS で DB インスタンスに新しいパラメータグループを自動的に割り当てられないことがあります。例えば、この状況は、新しいメジャーバージョンにアップグレードするときに発生します。このような場合、アップグレード時に必ず新しいパラメータグループを指定する必要があります。新しいパラメータグループを作成し、そのパラメータの設定を既存のカスタムパラメータグループと同じにすることをお勧めします。

詳細については、「DB パラメータグループを作成する」または「DB パラメータグループをコピーする」を参照してください。

タイムゾーンに関する考慮事項

タイムゾーンオプションを使用して、Oracle DB インスタンスで使用するシステムのタイムゾーンを変更することができます。例えば、オンプレミス環境またはレガシーアプリケーションとの互換性があるように、DB インスタンスのタイムゾーンで変更が必要になることがあります。タイムゾーンオプションでは、ホストレベルでタイムゾーンが変更されます。Amazon RDS for Oracle では、システムタイムゾーンは年間を通して自動的に更新されます。システムのタイムゾーンの詳細については、「Oracle のタイムゾーン」を参照してください。

Oracle DB インスタンスを作成すると、データベースによって データベースのタイムゾーンが自動的に設定されます。データベースのタイムゾーンは、夏時間 (DST) タイムゾーンとも呼ばれます。データベースのタイムゾーンは、システムのタイムゾーンとは異なります。

Oracle Database の各リリース間には、パッチセットまたは個々のパッチに、新しい DST バージョンが含まれる場合があります。これらのパッチは、さまざまなタイムゾーンリージョンの移行ルールの変更を反映しています。例えば、DST が有効になると、政府機関が変わる場合があります。DST ルールを変更すると、TIMESTAMP WITH TIME ZONE データ型の既存のデータに影響する場合があります。

RDS for Oracle DB インスタンスをアップグレードする場合、Amazon RDS はデータベースのタイムゾーンファイルを自動的にアップグレードしません。タイムゾーンファイルを自動的にアップグレードするには、エンジンバージョンのアップグレード中またはアップグレード後に、DB インスタンスに関連付けられたオプショングループに TIMEZONE_FILE_AUTOUPGRADE オプションを追加します。詳細については、「Oracle のタイムゾーンファイルの自動アップグレード」を参照してください。

データベースのタイムゾーンファイルを手動でアップグレードするには、必要な DST パッチを持つ新しい Oracle DB インスタンスを作成します。ただし、TIMEZONE_FILE_AUTOUPGRADE オプションを使用して、データベースのタイムゾーンファイルをアップグレードすることをお勧めします。

タイムゾーンファイルのアップグレード後、現在のインスタンスから新しいインスタンスにデータを移行します。データを移行するには、以下を含む複数の手法を使用できます。

  • AWS Database Migration Service

  • Oracle GoldenGate

  • Oracle Data Pump

  • 元のエクスポート/インポート (一般的な使用に対してはサポート終了)

注記

Oracle Data Pump を使用してデータを移行すると、ターゲットのタイムゾーンバージョンがソースのタイムゾーンバージョンよりも古い場合、エラー ORA-39405 が発生します。

詳細については、Oracle ドキュメントの「TIMESTAMP WITH TIMEZONE Restrictions」を参照してください。