Amazon CloudWatch を使用した RDS Proxy のモニタリング - Amazon Relational Database Service

Amazon CloudWatch を使用した RDS Proxy のモニタリング

Amazon CloudWatch を使用して RDS Proxy のモニタリングができます。CloudWatch は、プロキシから raw データを収集し、リアルタイムに近い読み取り可能なメトリクスに加工します。これらのメトリクスを CloudWatch コンソールで確認するには、[Metrics (メトリクス)]、[RDS]、[Per-Proxy Metrics (プロキシごとのメトリクス)] の順に選択します。詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイド の「Amazon CloudWatch メトリクスの使用」を参照してください。

注記

RDS は、これらのメトリクスを、プロキシに関連付けられている基になる Amazon EC2 インスタンスごとに発行します。1 つのプロキシは、複数の EC2 インスタンスによって処理される場合があります。CloudWatch の統計情報を使用して、すべての関連付けられたインスタンスにわたってプロキシの値を集計します。

これらのメトリクスの一部は、プロキシによる最初の接続が成功するまで表示されないことがあります。

RDS Proxy ログでは、各エントリの前に、関連付けられたプロキシエンドポイントの名前が付けられます。この名前は、ユーザー定義のエンドポイントに指定した名前、またはプロキシのデフォルトのエンドポイントを使用した読み取り/書き込みリクエストの特別な名前 default にすることができます。

すべての RDS Proxy メトリクスはグループ proxy にあります。

各プロキシエンドポイントには独自の CloudWatch メトリクスがあります。各プロキシエンドポイントの使用状況を個別にモニタリングできます。プロキシエンドポイントの詳細については、「Amazon RDS Proxy エンドポイントの操作」を参照してください。

次のいずれかのディメンションセットを使用して、各メトリクスの値を集計できます。例えば、ProxyName ディメンションセットを使用すると、特定のプロキシのすべてのトラフィックを分析できます。他のディメンションセットを使用すると、さまざまな方法でメトリクスを分割できます。メトリクスは、各プロキシの異なるエンドポイントまたはターゲットデータベース、または各データベースへの読み取り/書き込みおよび読み取り専用のトラフィックに基づいて分割できます。

  • ディメンションセット 1: ProxyName

  • ディメンションセット 2:ProxyName,EndpointName

  • ディメンションセット 3: ProxyNameTargetGroupTarget

  • ディメンションセット 4: ProxyNameTargetGroupTargetRole

メトリクス 説明 有効期間 CloudWatch ディメンションセット

AvailabilityPercentage

ディメンションで示されたロールでターゲットグループが利用できた時間の割合。このメトリクスは 1 分ごとにレポートされます。このメトリクスの最も有用な統計は Average です。

1 分 Dimension set 4
ClientConnections

現在のクライアント接続の数。このメトリクスは 1 分ごとにレポートされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分

Dimension set 1, Dimension set 2
ClientConnectionsClosed

閉じられたクライアント接続の数。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分以上

Dimension set 1, Dimension set 2

ClientConnectionsNoTLS

Transport Layer Security (TLS) を使用しない現在のクライアント接続の数。このメトリクスは 1 分ごとにレポートされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。 1 分以上 Dimension set 1, Dimension set 2

ClientConnectionsReceived

受信したクライアント接続リクエストの数。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分以上

Dimension set 1, Dimension set 2
ClientConnectionsSetupFailedAuth

認証または TLS の設定ミスのために失敗したクライアント接続の試行回数。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分以上

Dimension set 1, Dimension set 2
ClientConnectionsSetupSucceeded

TLS の有無にかかわらず、認証機構を使用して正常に確立されたクライアント接続の数。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分以上

Dimension set 1, Dimension set 2
ClientConnectionsTLS TLS を使用する現在のクライアント接続の数。このメトリクスは 1 分ごとにレポートされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。 1 分以上 Dimension set 1, Dimension set 2
DatabaseConnectionRequests

