RDS Proxy の AWS CloudFormation での使用 - Amazon Relational Database Service

RDS Proxy の AWS CloudFormation での使用

RDS Proxy は、AWS CloudFormation で使用できます。これにより、新しく作成された Amazon RDS DB インスタンスまたは Aurora DB クラスターに接続できるプロキシを含め、関連リソースのグループを作成できます。RDS Proxy の AWS CloudFormation でのサポートには、DBProxy および DBProxyTargetGroup の 2 つの新しいレジストリタイプが含まれます。

以下のリストは、RDS Proxy のサンプル AWS CloudFormation テンプレートを示しています。

Resources: DBProxy: Type: AWS::RDS::DBProxy Properties: DBProxyName: CanaryProxy EngineFamily: MYSQL RoleArn: Fn::ImportValue: SecretReaderRoleArn Auth: - {AuthScheme: SECRETS, SecretArn: !ImportValue ProxySecret, IAMAuth: DISABLED} VpcSubnetIds: Fn::Split: [",", "Fn::ImportValue": SubnetIds] ProxyTargetGroup: Type: AWS::RDS::DBProxyTargetGroup Properties: DBProxyName: CanaryProxy TargetGroupName: default DBInstanceIdentifiers: - Fn::ImportValue: DBInstanceName DependsOn: DBProxy

AWS CloudFormation を使用して作成できる Amazon RDS リソースと Aurora リソースの詳細については、「RDS リソースタイプリファレンス」を参照してください。