データベース接続の作成リクエストの数。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分以上

Dimension set 1, Dimension set 3, Dimension set 4

DatabaseConnectionRequestsWithTLS

TLS を使用してデータベース接続を作成するリクエストの数。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。 1 分以上 Dimension set 1, Dimension set 3, Dimension set 4
DatabaseConnections

現在のデータベース接続の数。このメトリクスは 1 分ごとにレポートされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分

Dimension set 1, Dimension set 3, Dimension set 4

DatabaseConnectionsBorrowLatency

モニタリングされているプロキシがデータベース接続を取得するのにかかる時間 (マイクロ秒)。このメトリクスの最も有用な統計は Average です。 1 分以上 Dimension set 1, Dimension set 2
DatabaseConnectionsCurrentlyBorrowed

借用状態のデータベース接続の現在の数。このメトリクスは 1 分ごとにレポートされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分

Dimension set 1, Dimension set 3, Dimension set 4
DatabaseConnectionsCurrentlyInTransaction

トランザクションでの現在のデータベース接続の数。このメトリクスは 1 分ごとにレポートされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分

Dimension set 1, Dimension set 3, Dimension set 4
DatabaseConnectionsCurrentlySessionPinned

セッション状態を変更するクライアントリクエストのオペレーションのために現在ピン留めされているデータベース接続の数。このメトリクスは 1 分ごとにレポートされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分

Dimension set 1, Dimension set 3, Dimension set 4
DatabaseConnectionsSetupFailed

失敗したデータベース接続リクエストの数。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分以上

Dimension set 1, Dimension set 3, Dimension set 4
DatabaseConnectionsSetupSucceeded

TLS の有無にかかわらず、正常に確立されたデータベース接続の数。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分以上

Dimension set 1, Dimension set 3, Dimension set 4

DatabaseConnectionsWithTLS

TLS を使用する現在のデータベース接続の数。このメトリクスは 1 分ごとにレポートされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。 1 分 Dimension set 1, Dimension set 3, Dimension set 4
MaxDatabaseConnectionsAllowed

許可されるデータベース接続の最大数。このメトリクスは 1 分ごとにレポートされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分

Dimension set 1, Dimension set 3, Dimension set 4

QueryDatabaseResponseLatency

データベースがクエリに応答するのにかかった時間 (マイクロ秒)。このメトリクスの最も有用な統計は Average です。 1 分以上 Dimension set 1, Dimension set 2, Dimension set 3, Dimension set 4
QueryRequests

受信したクエリの数。複数のステートメントを含むクエリは、1 つのクエリとしてカウントされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。

1 分以上

Dimension set 1, Dimension set 2
QueryRequestsNoTLS 非 TLS 接続から受信したクエリの数。複数のステートメントを含むクエリは、1 つのクエリとしてカウントされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。 1 分以上 Dimension set 1, Dimension set 2

QueryRequestsTLS

TLS 接続から受信したクエリの数。複数のステートメントを含むクエリは、1 つのクエリとしてカウントされます。このメトリクスの最も有用な統計は Sum です。 1 分以上 Dimension set 1, Dimension set 2
QueryResponseLatency クエリリクエストを取得してから、プロキシが応答するまでの時間 (マイクロ秒)。このメトリクスの最も有用な統計は Average です。 1 分以上 Dimension set 1, Dimension set 2

RDS Proxy アクティビティのログは、AWS Management Console の CloudWatch にあります。各プロキシには、[ロググループ] ページにエントリがあります。

重要

これらのログは、トラブルシューティングを目的としたもので、プログラムによるアクセス用ではありません。ログの形式と内容は変更される可能性があります。

特に、古いログには、各リクエストのエンドポイントを示すプレフィックスは含まれていません。新しいログでは、各エントリの先頭に、関連付けられたプロキシエンドポイントの名前が付けられます。この名前は、ユーザー定義のエンドポイントに指定した名前、またはプロキシのデフォルトのエンドポイントを使用するリクエストの特別な名前 default にすることができます。